文化遺産 1 Page > Little Korea

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

  • 2009.2.5
    指定日
    <span class='xml2' onmouseover='up2(3791)' onmouseout='dn2()'>甕器</span>は粘土と天然の材料を用いて1,200℃の高い温度で焼いた土器であり、新石器時代から発達してきた土器製作技術の頂点といえる韓国の伝統工芸である。

    甕器はチルグルッ(紙砂毒、泥だけで練ってうわ薬)をかけずに「span class='xml2' onmouseover='up2(1943)'onmouseout='dn2()'>番造</span>して光沢のないグルッ(チルグルッ)とオジグルッグルッ(チルグルッにうわてつや固めの器)の総称であるが、近代的になるにつれ、チルグルッと呼ばれるようになった。

    甕器は粘土を練って焼いた器で、細かい穴が数えきれないので空気と湿気は通りますが、粒子の太い水分子は通らないのが特徴です。 そのため甕器は息ができ、中身は漏れずに新鮮に保存できる。

    このような甕の製作技術が蔚山地域で発達したのは、1957年慶尚北道盈徳郡(ヨンドクグン)のフクマン氏が蔚山に移住し、温陽邑高山里(コサンリ)に定着して以降、現在の甕の村が形成されてきた。

    外高山甕村は全国最大の甕の集散地であり、1960年代の全盛期には全国最高の職人が集まって繁盛期を築き、韓国伝統甕の脈を受け継いできた重要な地域である。

    技能保有団体である蔚州外高山甕協会は、甕の製作に短くて30年から長くて50年以上携わってきた8人の会員が加入した団体で、伝統甕の製作技法と技術を十分に保有している。
  • 2005.2.7
    指定日
    青華白磁は1200℃以上の高温番組を通じて番組を行うと青色に発色する酸化コバルトで文様を飾った白磁である。 白地と青い文様が調和し、清新で洗練された装飾美を表す清華白磁は、中国で元の時代(1279~1368)から白磁の装飾に本格的に使われ始め、明·清の時代まで盛んに制作された。 その影響で韓国でも朝鮮初期の15世紀半ば頃、清華白磁が作られはじめ、朝鮮後期まで王室を代表する陶磁器として京畿道広州地域に設置された官窯を中心に制作された。

    『新増東国輿地勝覧』「土山朝」によると、王室の画員が官窯として派遣され、青華白磁の文様を施文し、それにより絵画的表現が著しい朝鮮の青華白磁特有の様式が成立した。 朝鮮時代、清華白磁は顔料である灰灰灰清を高い値段で中国で求めなければならなかったため、大量の数量を製作することができなかった。 また、王室の陶磁器で身分による使用が制限され、『経国大典』型典の禁制条により王室以外には士大夫の周期以外は使用できないと明文化された。 しかし、朝鮮後期には士藩が活発になり、清華白磁の製作と使用が次第に拡大し、朝鮮後期には地方の窯業が活性化するにつれ、楊口七田里、長城水玉里、務安皮피里、忠州弥勒里など、様々な地方窯でも地域の特色を加味した青華白磁が製作された。

    京畿道無形文化財青華白磁磁器場の韓相九(ハン·サング)は、朝鮮総督府陶磁器試験所に勤めた祖父韓相九(ハン·ホソク)と父韓浩石(ハン·ホソク)の後を継ぎ、3代にわたる家業を継承したが、伝統窯を用いて朝鮮後期の白磁の色合いと青華技法を固守し、白磁を製作している。 彼の木ろくろ成形は非常に上品で、土の製造と道具の使用は非常にレベルが高く、伝統方式の青華白磁を最もよく再現するという評価を受けている。
  • 2005.2.7
    指定日
    磁器とは、釉薬を施釉しない陶器の相対的概念であり、釉薬を施釉し、1250℃以上の高温で製造した磁器を包括的に指す。

