文化遺産 7 Page > Little Korea

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

  • 1996.10.14
    指定日
    農謡は田んぼや畑で働きながら疲れを忘れ能率を上げるために歌う歌で、「野歌」、または「農作業の唄」とも言う。 土俗民謡の一つで、個人または集団的に歌われ、地方によって歌が変わることがある。

    高興漢籍の歌は、音楽的な面において六字排気圏の音にメナリ圏の音が加わり、重要な位置にある。 分布圏上では全羅南道(チョンラナムド)の山牛打令圏に属する。 内容はモチギ歌·田植え歌·田植え歌·質歌で構成されている。 モチギと田植えは女性が主に行われ、モチギの歌は明け方から朝にかけて、モチギを蒸しながら歌う。 モチギには食前に歌うパンエタリョンと、食べた後に歌うドゥホレの音がある。 田植えの歌は田を耕しながら歌い、男たちが歌う。 ジルガングは田植えの最後の日に歌う歌で、負けるかどうかの時に歌う。 「負けるべき心」は、田植えが終わる日、農民たちが風物を叩いて村に戻って歌う歌だ。 他の地域ではこれをチャンウォンジルノリまたはチルコナンと呼ぶ。 モチギの歌·田植えの歌·田植えの歌は、一人が先に音頭を取ると、農民が提唱して聞く<span class='xml2' onmouseover='up2(2874)' onmouseout='dn2()'> 後唱</span>形式をとっている。

    韓赤の歌は六字排気音階を持つ歌が中心となり、パンエタリョンなど六字排気調とメナリ調が融合した歌で、音楽学的にも非常に重要な価値を持つ。 高興郡(コフングン)に住む男性、鄭鳳株(チョン·ボンジュ)、女性朴伴心(パク·バンシム)氏がその脈を受け継いでいる。
  • 1996.10.14
    指定日
    幀画とは、布地や紙に絵を描いて額縁や掛け軸の形にした仏画(仏教の内容を表現し、広く伝えるために描く絵)のことで、このような幀画を描く技術と技術を持つ人を幀画職人という。

    幀画は作る方法が他の仏画に比べてはるかに簡単で固定されておらず移すことができるため、仏教行事の時に使うために多く描かれた。

    韓国の幀画は三国時代に仏教が伝わってから始まったと推測される。 これは『三国史記』の「新羅の画家、率居が皇龍寺の壁に年老いた松を描いた」という記録から分かる。

    また統一新羅·恵恭王(在位765~780)の時代に作られた石窟庵の石造幀画が残っていることから三国時代に始まり統一新羅時代には幀画が広く描かれたものと考えられる。

    朝鮮後期には戦争で破壊されたお寺を改め、多く描かれた。
  • 2016.10.14
    指定日
    テコンドーは大韓民国が宗主国である現代武術であり、大韓民国の国技である。 ビルチャギを中心に手と足、その他他他の身体部位を利用して相手を効果的に制圧することを目指す武術である。
  • 2016.10.14
    指定日
    茂朱安城落花ノリは旧暦の小正月、田植えの前または4月初ファイル、7月15日に炭粉、砂金、塩、乾いたよもぎなどを入れた落花棒を長い列にぶら下げ、そこに火をつけてそれが燃える時に出る花火模様と爆発音を一緒に楽しむ韓国の伝統民俗遊びをいう。 これを「チュルブルノリ」、「チュルブル」などともいう。

    1. 花火の種類と落花遊び

    吐火、爆竹、蓮の提灯遊び、火山台、縄火-落花遊び、仏壇-落花遊び、卵火遊び、松明遊び、甲子遊びなどがある。

    2. 落花遊びの地域的分布

    咸鏡南道北清地方の「燃燈」、平安北道清州地方の「燃燈」、京畿道驪州地方の「落花遊び」、京畿道楊州市の「チュルブルノリ」、忠清北道清州地方の「花火大会」、忠清北道忠州地方の「花火大会」、忠清南道公州地方の「燃燈·冠灯籠」、慶尚北道安東地方の「仙遊-チュルファノリ」、慶尚南道咸安地方の「梨水晶落花遊び」、慶尚南道馬山地方の「鎮東落花遊び」、慶尚南道固城地方の「落花遊び」、全羅北道·全羅南道鎮海地方の「落花遊び」、全羅.

