文化遺産 1 Page > Little Korea

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

  • 1992.5.29
    指定日
    チュデソリは労働歌として漁師が海で使う錨鎖を作る時に歌われた歌だ。 内容は木打令·紫雨音·並ぶ音·小鳥音·巡礼音·千鳥音·女師音·舎利音などで構成されている。 「ナムタリョン」とは、木を伐採する時に呼ぶ音のことを、「ジャウソリ」とは、ロープが硬くなった時に呼ぶ音のことをいいます。 弦を張る音は、太くない3本の弦を編んでいく時、動き回る音は弦が堅く、水平を維持するようにする過程で呼ぶ。 スレの音、千切る音は細い3つの弦を1つの太い弦で作る時に呼び、太い弦をぐるぐる巻く時に女性の声、舎利の音などを歌う。
  • 1988.5.30
    指定日
    農楽は農夫たちが輪を組んで働く時に弾く音楽で、鉦、銅鑼、チャング、太鼓のような打楽器を叩いて行う音楽をあまねく指す言葉だ。 クッ·メグ·プンジャン·クムゴ·チグンなどとも呼ばれる。

    旭水農楽は、この村の東済堂で毎年正月三日に行われた天王受けクッから生まれた農楽である。

    農楽のプロセスはキルプリで行われるチルメグジルグッ、東製糖前で神下りを受ける天王受けグッ、農楽演奏者が原型を作ってサンセクのリズムに合わせて踊る丸いデミ、コの字隊形で銅鑼·太鼓·チャング·法鼓手がそれぞれ組別に妙技を見せるマダンノリ、縦2列で向かい合って座った演奏者をサンセクがZ型に速く回りながら銅鑼·太鼓·チャング·法鼓·法鼓列で切って起こしていく一本摘み、サンセクが楽しい肩踊りを踊る中で農具を作りながら、4つの輪を作っていく。

    郁水農楽は、鉄のリズムが比較的速いリズムが多く、小指が少ない嶺南農楽の特徴を持ち、特に吉クッのリズムが独特である。 また、農楽の過程の中で「独り占め」は慶尚道南部地方では珍しい形の遊びだという点が特徴である。
  • 1990.5.30
    指定日
    済州島は水田が非常に貴重な島なので米で酒を造らず、酒の材料は畑の穀物である「粟」だ。

    済州道は最近まで清州や焼酒を粟で造ることが正統になっていることから、粟で酒を醸してきた歴史は、粟の耕作ほど古い。

    済州道では粟で濁り酒や清酒などを造ってきたが、濁り酒のことを「青梅技術」という。 青梅酒とは、濁酒を造る酒餅の名前である「青梅酒」に由来するもので、この餅で作った酒という意味を持つ。