    磁器匠とは白磁青磁粉青沙器のような磁器を作る職人を意味する。

    朝鮮時代には王室の食事を担当した司옹院に磁器職人360人が所属し、京畿道広州地域に設置された官窯において王室用白磁の製作を担当した。

    白磁は酸化鉄成分の少ない白土を胎土として使用し、長石系の固化度釉薬を施釉し、高温で製造したもので磁器を代表する。

    白磁は高麗時代に初期の青磁とともに製作され始めたが、高麗白磁は焼成温度や磁化の程度からまだ完全な磁器の段階には至っていない軟質系統であり、造形と装飾も青磁をそのまま用いた。

    固化も焼成による硬質白磁は、朝鮮初期から京畿道·広州に官窯が設置されてから本格的に製作され始めたが、官窯で製作された白磁は王室の日常用食器や祭祀、宴享といった国家儀礼において使われた。

    聖賢(1439~1504)の『龍齋叢話』には世宗年間から御器として使用され、世祖年間からは清華白磁も共に使用されたと記録されている。

    朝鮮時代には文様を施さない無文白磁が主に製作されたが、時期によって様々な技法により装飾が施された白磁も製作された。

    朝鮮前期には象嵌白磁と青華白磁、朝鮮中期には鉄華白磁がそれぞれ特色を示し、朝鮮後期には陽刻·透かし彫り·銅貨·青彩·鉄彩·銅彩など様々な技法と華やかな彩色装飾が施された白磁が多く作られた。

    京畿道無形文化財純白刺事記帳の徐光洙は1960年代初め、池順澤(チ·スンテク、現高麗陶窯)職人と出会い、本格的に陶芸に入門して25年間陶磁器技術を学び、

    1986年に独立して限度窯を開き、現在まで作業を続けている。 2003年には大韓民国名匠14号に、2005年には京畿道無形文化財獅子旗匠(白磁)にそれぞれ指定された。

    彼は伝統的な薪窯を使用し、月の甕をはじめとする様々な白磁作品を製作しているが、とくに朝鮮白磁の乳白色の有色を完璧に実現したという評価を得ている。
  • 2002.2.7
    指定日
    石蔵とは石造物を製作する職人のことであり、主に寺院や宮殿などに残っている仏像、石塔、石橋などが彼らの作品といえる。 三国時代から現在に至るまで、様々な石造文化財が伝わっており、韓国の石造物製作技術が非常に高いことが分かる。

    東洋三国の美術を比較すると「中国の煉瓦、日本の木、韓国の石」という。 このように良質の石材が各地で生産される韓国の場合、石造美術が発達し、仏教が盛んになると石を削って仏の形を作る仏像彫刻が盛んになった。 その結果、石工は韓国の伝統文化のアイコンとなり、石仏と石塔は代表的な韓国の文化遺産として位置づけられるようになった。

    このような石仏彫刻の脈を受け継ぐ職人が京畿道無形文化財石像彫刻保有者のパク·チャンボンだ。 彼が石工に入門したのは1960年代後半で、馬山の石材工場で働いていた時、良い石を探して立ち寄った韓国仏教彫刻の師匠、権正煥(クォン·ジョンファン)先生に会い、7年間師事した。 その期間、襄陽·洛山寺海水観音像の制作に参加し、その後1981年には単一石材としては国内最大の高さ9mの坡州普光寺大仏を建立した。

    彼は生まれつきの腕利きの石工といえる 重要無形文化財第108号木彫彫刻匠保有者の朴賛洙が、彼の家に芸術家としての優れた資質を持って生まれたと言える。 また、彼が制作した仏像の微笑みが現存する石造仏像彫刻家の作品の中でも最高だという好評を得ている。 彼の作品は大邱桐華寺三重石塔と薬師如来立像をはじめ、梁山通度寺、大邱桐華寺、江華普門寺など、韓国の代表的な寺院に100点余り安置されている。
  • 2005.2.7
    指定日
    金銀奨は金と銀を溶かして美しい装身具を作り出す職人のことをいう。 三国時代以来、金銀細工技術が大きく発達し、高麗時代には青銅にまでこの技法を適用して優れた遺物を残している。