    3.韓国の落花遊びの特徴

    第一に、韓国の落花遊びは全国的に分布している。 公演時期は陰暦4月1日、陰暦1月15日に行われる。 第三、公演場所は村で行われる。 四番目は、公演の主管者は村の人々だ。 第五、製作材料は炭、韓紙、紐が共通要素である。 キバエ、ヨモギ、塩、硫黄などが添加される。 第六に、公演の内容を見ると、チュルブルノリ、チュルブルノリと提灯提灯取り、竿に落花をぶら下げて火をつける棒の火遊びなど、様々な形で構成されている。
  • 1984.10.15
    指定日
    刺繍は様々な色の糸を針に通して布に模様を入れることである。刺繍の起源は、織造技術の発達とともに始まったものと考えられるが、記録の上では三国時代からであることが確認され、高麗時代には一般国民の衣服にまで刺繍で飾るのが流行するほど奢侈がひどく、何回も禁止されたことがある。朝鮮時代に入ってからは宮繍(宮中で繍房内人によって精巧に作られた刺繍)と民繍(民間で一般的に作られた刺繍)に大きく分けられ、二つがそれぞれはっきりとした特徴を帯びながら発展した。刺繍は単純に織物の表面を飾るのではなく、それぞれの民族の生活環境・風習・信仰などによって独自の様式を形成しながら発展してきた。従って、刺繍匠は伝統工芸技術として価値が高く、技能保持者として韓尚洙氏、崔維玹氏が認定され、伝承に力を尽くしている。
  • 1982.10.15
    指定日
    騒動牌は南道地域を中心に、共同作業のために組織されたドゥレの一つの類型だ。 ドゥレは20歳以上の成年で構成された大同牌と、20歳以前の青年で構成された小同牌に分けることができる。 騒動牌は主に草刈りや草取りなどの共同労働をしたが、労働の疲れや退屈さを忘れ、仕事の能率を高めるために農楽や踊り、歌などを生活化したことに由来する。

    騒動牌遊びは朝から夕方までの一日の生活を通じて遊びを行う。 朝食を催促する「常磐小鼓」、仕事場に「早く集まれ」という「集まり小鼓」、仕事場に向かう「吉草鼓」、田んぼを耕す時の「田植えの音」などへと続く。 仕事帰りに大同牌に出会ったら挨拶をするサソリが行なわれ、他の騒動牌に会えば一本勝負をするが、勝敗に関係なく冗談を言い合う。 民謡は軽快なリズムで動作と遊びによって田んぼの歌、灯火打令、許令打令、ケゴリ打令、放愛打令などが多様に歌われる。

    玄川騒動牌遊びは労働と歌、踊りが調和した総合民俗芸術であり、挨拶をするサソリは大人に対する礼節を重視した農村社会の伝統が盛り込まれている。
  • 2001.10.17
    指定日
    九徳忘却は大きな建物や家を建てる時、忘却という道具を利用して塀や柱を建てる場所の地面を固めた作業(忘却)と、その過程で歌い手が歌う労働歌(忘却の音)が含まれた伝統民俗のことをいいます。

    マンゴマとは平たい石またはシーツの塊を4~5個の取っ手や紐に結んで作ったものだが、釜山では他の場所とは違って平たい石を使う。 労働者たちがロープを力いっぱい引っ張って上げたりすると、網目が地面にぶつかってだんだん堅固に固まる。 このように土台を固めるために土台を固めることを「網壊し」と呼び、網壊しをする時に労働の疲れを和らげ、仕事の能率と呼吸を合わせるために呼ぶ音を網壊しという。

    西区の大新洞(テシンドン)を中心に受け継がれてきた九徳網胡麻固めは、伝統建築において基盤を固める道具である網胡麻と網胡麻で基盤を固める作業過程の昔の姿がそのまま残されており、民俗的に非常に価値があり、網胡麻唄も釜山地域の労働歌としての価値を有している。
  • 2013.10.17
    指定日
    済州東部の一部地域で持続的に呼ばれてきた漁業労働と関連した珍しい音だが、

