文化遺産 1 Page > Little Korea

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

  • 2003.4.24
    指定日
    堂祭は村の守護神に豊饒と茶山、村の安寧と繁栄を祈願する村単位の祭祀である。 この日山洞堂祭は村の祠堂が行う儒教式祭祀と世襲舞が合わさった別神クッが組み合わさった形を取っている。

    この祭りは、蔚山(ウルサン)と東海岸地域の代表的な村ゼロ200年以上の歴史を持っており、現在は3年ごとに旧暦10月1日から3日間一山洞当たりジェボジョンフェ主観で行われる。 村では徳望があり、貞潔な村人の中から済州を選び、各家ごとに少しずつ金品を集めて供え物を準備する。

    ここ一山東堂制は内陸地方の童制とは異なり、世襲武人の別神クッの中心という点が特徴である。 この別神グッは東海岸セスプム集団が主宰するのに汚れを除去する意識な不正距離、船員たちの安全と豊漁を祈願する竜王距離など、計24通りで構成されている。 この別神クッの資料は「蔚山地方武家資料集(1~5巻)」(1993年)、「(韓国の別神クッ武家(1~12巻)」(1999)などで出版された。
  • 2003.4.25
    指定日
    パンチャスジョは伝統的な金属工芸品である鍮器製品の一つで、私たちの生活空間で多様に使用されてきた実用性の高い工芸品であったが、現代化の過程で代替容器としても使用され、次第に隠滅されつつある。

    有機は一般的に真鍮と呼び、銅に錫や亜鉛、またはニッケルを混合して作った合金物体で、製作成分によって多少の違いがある。

    鍮器の製作方法は、大きく鋳物、房子、半房子に分けられる。 坊子は両大とも呼ばれ、銅と錫の合金をるつぼに溶かし、囲碁のような形の真鍮の塊を作った後、これを火で熱して叩き、磨いて器形を作る方法である。

    技能保有者の金ウチャン氏は、3代連続で全勝している。
  • 2003.4.25
    指定日
    屯田坪農楽は平昌郡龍平面一帯で伝承された農楽で、地理的な特性上、嶺東と嶺西農楽の特性を兼ね備えており、独創的な個性も持ち合わせており、各地域の農楽のほとんどが姿を消しつつある状況でも原型をよく受け継いできた。 特に産業社会への移行と急激な農村地域の機械化により、各地域の農耕民俗が次第に消えていく中で最も基礎となるのが農楽という点で、伝統文化の体系的な保存·伝承のための価値が高い。



    李ジョンヒョンと金ウンヨンは幼い頃からヨンピョン地域の農楽と共に生活し、屯田坪農楽の常連として農楽隊を率いる機能に優れているだけでなく、農楽の全般的な部門を実演することができ、ピョンチャン屯田坪農事遊び保存会は農楽の特性上、団体遊びの性格が大きいため、これを体系的に保存·伝承するために認められた。
  • 2018.4.26
    指定日
    全羅南道の儀礼料理の中で婚礼料理製造技術は全羅南道西部圏域の半家(昌寧趙氏)の婚礼料理に4代目が食べられ、チェ·ユンジャ職人に伝授された。

    婚礼料理にはポンチトク(ポンチトク)、トンレサン料理(大礼賞)、クンサン料理、ペペック料理、チジョク料理などがある。 中でも特に廃百食は材料と副材料の選定、道具と製造技法の両方で伝統に従い、装飾性と芸術性も優れている。
  • 2012.4.27
    指定日
    益山松葉杖の歌は益山地域から伝わる民謡で、背負子を背負った木こりが棒で背負子の橋である松葉杖を叩きながら歌った歌です。 「松葉杖の歌」とは、サンタ嶺、背伸びの歌、背負子松葉杖の歌、サッデギタリョン、トンダンギタリョン、サンサソリの6曲を一つにまとめた歌の名称をいう。