    大工房ではヤカン、神仙炉、箸、煙草入れなどの比較的大きな器が作られ、ホタル、かんざし、ノリゲ、鈴、針屋、櫛歯(くし)などの女性たちの小道具は主に細工房で作られた。

    金銀細工は950℃の高熱で金と銀を鍛える作業だ。 銀が冷めて硬くなったら、再び加熱して柔らかくした後、金槌を打つ。 必要な厚さの銀ができたら、好きなデザインの作品を作る。 銀は明るい灰色だが、薬品処理をすれば多様な色を作り出すことができる。 ここに金箔などで飾ると、全く新しい魅力を発散する。

    保有者の李ヒョジュンは1988年から高陽市花田洞(コヤンシ·ファジョンドン)で工房を運営している。 彼は伝統製作技法を伝授し、金銀細工の脈を受け継いでいる。 一つの金属のみを使用する場合もあるが、金属材料の機械的な性質を高めたり、美的な効果を出す目的で合金をする場合も多い。 周辺でよく見られる草の葉、木の葉など自然から得られる。

    金箔、銀箔、ノリゲ、イヤリング、ネックレス、かんざし、後ろ挿しなど多くの工芸品が単なる装身具から芸術作品を超えて文化財として作られている。

    保有者は金銀細工分野で韓国の伝統技法を守りながら製作している職人だ。 特に、彼の作品には伝統文様が細密に表現されており、文様の属性が如実に表れている。 このような理由で、彼は最も韓国らしい趣と情緒を金と銀によく盛り込むという好評を受けている。
  • 2005.2.7
    指定日
    果川地方に伝わる話によると、正祖が無実の罪で死んだ思悼世子の墓である顕隆院に行く時、果川の部落民たちが幼い少年を選んで女装させて男の肩の上に乗せて踊りと才能を見せる遊び、すなわち無動遊びをして彼の孝行を称え、陵行の道を歓送したという。 ムドンノリと小正月に豊作と無病長寿を願いながら町内の橋の上を行き来していた踏橋ノリが加わったのが果川ムドン踏橋ノリである。

    日本による植民地時代が過ぎてから命脈は途絶えたが、1981年、イ·ユニョンと果川地域住民が参加した果川民俗保存会で全体的なシナリオが復元された。 1982年、第23回全国民俗芸術公演大会で文芸振興院長賞を受賞し、果川を代表する民俗遊びとして位置づけられるようになった。


    その後、復元された原型に舞童舞と農楽が補強され、果川のもう一つの民俗遊戯である地神踏み、 당(タンナム)古事、ソンソリノリ、井戸古事、マダンノリなどが加わり、多彩な内容に少しずつ変わって現在に至っている。 道案内をするキルラジプと農機と霊器を持った騎手を先頭に戸籍·ケンガリ·銅鑼·製金·チャング·太鼓·小鼓などで編成された農楽隊が後を追い、その後を雑色と武童が従う。 遊びは唐木考査、地神明るさと井戸考査、橋考査、マダンノリ、ソンソリ踏橋、ムドン踏橋遊び、最後と願い事の順で連行される。