    伝承現場で自然に習得·歌ってきたという点で、技能と歌の関連性が密接な無形文化財としての伝承価値が非常に高い。

    歌2曲(タウィーネの振る音、タチウオの引く音)
  • 2000.10.18
    指定日
    延安李氏イ·マンヒは先祖が知茶房事(王の検食官)を務めるなど門中が王室と縁が深かった。 長男の嫁である彼の実家の母から結婚まで家の中に伝統餅など家に伝わる様々な伝統料理の作り方を教えてもらった。

    彼は鉱山のキム氏と結婚してから約40年間、大田(テジョン)に居住し、お餅を含む食べ物を作って婚礼食文化の伝統を受け継いできた。 彼の料理製造機能のうち代表的な白餅·蜂蜜餅·新剣草餅などの脚色餅は朝鮮時代の宮中では白雪器·密雪器·新甘酢末密雪器と呼ばれたマップ米を主な材料にした餅のうち、最も代表的な餅の一つだった。

    『朝鮮王朝宮中儀軌』の記録によると、白片は辛口米·もち米·石キノコ·松茸·栗·ナツメが、蜂蜜片は辛口米·もち米·栗·松の実·蜂蜜が、新検草片は辛口米·新検草粉·ナツメ·栗·松の実·蜂蜜が材料となっている。 これらの材料を胡麻油をつけた韓紙を敷き、真心を込めてナツメ、栗、松の実で飾って蒸すが、イ·マンヒの脚色片は朝鮮王室の餅の製造方法をそのまま受け継いでいる。

    ぺクピョンなどはもともと茶文化の発達とともに<span class='xml2' onmouseover='up2(6482)' onmouseout='dn2()'>茶道</span>と結合した宮廷宴会で使われた食べ物だ。 高麗時代には末茶とともに、朝鮮時代には緑茶とともに使われたマップ米で作った代表的な餅だった。 演戯の精髄ともいえる茶道と結びついた朝鮮王朝の進餐宴に必ず上る献品だったのである。
  • 2000.10.18
    指定日
    丹青は鉱物性顔料の真彩で、建造物や工芸品などに彩色を施すことをいう。 丹青は木材の保存に有利で、木材部分の粗悪な部分を隠すことができ、建物を荘厳にするのに役立つ。 丹青は仏教美術の一分野で、仏教の教理と理念を表現する作業で長い韓国の歴史の中で受け継がれている。

    かつては丹青に従事する人を画師·画員·画工·陶彩匠などと呼んでいた。 もし彼が僧侶である場合には禁語または化勝とした。

    丹青庁長の李正五(イ·ジョンオ)は幼い頃から韓国の丹青界最大派閥の首長である高一燮(コ·イルソプ)僧侶(元重要無形文化財技能保有者)から伝統丹青技能の伝授を受けた。 そして1974年、指定文化財修理技術者(丹青技術者)選抜試験に最年少(満26歳)で合格した。 その後、伝統文様および技法の継承とともに、師匠である日燮僧侶の特装である金文様および周囲文様の発展に努めた。

    また、中国建築意匠の指針書ともいえる「李明中(イ·ミョンジュン)英祖法式」の「채画作図文様」を参考にした新文様の開発にも心血を注ぎ、並々ならぬ機能を果たした。

    李正五の作品として、陜川海印寺大雄殿、温陽顕忠祠顕忠閣、嶺南楼、直指寺大雄殿、大田徳寿庵大雄殿などがある。

    キム·ソンギュは故シン·オンス(全北無形文化財丹青匠保有者)と文化財修理技術者だった故パク·ジュンジュなど師匠から受け継いだ系譜を受け継ぎ、伝統技法の丹青文様の再現をはじめ、丹青技術者として必要な技量を十分に保有してきた。 また、国宝·宝物など約350の主要文化財の丹青を施工した実績があり、多数の技能者が継承しているなど、伝授体系もしっかりと整っている。 以上のように資質と条件が十分であるため、保有者として認められた。