    松葉杖の歌は、木こりが重い荷物を担ぐ時、軽い荷物を担ぐ時、空の背負い子へ出る時などによって歌が変わるので、様々な曲調のリズムが現れている。 木や草を刈る時には遅いジン醸造拍子の三太嶺を、その後木を背負って降りる時には遅いジン醸造拍子の背中の歌を歌っている。 村に戻る時や木の荷物を背負って上機嫌な時は、オッモリ拍子の背負子松葉杖の歌とクッコリ拍子の棒打令、トンダンギタリョン、サンサソリを歌う。

    益山松葉杖の歌は、農耕文化の花に例えられてきた<span class='xml2' onmouseover='up2(1031)' onmouseout='dn2()'>農謡</span>であり、時代の変化によって消える危機に瀕した貴重な音楽である。 益山市に住むパク·ガングン氏が芸能保有者として認められ、その脈を引き継いでいる。
  • 1987.4.28
    指定日
    韓国の代表的な地酒である李康柱(イ·ガンジュ)は、朝鮮(チョソン)中頃から盛行したものと見られる。 この酒の製造方法および味については、役員16紙、東国歳時記、韓国の銘酒などによく現れている。

    全州·李康州はまず、清らかな水と小麦、白米を利用して30度の焼酎を蒸留する。 そして、30度数珠18リットルに梨5つの汁液をはじめ、生姜20グラム、シナモン3.75グラム、ウコン7.7グラムの各抽出液を加え、さらに果糖600ミリリットルを配合して完成させる。 このようにして作られたこの康酒は、その特有の香りと味で今日まで多くの人々から愛されている。
  • 2011.4.29
    指定日
    木を材料に家を建てることにおいて木材を裁断し、加工する技術設計はもちろん、工事の監理まで兼ねる大工で、宮殿、寺院、軍営施設などを建築する道具を指すこともある。 大木匠は扉、欄干など小規模な木工仕事を担当する小牧場と区分したことから出た名称で、臥杖、 드杖、,杖、丹青匠などと力を合わせて家の完成まで全て担当する。 統一新羅、高麗時代、朝鮮時代には官職が与えられたが、今日は寺院や書院、郷校、伝統韓屋などを建てることで大木匠技術が伝授されている。

    大木匠はその技法が厳格に伝承されているため、奇門が形成されている。

    旗門は技術として一つの家門が作られることだが、旗門における大木匠は絶対的な権威を持つ。

    祖父申成集(1877~1954)の代から父申赫墨(シン·ヒョクムク、1921~1968)から受け継いだ伝統建築技法を19歳の時に入門し、伝授活動および研究活動を行っている。 1999年から次子のシン·テソンも入門し、伝授活動に参加している。

    芸術的な側面と特徴は、伝統的な技法に従っており、治木の過程で父から受け継いだ煙と花火を用いた乾燥技法を用いている。 治木の特徴は、各建築ごとに文様草刻は同じものがなく、創意的で意匠的な表現を醸し出している。 特に他の牧場には見られない設計図面を直接作成して施工しており、20年前から描いた図面が保管されている。 専門的な設計図を直接描く他の場面とは一線を画すものである。

    旗門が代々家文化を築き、活発な伝授および研究活動を行っており、地方の特性を保全しながら伝統性を維持していくための郷土的伝統性を有している。 芸術的な側面において伝統材料の使用、伝統木造建築の製作過程、治木過程の父親から受け継いだ建造技法、それぞれ異なる文様草屋の意匠表現、設計図面を直接描いて施工しているという特徴がある。
  • 2011.4.29
    指定日
    李鍾徳は1961年に忠清南道·扶余で生まれ、金若煥·李鳳株·朴任模·宋光浩·朴一東·郭善在らに師事を受け、伝承工芸大典·全北工芸品競進大会などで入賞した。