    果川無動踏橋ノリは、専門国楽家の呉銀明(オ·ウンミョン)が加わり、果川無動踏橋ノリの内容と構成が豊かになった。 2010年にはノリペ(遊び人)の指揮資格である「サンセ」保有者に呉銀明(オ·ウンミョン)が指定され、彼女を主軸に果川無動踏橋ノリの伝授に力を注いでいる。
  • 1969.2.11
    指定日
    霊山木牛戦は一種のチームに分かれて戦うノリで、村を東・西に分けて2つの組にし、勝ったほうの村は豊年になり、負けたほうの村は凶年になるといい、農耕儀式の一つとして伝えられてきた。霊山地域ではナムセサウムと言われ、小正月に行われた民俗ノリであったが、現在は三月一日文化祭行事の一つとして網引きとともに行われている。その由来に関する正確な記録は残っていないが、霊山の霊鷲山と芍薬山(含朴山)の形がまるで2頭の黄牛が競っているようであるため付けられた名前で、山の悪い気を取り除き、不幸を防ぐために始まったと言われている。霊山木牛戦は豊年を祈願する村共同体の民俗ノリで、霊山地域で始まり霊山地域にだけ受け継がれる独特のノリである。
  • 1969.2.11
    指定日
    網引きは村を東西の2つの組に分けて行う戦いで、東西の両側はそれぞれ男性と女性を象徴し、生産の意味から女性を象徴する西側が勝てば豊年になると言われている。網引きはジュルサム(綱争い)とも言われ、霊山地域ではジュルテンギギ(綱引き)もしくは漢字でガルジョン(葛戦)とも呼ばれている。これは山の蔓葛よりも長く綱を作って引いたという昔話に因んだ言葉である。網引きは主に小正月を前後にして稲作を中心とする中部以南地域で広く行われる農耕儀式の一つとして考えられている。現在は3.1文化祭行事の一つとして網引きが行われている。霊山網引きは現代に至ってその規模が小さくなった。しかしながら、これは竜と蛇の信仰に基づいた農耕儀礼のノリで、雄の綱と雌の綱による性行為を暗示する戦いを通してその年の農業の豊凶を占ったり、豊年を祈る村共同体の民俗ノリであり、村中の人が参加する郷土祭りとしてその意義がある。
  • 1987.2.12
    指定日
    <鶏鳴酒>は「夕方に醸造すると翌朝、鶏が鳴くまでは熟成する」という意味から付けられた酒の名前である。 『東医宝鑑』をはじめとし、『役員十六支』に「鶏鳴酒」の醸造方法が収録されていることから、すでに1500年代以前から造られていたと考えられる。 急にお酒を造る必要がある時に作った速成酒で、一日酒、三日酒、啓明酒などがこれに属し、別名「飴托酒」とも言う。

    鶏銘酒は大きく麹で作る一般的な速成酒法を基本に麦油や粗糖、砂糖を入れて糖化を促進する方法と酵母を利用した速成酒法の二つの厨房文が存在し、特別な目的によって様々な薬剤を添加した「薬鶏銘酒」が作られたと推測できる。

    現存する家醸酒の形をした啓明酒が南楊州の結城長氏家に伝わっている。 伝承家醸酒としての「南楊州鶏鳴酒」は、平安南道江東郡の土俗州で、結城長氏家の11代宗孫、張基恒(チャン·ギハン)氏の母親が、1.4後退の際に命日録だけを抱いて避難し、京畿道南楊州市水東面に住むようになったが、宗婦の嫁、崔玉根(チェ·オクグン)氏(57)に代々受け継がれてきた鶏鳴酒の借金は、製法を伝授して80歳で他界した。

    その後、1987年に京畿道無形文化財1号に指定された技能保有者となり、1996年4月には農林部の名人に指定され、今日に至っている。

    啓明酒の独特な味を出す製造工程は材料にもち米やうるち米を使わず、高句麗人たちの主食だったトウモロコシやキビなどの雑穀を使用し、それとなく煮込むところにある。

    一般穀酒が強飯で下味を作るのとは違って、粗清(飴)と麦油を使って粥を作り、麹を粗清に漬けてまんべんなく染み込ませるように6~7日間寝かせておく。 その間にトウモロコシ·キビを適切に混ぜて10~12時間ほどふやかし、石臼に水を3倍ほど注ぎ、麦油を入れた後、釜でそれとなく沸騰させて濾す。

    袋で濾した酒の原料を冷ました後、粗清にバン麹と松葉を配合させて壷に入れた後、摂氏25-28度の室内で8日間発酵させて濾過すれば、黄色く澄んだアルコール含量11%の啓明酒が製造される。

    [ケミョンジュを作る順番]

    ①番。「法制した麹粉を調聴に漬けて呼ばれる。」

    ②番。「キビとトウモロコシを冷水に浸漬して呼ばれる。」

    ③ ふやかしたキビとトウモロコシを臼で挽いて釜に入れ、ここに飴を入れる。

    果汁を注ぎ, 慇懃な火で粥を使って糖化させる.