    青梅技術を作るには、さまざまな段階を経なければならない。 一般的に40升入りの下味を入れるが、味噌12升と麹を作る小麦と麦10升がかかる。

    お酒はいつでも作ることができるが、24節気のうち「霜降(旧暦10月24日)」が過ぎたため、新造米として作らなければならない。 城邑民俗村の青梅技術は技能保有者の金ウルジョン氏によって伝承されている。
  • 2008.5.30
    指定日
    伽倻琴は三国時代から製作·普及した韓国の伝統国楽器で、伽倻琴ともいう。 桐の共鳴盤に絹糸を編んで作った12行を縦に結び、各行ごとに <span class='xml2' onmouseover='up2(3469)' onmouseout='dn2()'> 安足</span>を支えて指で離して音を出す。 チュル風流をはじめ、歌曲伴奏·伽倻琴散調·伽倻琴の屏唱など、韓国音楽全般にわたって使用されているが、幸いなことに同市管内では伽倻琴の制作だけを一本道としてきた職人がいて、伽倻琴の制作種目を伝統文化の保存および伝承の次元で同市の無形文化財に指定している。
  • 1982.6.1
    指定日
    大木匠は木を材料にして家を建てることから、材木を寸法に合わせて切ったり整えたりする技術設計はもちろん、工事の監理まで兼ねる大工のことで、宮廷・寺刹・軍営施設などを建てる都編首とも称されている。大木匠は扉や欄干などの小規模の木工仕事をする小木匠と区別するために出てきた名称で、瓦匠・ドゥジャビ(修理師)・石匠・ミジャンイ(泥匠)・丹青匠などと力を合わせて家が完成するまでみんなで責任を負う。つまり、現代の建築家とも言える。大木匠はその技術が厳しく伝授されたため、「技門」が形成されている。技門とは技術で一つの家門が作られ、技門の中での大木匠は絶対的な権威を持つ。大木匠は能力に従って新しい技法が導入されたり、技術が向上したり、新しいものを取り入れたりする。大木匠は伝統的な工芸技術として重要無形文化財に指定された。大木匠の技能保持者としては景福宮を重建する時に活躍した都編首の崔元植・趙元載・李光奎がおり、それに続く技門の継承者としては申応秀氏、金徳熙・金重熙系列の田興秀氏・崔基永氏がいる。趙元載・裵喜漢に続く高沢永氏は2004年に死亡した。
  • 1982.6.1
    指定日
    網引きはギルサムとも呼ばれ、農耕儀式の一つで戦いの一種である。村を陸地側と海辺側の両方に分け、生産の意味から、女性を象徴する海辺側が勝つと豊年になるという。網引きは閠年の旧暦3月初旬、禍を防ぎ、豊年を願う堂祭を行った後に行われた。伝説によると、唐津の機池市里は風水地理説からみれば織姫が機を織る形であるため、機を両方から引っぱるふりをしたことから網引きが生まれたとも言われ、もしくは地形がムカデ状であるため、ムカデの形をした大きな綱を作って網引きを行ったとも言われている。機池市綱引きは禍を防ぎ、豊年を願う民間信仰であり、網引きを通した農村社会の協同意識と民族の生活変化が窺える文化的意味を持っているため、重要無形文化財に指定された。
  • 1983.6.1
    指定日
    テッキョンは韓国の伝統武術の一つで、柔軟な動作で手と足をリズミカルに動かすことによって生じる弾力で相手を制し、自分の身を防御する武術である。朝鮮時代には大衆化した競技として広がり、武人だけでなく一般人の間でも広く行われるようになった。テッキョンの修練は、①一人型:基本姿勢(プム)、立ち(プムバルキ(フットワーク)・ファルゲジッ・足技・手技)、進み(ファルゲジッ・手わざ・足技)②組み手、③乱取り(デゴリ・キョヌムス)に分けられる。テッキョンの特徴は、第一に、手足と体の動きが筋肉の動きと一致し、柔軟で自然に授受することができる伝統的武術である。第二に、音楽的で舞踊的なリズムを持っているため、芸術性豊かな武芸である。第三に、攻撃よりは防御に重きを置き、足をたくさん動かす。テッキョンは動作が柔軟で自然であるため、身体鍛錬のための保健体操やスポーツなど様々な形で活用できる長所を持っている。