    鍮器とは真鍮で作った器をいい、そのうち方字鍮器は銅78%、錫22%を混ぜて溶かしたものを指す。 真鍮の起源は青銅器時代にさかのぼり、鉄器時代と三国時代を経て高麗時代になって仏教と上流層を中心に使用されたが、朝鮮時代には一般人なども使用された。 方字鍮器は、少し前までは全羅北道地域を代表する土産品の一つであり、『経国大典』にも外工場を全州と南原に有機場を置いたという記録があるほど、抗土文化的特性が強く、特に6.25戦まで南原、雲峰、全州、任実、井邑、群山など全羅北道地域において有機生産が活発であり、ここを拠点に他の地域にまで影響を及ぼし、また全州と益山、金堤にノッジョンがあることから大邱、安城とともに3大市場に選ばれていた。
  • 2018.4.30
    指定日
    韓国には塩産地がないため、古代から現在まで海水を原料とし、塩を生産する。 紫炎に関する記録は高麗時代から見られるが、現在まで続いてきた天日塩田は1907年に導入され、100年余り続いた。<br/><br/>朝鮮時代まで続いた磁塩法は、干潟の土、海水、日差しを利用して得た含水を塩釜に注いで火をつける方法で、天日製塩法はもっぱら日差しと風だけで水分を蒸発させながら塩を生産する方式である。<br/><br/>韓国の紫塩や天日塩は干潟に造成されたという点が最も大きい特徴で、世界的に韓国の干潟天日塩生産量の86%を占めている。 そして塩で火災を予防し、不正を退治するという信仰のレベルから韓国固有のものを見つけ、今後、塩の生産方法と作業構造に関する研究は漁村文化と韓国干潟の生態に関する学術研究にも大きく貢献するものとみられる。 また西海岸の干潟塩田は夕日と共に独特の景観を演出する。<br/><br/> ※除染は特定地域に限定されて伝承される伝統知識・技術ではないため、保有者又は保有団体を認めず種目にのみ指定する。
  • 2018.4.30
    指定日
    韓半島地域のオンドル文化は青銅器時代を経て原三国時代のかまど式火鉢と煙道が設置された原始的な形の暖房方式に由来すると推定され、紀元前3世紀~1世紀頃の遺跡と推定される原始的なオンドル遺跡が韓半島全域で発見された点から見て、韓半島でオンドル文化は約2千年以上伝承されたと推定される。

    韓国のオンドルは、西洋の暖炉とは異なり、煙が高い煙突にすぐ出さず、火を寝かせて這うようにし、火の上部まで敷いて使う脱火座式床暖房が特徴で、部屋内部に煙を発生させずに長持ちする。

    オンドル文化は韓国の総体的な住居文化で、床暖房及び生態環境の活用技術だけでなく、韓国人の生活慣習と規範が含まれている。 このようなライフスタイルは、住宅、室内建築、家具の形式だけでなく、大衆文化にも影響を与え、韓国を代表する「オンドル部屋」文化として大衆化された。

    夏の気候環境に対応した板の間と、冬の気候環境に対処できるオンドル部屋は韓国を代表する住居要素で、現在のオンドル部屋は韓国および満州地方の床暖房方式とは明確に区別される韓民族固有の住居技術や住生活文化遺産である。 そして、オンドル文化は技術的発展と主な住居空間の形式的変化、ライフスタイルの変化を経ながらも、その原型である床暖房方式は持続している。<br/><br/>このようにオンドル文化は古くから伝承され、持続的に再創造され、韓国社会の主な生活と大衆文化に影響を与えてきた社会文化的価値を持つ遺産で、韓半島が直面した厳しい気候環境に賢く適応し対処してきた韓国人の創意性が発現した文化という点で、国家無形文化財としての価値がある。