    ④番。「冷めたおかゆを袋に入れて絞って飴飯を濾過する。」

    ⑤ 冷ましたおかゆに、調味料にふやかした麹と松葉を入れてよく混ぜ合わせ、

    よく混ぜた後、酒瓶に入れて封じて約28度程度で発酵させ、

    濾すと約11度の啓明酒が完成する。
  • 1980.2.12
    指定日
    農楽とは、農民がつるぎを組み、仕事をする時に弾く音楽で、鉦や鉦、チャング、太鼓のような打楽器を弾きながら行う音楽のことを指す言葉だ。 農楽を公演する目的に応じて種類を分けると堂山クッ·マダン踏み·ガリクッ·トゥレクッ·パングッ·雨乞いクッ·ベグッに分けられ、地域的特性によって分類すると京畿農楽·嶺東農楽·湖南牛島農楽·湖南佐島農楽·慶南農楽·慶北農楽に分けられる。

    慶尚南道(キョンサンナムド)の農楽の一種である釜山農楽は、旧暦1月初めに各家ごとに順番に農楽を行い、祭祀を執り行いながら福を祈る「厄介者」が主流を成している。 他の農楽に比べて遅い4拍子でクッコリ拍子が多く、踊りが多く入っている。 上毛回し、竹遊びの機能が優れ、特に4つの太鼓が一致し、太鼓を抱えて越える技巧が逸品だ。

    民族の歴史とともに受け継がれてきたこの農楽は、韓民族の長年の土俗信仰であり、踊りと長短が調和した伝統的な民俗芸術として保存されなければならない。 現在釜山農楽保存協会で伝承·普及に努めている。
  • 2016.2.12
    指定日
    菊酒は大田地域の代表的門中である殷辰松氏東春堂の宗宅で伝承的に製造され、済州接賓の用途に使われた家醸酒で、主食詩意、雨音堤防などの文献にも記録がある価値ある無形文化財である。

    また、菊酒の製造と関連した技能の実現と伝承者の養成など、保存伝承のために同技能を持っているキム·ジョンスンを技能保有者として認めた。
  • 1998.2.12
    指定日
    パンソリとは、歌い手1人と太鼓を叩く観客1人、そして観客によって構成される舞台芸術をいう。 歌い手は歌い手の台詞(アニリ)、身振り(バルリム)をし、太鼓を叩く人は歌い手の調べによって太鼓を打ち拍子を取りながら楽しい雰囲気を作っていく。

    パンソリは地域的特性と伝承の系譜によって全羅道の東北地域の東便制、全羅道の西南地域の西便制、京畿道と忠清道の中古制に分けられる。 江山祭は、西便制の名唱、朴裕伝の唄を受け継いだもので、西便制の一種をいう。

    パンソリはもともと12組だったが、日帝時代にほとんど消え、春香歌(チュンヒャンガ)、沈清歌(シムチョンガ)、興甫歌(フンボガ)、水宮歌(スグンガ)、赤壁歌(チョクビョクガ)の5組だけが現在まで残っている。

    沈清歌は、五つのパンソリの一つで、沈ボンサの娘沈清が供養米に身を売り仁堂樹に溺れたが、玉皇上帝の助けによって生まれ変わり、皇后になり、父の目を覚まして孝行するという内容である。

    「沈清歌」は呼ぶ人によっていくらか作り方が違うが、普通は草前、沈清誕生、沈清親出祥、出養生、長承上(チャンスンサン)宅、供養米三百石、梵皮中流、引当水、竜宮、沈皇后子丹歌、パンドク語尾、皇城吉(ファンソンギル)、婦女相棒、打ち上げの順で構成される。