  • 1983.6.1
    指定日
    鍮器匠は真鍮で各種器物を作る技術とその技術を持った人のことである。韓国における鍮器歴史は青銅器時代から始まり、新羅時代には鍮器を作る国の専門機関があった。高麗時代にはその技術がより発達し、薄くて光沢のある鍮器を作った。朝鮮時代前期には技術が衰えたようであったが、18世紀に至って再び盛んになり、士大夫貴族たちが安城に鍮器を注文して生産させたため、安城鍮器が発達した。鍮器は代表的な銅の合金金属で、それぞれの成分の割合によって多くの種類に分けられ、また、銅に錫を交ぜる割合によっても名前が変わったりする。銅と亜鉛を合金して作った器を黄銅鍮器といい、この二種類は薄黄色にかすかな光沢が出る。銅にニッケルを合金したものは白銅鍮器といい、白い光を帯びる。鍮器匠は伝統的な金属工芸技術で、地域ごとに独特な様相を帯びながら発展した。また、実用性豊かな固有の工芸品としての価値が認められ、重要無形文化財に指定された。李鳳周氏と金寿栄氏が技能保持者として認定されている。
  • 1983.6.1
    指定日
    入糸とは金属工芸の一種で、金属の表面に溝を掘って金線または銀線を入れて飾る技法を言い、昔は「シルドゥリダ」という言葉で表現した。このような入糸の技術とその技術を持った人を入糸匠という。入糸工芸の由来は正確ではないが、紀元前1、2世紀頃の楽浪遺跡から出土された遺物から初めて見られ、新羅の古墳から出た遺物を見ると新羅時代に非常に発達したと考えられる。古代から発展した入糸技法は、朝鮮時代の官営手工業者である京工匠の入糸匠たちによって伝えられたが、現代に至ってその技法がなくなる危機に瀕しているため重要無形文化財に指定するようになった。技能保持者として洪正実氏がその命脈を継いでいる。
  • 1983.6.1
    指定日
    足タルは足に仮面を被せて遊ぶノリである。その由来に関する正確な記録は残っていないが、京畿道安城地域の男寺党の芸人たちが行った操り人形劇が変形したもので、主に中部地域で行われたものではないかと推測される。足タルは、紐人形劇と棒人形劇の中間形態の人形劇としての性格を持ち、また、仮面劇としての性格も持っている。また、語りの中には小細工やいたずらっ気だけでなく、現実社会に対する批判力と観察力が鋭く反映されており、当時抑圧されていた庶民たちの哀歓がありのまま込められているという点において、他地域の仮面劇に見られる内在的性格と一致していることが分かる。
  • 2018.6.1
    指定日
    京畿道南部に当たる富川、始興、安山、烏山、華城、水原、京畿道広州、安城などの村のグッドを京畿道タングットと呼ぶ。 この村のクッには代々武業を世襲する世襲武たちによってクッが行われるが、世襲武の男たちを花冷えまたは山と呼び、女たちを未知と呼ぶ。 京畿南部のファレンイ牌または山耳が中心となる京畿道タングッは、広い意味では京畿道タングッで披露された舞を意味し、狭い意味ではクッパンを離れ、公演芸術化された京畿道タングッシナウィ舞のことをいう。 また、この舞の伴奏音楽が京畿道のタングッ舞楽である摂彩、反雪音拍子、オニグッコリ、ジンセ拍子、オリンチェ、ダブマチ、カレジョ、バルパドレ、フジョンノリ拍子など、専門家からも理解できないほど難解で複雑な音楽的構造を持つ、いわゆる「京畿道のタングッシナウィダンス」という命名がつけられている。 京畿道のシャーマニズムの伝統を背景に舞台様式化した京畿道唐クッシナウィ舞には「不正ノリ舞」「ターボル舞」「ジンセ舞」「ケレ舞」「オルムチェ舞」「帝釈舞」「トサルプリ舞」などがあり、その中心に故)梅軒·金淑子先生がある。