    ※ オンドル文化は韓半島全域で長い間韓国人に共有され慣習化してきた韓国人の主な生活文化であるため、保有者や保有団体を認めず、種目にのみ指定する。
  • 2019.4.30
    指定日
    「仏服薪法は、塔の内部に舎利などを奉安するように仏像・仏画などを造成して祀る前に、仏像の内部や仏画の枠の中に舎利や五穀など、仏教関連の<spanclass='xml2'onmouseover='up2(1756)'onmouseout='dn2()''物目</span>を奉安する儀式である。 世俗的な価値の不祥事・仏画に宗教的価値が付与され、礼拝の対象に転換することである。<br/><br/>高麗時代から説行(施して行う)され、700年以上の伝統を持ち、該当儀礼の<spanclass='xml2'onmouseover='up2(4532)'onmouseout='dn2()''底本'''s pan'''s pan's 'xml'onmouseout='2(4), 続き、韓国の場合にも日本による植民地時代t onmoun2 (span'span')が定着した。 『祖先経』も韓国にだけある経典であること、不服帳の手続きと儀礼要素が多様で複雑ながらも体系的に確立されている点、細部内容ごとに思想的・教理的意味が付与された点などが高く評価された。<br/><br/><br/><br/>*<spanclass='xml2'onmouseover='up2(4419)'onmouseout='dn2()''作法(作法)</span>:水陸災や霊山斎などで行う作法舞のように身振りで表現する行為の狭義ではなく、不服葬を行うことが儀礼として実行するという意味を表した。
  • 2004.4.30
    指定日
    僧舞は朝鮮中葉の布教教教団で僧舞を舞ったという話もあるが、黄真伊が知足禅師を誘惑しようと踊ったことから始まったという説がある。 踊りが多様で、踊りの技法が独特で、踊りの構成も体系的な品位と格調の高い芸術形式を持つ僧舞は寺で披露される儀式舞ではなく、サルプリと共に民俗舞に分類される。 長三(チャンサム)に肩に赤い袈裟を巻き、山頂を押さえた仏教的な色彩が濃い僧舞の激しい長三遊びと優れた足場、壮観な太鼓の響きはまさに韓国舞踊の粋と言える。

    大田(テジョン)生まれで1974年仏教に入門した宋在燮(ソン·ジェソプ)は、曹渓宗(チョゲジョン)の僧侶から作法と梵唄を習い始め、重要無形文化財の霊山斎保有者である朴松庵(パク·ソンアム)僧侶からバラ踊り、法鼓舞など仏教意識と儀式舞を師事された。 その後、イメバンから重要無形文化財僧務とサルプリ舞を、ヨンサンジェ保存会からヨンサンジェをそれぞれ履修された。

    ソン·ジェソプの踊りは非常に女性的だが弱くなく、繊細だが大きな流れがあり、決して派手ではない素朴さが宿っている。 つま先から指先まで、穏やかな生命力のある動きが表出するダンスを通じて、恨みと宿命を晴らしている。 その仕草は無理やり作り上げるのではなく、節制された感情で内面から喜悦を引き出しており、決して硬直しない姿の踊りを披露する。 穏やかな湖に同心円を描き、水の流れが広がるような切ない感じを与える。 構図の精神からにじみ出る彼ならではのダンスの世界と謙虚な心構えが宿命的に踊るために「生まれた者のあがき」と表現してもおかしくない。
  • 2013.4.30
    指定日
    鼓法はパンソリの太鼓伴奏の法例を意味する。 鼓手はチンヤンジョ、チュンモリ、チュンジュンモリ、チャジンモリ、フィモリ、オッチュモリなど多様なリズムを弾きながら歌い手の歌を伴奏する。

    また、合いの手を通して歌い手を楽しませながら歌い手をリードすることもある。 パンソリでは、昔から「一高樹李明唱」のように鼓手の重要性を強調している。
  • 2013.4.30
    指定日
    花を迎えるクッは、花咲く春を迎えて神様の陰徳に感謝するために行われる巫俗儀礼である。 この儀式には巫女が自分自身のためにすることと裁可屋の要請ですることがある。

    巫女が自分が祭った神霊と自分のためにする神グッは、自分の健康と無業繁盛を再家集のためのグッは、家庭の平安を感謝するのが目的だ。 つまり、花を迎える儀式には神に感謝することが目的であり、無事平、無病長寿、富貴功名を祈る起伏的な内容が込められている。
  • 2013.4.30
    指定日
    紙化粧とは儀礼用、信仰用に使われた紙の花を専門的に作る職人のことをいう。

    紙画はほとんど白や五色の紙で作られ、その種類には宮廷絵画、仏教荘厳画、巫俗画などがある。

    金恩玉先生は4代目の画工の家系で、特に巫俗画を作る機能を持っており、ラッコ、雄八淵、七星画、ヒメの種童子花、霜花、全鉢、鳳竹、五色長鉢、大神鉢、ホッキョウの花、厄除け、八仙女、島山花、花笠、十長生、松枕文、星珠花、厄除け梨など18種類の紙画を作っている。