    「沈清歌」芸能保有者の李イムレ氏は、国楽をする家に生まれ育ったため、音楽的才能を早くから育てることができた歌い手で、典型的な「康山帝」の音を受け継いだ。
  • 1998.2.12
    指定日
    パンソリとは、歌い手1人と太鼓を叩く人1人、そして演じ手からなる舞台芸術をいう。 音を出す人は音と台詞(アニリ)、身振り(ボリム)をし、太鼓を叩く人は音する人の調子に従って太鼓を叩いてリズムを取りながら楽しい雰囲気を導いていく。

    パンソリは地域的特性と伝承系譜によって全羅道東北地域の東側制·全羅道西南地域の西便制·京畿道と忠清道の中高制に分けられる。 このうち、東便制は宋興録を始祖に、宋広録、朴満淳、宋雨龍、宋万甲、柳成俊と伝わる音が大きな流れを成している。 東便制の音は比較的五音の一つである羽声の曲調を多く使い、声を重くし、音の尻尾を短く切る太く雄壮な装飾音に仕組まれた。

    パンソリが発生した当時は一つのマダン、またはパンソリ五つのマダンと呼ばれ、その数は多かったが、現在はパンソリ五つのマダン、またはパンソリ五つのマダンと呼ばれ、春香歌·沈清歌·水宮歌·興甫歌·赤壁歌だけが伝承されている。

    「春香歌」は、パンソリの5つのマダンの一つで、南原府使の息子·李夢龍(イ·モンリョン)が退き、月梅の娘·春香と愛し合って別れた後、春香が南原の新使の随請を断り、獄に閉じ込められたものを李夢龍が御史になって救うという内容だ。 春香歌は歌う人によって少しずつつくり方が違うが、普通は初めの前·広寒楼の景色·本屋読書·百年歌約·別れ歌·<span class='xml2'onmouseover='up2(3327)'onmouseout='dn2()'>新演</span>迎えて·寄生点考()·<span class='span2()'のうち、<3'span2'span2(')'span2()

    東便制春香歌(チュンヒャンガ)芸能保有者の鄭春実(チョン·チュンシル)さんは東便制出身らしく、良い喉を持っている歌い手で、彼の声は通声で出す太い声量と豊かな声量を感じることができ、上部·下請けを自在に駆使する技量を見ることができる。
  • 2016.2.12
    指定日
    郷制チュル風流は全国的にも珍しい分野で、'大田郷制チュル風流'は地域的特性をよく含んでいるため価値がある。
  • 1993.2.13
    指定日
    三海州は高麗時代から受け継がれてきた宮廷酒で、朝鮮時代になって純祖(スンジョ、在位1800~1834)の娘である福温公主が安東金氏の家に嫁いでからその家系に代々受け継がれてきたという。

    正月の最初の亥年の日に盛り付け始め、亥年の日ごとに三回にわたって作ることから三亥年といい、その期間が100日余りかかることから百日酒ともいい、亥年の最初の亥年の日につけて柳の枝が飛ぶ頃に食べることから由緒酒とも呼ばれる。

    『東国李相国集』、『山林経済』などの文献にその製造方法が記されているが、ソウルに入ってくる米が三海州を漬けるのに偏らないようにという上訴の記録が見られるほど、朝鮮時代に広く製造されており、その方法も様々である。

    三海州は米と麹を原料として作るが、まず正月の最初の豚の日に白米二斗を粉にして沸騰した水を入れ、麹粉と小麦粉を混ぜて甕に入れる。 2番目の亥年の日には米を煮て熱湯と混ぜ合わせた後、以前入れた甕に入れ、3番目の亥年の日にはもち米を蒸して熱湯を冷やして入れ、柳の枝が出てきてはじめて使う。

    米と麹を原料として作った三海酒は、ほのかな味を比較的長く保存できる特徴を持ち、現在、技能保有者のクォン·ヒジャ(三海薬酒)、キム·テクサン(三海焼酎)氏によって伝承されている。

    ※上記の文化財についての詳細はソウル特別市歴史文化財課(☎02-2133-2616)までお問い合わせください。