    彼は95年と96年にそれぞれ文化財庁文化財修理機能鍍金、丹青部門の試験に合格し、現在、韓国伝統文化大学伝統文化教育院客員教授として活動している。 丹青作品集に「筆先に込めた崋蔵荘荘荘荘の書院」(訓民社、2004)がある。
  • 1999.10.18
    指定日
    丹青とは、建物に色を付ける技術やその技術が発揮された結果をいい、丹青とは丹青の仕事をする職人をいう。 丹青の領域は伝統的に不和をまとめる傾向があり、近年の学習過程もこのような認識を裏付ける。 丹青の歴史は三国時代にさかのぼる。 高句麗の曇徴、百済の白加、新羅の率居が寺院に壁画を描いた画僧で、丹青の任務を担ったものと考えられる。

    仏教信仰と特殊な権威を持つ寺院と宮殿に塗る丹青は、建物の寿命を延ばし、荘厳を兼ねる目的で使われた。 丹青を施す建物の間にも、文様の選択と装いの程度が異なり、格段の差を設けている。 もっとも格の高い宮殿の正殿と寺院の大雄殿には様々な禁断庁が、それより格の低い建物には手順に従って禁断庁とモロ丹庁、引断庁などが次第に簡潔に処理された。 主に5種類の鉱物性石彩顔料を基本とし、華やかな文様を具現する。

    丹青荘は国家無形文化財として早くから指定された一護、金性洙、林石亭、洪昌園などがあり、地方にも様々な職人がそれぞれの伝承システムを通じてその機能を継いでいる。 京畿道は丹青荘保有者で1999年にキム·ジョンウク(1937年生)を指定し、活発に伝承している。
  • 1999.10.18
    指定日
    花角工芸は、牛の角を薄く削り裏面に模様を描いて飾る工芸品やその技術をいい、花角仕事をする職人を花角匠という。 画角工芸は、他の国では見られない韓国工芸固有の特質であり、螺鈿漆器とともに韓国の木工芸の特質をよく表している。 起源は不明だが、高麗の螺鈿漆器に性質が類似した亀の甲羅を使った事例を挙げ、時代を遡ってみたり、朝鮮後期以降はその跡がはっきりしている。

    花角は3~5年生の牡牛の角をゆで、半分に切って広げて平らな面を作った後、裏面が透けるように薄く切って裏面に文様を描く「覆彩技法」を用いる。 覆彩された文様は、色がよく保存されているだけでなく、発色も一層深め、工芸品の品格を高める。 文様を描いた各片を骨組みとなる白骨の上ににかわで張り付け、各片の間には牛の骨を削って境界線を固定させて仕上げる。 しかし、時間が経過すると、本来円錐形だった牛の角の属性に戻ろうとする弾力のため、浮き立つことが多く保存が容易ではない。 したがって、材料を用意する工程から複雑で煩わしいだけでなく、価格も高く宮中や少数支配層で使われていた高級工芸品だった。

    花角匠は国家無形文化財として早くから指定を受けた高音日泉と李在晩がおり、地方の花角匠保有者としては京畿道の故韓春燮(ハン·チュンソプ、1949-2015)がいるだけだった。 韓春燮は螺鈿漆器に入門して技術を学んだ後、陰日天の門で再び画角技術を学んだ。 現在は息子の韓基徳(ハン·キドク)が伝授助手に指定され、技能伝承に邁進している。
  • 1999.10.18
    指定日
    太鼓埋めは、伝統太鼓を製作する技術を指す。 太鼓を埋める職人は、漢字で「鼓杖」と呼んだ。 動物の皮を鳴らして音を出す北朝鮮は、最も原初的な楽器の一つに数えられる。 皮の響きが他の材料より人間普遍の基本感性を動かしていると考えるからだ。 したがって、北朝鮮はどの国であれ、それぞれ非常に長い歴史を持ち、韓国も例外ではない。

    太鼓は用途によって政楽用と寺院用、民間用などに分けられ、非常に多い。 広く知られている寺院の法鼓や農楽用の梅鼓、パンソリ太鼓の他にも正楽の座鼓、龍鼓、霊鼓、教坊鼓など14種類もあり、民間用として小鼓や杖鼓など様々である。 チャングは本来は別々に製作されたが、現在は北埋め作業範囲に含まれている。

    名前が異なる北朝鮮は、用途別に形態や作り方に大小の違いがある。 北朝鮮はほとんど牛革を使うが、チャング(杖鼓)のまま打つ側に犬革を使わなければ、本来の声を出す。 太鼓詰めの中核の一つは響き入れの製作と革の豆入れ技術だ。 生皮を扱う大根の頭質は現在、一部のみ伝えられている。 ウルリムボンベは丸太の内側を削り取る方法と、木側を連結して丸くウルリムボンベを作る方法があるが、このうち木側をつなぐ技術が手間がかかり難易度が高い。