    梅軒·金淑子(メホン·キムスクジャ、1926-1991)は華城在仁庁(ファソン·チェインチョン)出身の父親·金徳淳(キム·ドクスン)にシャーマニズムに込められている歌舞楽を、母親の鄭貴成(チョン·ギソン)にシャーマニズム全般を学んだ。 世襲武家出身の金淑子(キム·スクジャ)の京畿道唐クッシナウィ舞の特徴的な要素は、京畿道地方に伝承されてきた京畿道唐クッで、花冷えと巫女が舞った儀式舞の性格を発展させ、伝統舞踊として再創造したことである。 したがって、金淑子の舞は本来、京畿道の都堂グッで舞われたシャーマニズムの舞だったが、再創造と伝承の過程で舞台化され、芸能化された代表的なシャーマニズム系の舞である。

    梅軒·金淑子(1926-1991)の父·金徳淳と母·鄭貴成から金淑子に伝承された京畿道唐クッシナウィ舞と京畿流民俗舞は現在、彼の弟子·李正姫によって命脈が保たれており、李正姫の弟子·韓遂文などに伝承されている。
  • 1993.6.4
    指定日
    1年24節気の一つである清明日(陽暦4月5、6日頃)に使用するために造られた民俗酒だ。 朝鮮時代、漢江上流の帆船集結地である忠州地方一帯を行き来する客が好んで飲み始め、昔の士大夫たちのための接待用はもちろん、節日や縁日に愛用した酒で宮中に供えたりもしたという。

    純もち米と在来種の全粒粉で製造した麹のみを使用し、低い温度で約100日間発酵·熟成させて作る。

    忠州清明州はアルコール濃度が高く、色·香·味が優れている。 現在技能保有者のキム·ヨンギ氏によって伝承されている。
  • 2020.6.5
    指定日
    モ·ボギョン名唱は、母親であるチェ·スンヒ名唱の命令を受け、幼い頃から音をたくさん聞いて育った環境の中で、自然に音に入門するようになった。
  • 1992.6.5
    指定日
    防磁油器とは、火で溶かした合金の塊をハンマーでたたいて作る有機のことで、銅と錫を78:22で合金して作る。 この比率が0.01%でも間違ったり、亜鉛や他の合金が少しでも混ざれば、叩く過程で爆発してしまう。

    房子は銅鑼と鉦のような打楽器を作るのに主に使われ、手で触っても手の跡がつかず、毒性がないため、食器類全般に使われる。

    房子はいくら実力が優れた人でも一人では製作できず、6人が一組にならなければならない。 一人は火鉢に風を入れるオルガンを握り、一人は鉄を再び火にかける。 一人が熱した鉄をトングでつかみながら、三人がハンマーを持って順番に殴りつける。 固定された枠や補助器具は一切使用しない。

    保有者の金文翼は12歳の時、遊技場の崔斗健(チェ·ドゥゴン)工房に入門し、13年間技術を磨いた。 以後、国家指定重要無形文化財の李鳳柱(イ·ボンジュ)が運営する工芸社で17年間働きながら、平安北道定州(ピョンアンブクド·チョンジュ)の納清房者である「両大(大きな真鍮の器)」の製作技法を身につけた。

    キム·ムンイクの技術は風物用楽器の製作に特化している。 適量の合金が楽器の音を作るのに重要だが、彼は楽器を作る時、銅3キロから錫8.25キロへと錫の含有量を高め、少量の金、銀を混ぜて使う。

    また、金文益は銅鑼のような打楽器を作る時、適正音をよく出す細かい過程である「泣き落とし」に優れている。

    金文益の作品は品質が優れていることで定評があり、これは金�コ洙サムルノリ牌が彼が作った銅鑼と鉦を長い間使っていた事実に裏づけられる。
  • 1994.6.7
    指定日
    クッの形態によって、大きく線クッと座クッに分けられる。 「チャクトゥ」とは、巫女が立って行う一般的なクッを意味し、「チャングッ」とは忠清地域で巫女が座って主に経を読むという意味で付けられた名前である。

    歴史的に仏教、道教など他の宗教と相互関係を結んで形成されたものと推定される座グッはグッに舞が加わり韓国シャーマニズムの一系統として長い歴史を持っている。 大田を中心とする忠清地域は、座グッの伝統が強く、韓国で唯一の座グッ中心の巫俗文化圏である。

    大田の座右のグッには安宅グッと美友グッ、雪景色があるが、安宅グッと美友グッの芸能保有者は辛石峯で1940~50年代に行われていた方式で再現されている。 雪景の芸能保有者である宋善子は1977年から無業に携わり、故黄河清(ファン·ハチョン)から15年間、雪景をはじめ座ったクッを伝授された。