    太鼓埋めは国家無形文化財で、早くから故パク·ギュンソクと故ユン·ドクジンを認定した。 現在、京畿道では楽器匠種目に太鼓詰めをして指定しており、1999年にイム·ソンビン(1950年生まれ)が技能を認められた。

    林東国をはじめとする弟子たちに活発に伝授している。
  • 1999.10.18
    指定日
    楽器場のうち、弦楽器分野は伽倻琴(カヤグム)と琴(コムンゴ)などを制作する職人を指す。 朝鮮時代には風流場または風物場とも呼ばれた。 弦楽器の歴史は三国時代以前にさかのぼる。 6弦の琴は高句麗の王山岳が発明し、12本の伽倻琴は伽耶から始まった。 コムンゴは、荘重な音に黒い鶴が集まってきたことから「玄鶴琴」または「最も根本となる楽器」という意味の「現金」とも呼ばれた。 コムンゴは余興を超えて、儒家の政治哲学の核心である芸楽の中で調和をなす調和の象徴で、士大夫と儒家の書斎にも置かれる必需品だった。

    弦楽器はコムンゴとカヤグムの他にも用途によって牙箏、奚琴、大쟁、香琵琶、금琴、 와空侯、 수琴などがあり、この中でカヤグムは正楽用と散調用に大別される。 弦楽器の主材料は響き筒として桐を使い、裏板はこれより硬く、音を支える栗の木が主に使われる。 弦楽器を扱う職人は音質の違いが主に桐の品質と関連があると考え、良質の材料を得ることに力を入れる。 古くから痩せた岩の間で成長が遅いという認識が広まっているが、『悪学軌範』に記録された石像洞がこれと関連がある。

    弦楽器は国楽の流行に力づけられ、他の工芸分野に比べて活性化された分野に属する。 これまで国家無形文化財として故キム·グァンジュ、イ·ヨンス、コ·フンゴンなどが認められた。 京畿道では第30-2号の楽器場種目に弦楽器を合わせて指定しており、1999年にチェ·テスン(1941年生)が技能を認められ、息子のチェ·ジョンウクをはじめとする多くの弟子たちに活発に伝授している。
  • 1999.10.18
    指定日
    「フィモリ雑歌」とは、早くまとめて歌う「雑歌」という意味だ。 長い雑歌の相対的な意味で「フィモリ雑歌」という名称が付けられた。 京畿道の長い雑歌や歌唱雑歌など、座って歌う左唱系の楽曲は朝鮮後期にソウル四季軸と呼ばれた万里斎·青坡も歌い手を中心に、ソウル都城内外の歌い手によって発展したものである。

    雑歌を歌う時は、まず歌詞と時調を歌ってから長い雑歌、雑歌を歌った後、通俗民謡で幕を閉じたという。 すなわち、フィモリ雑歌は主に最後に歌った歌だったことが分かるが、このように最後に歌ったのはフィモリ雑歌の滑稽な歌詞が雰囲気を盛り上げる役割をしたためと見られる。 雑歌の歌詞は大体、杖刑時調の変形だが、これを炒める打令拍子に乗せ、細かく編んで歌う。 このような理由で、雑歌を私説始祖の一系統に含むこともある。

    「フィモリ雑歌」は滑稽な歌詞が特徴的だ。 スピーディーに歌詞を並べることは、歌詞により集中させる効果がある。 フィモリ雑歌の歌詞は誇張と拡大、列挙、反転などの方法で笑いを誘う。 現在伝承されている雑歌としては、「ゴンボタリョン」、「センメジャビ」、「マンハクチョンボン」、「キセンタリョン」、「岩打令」、「メンコンイタリョン」、「ピョンジョンタリョン」、「六七月曇った日」、「一杯注げ」、「スンゴムタリョン」、「絹打令」などがある。

    歌い手が一人で座ってチャングを演奏しながら歌うのが一般的だ。 岩打令は歌と娼婦打令調が混ざった音で、絹打令は本を読むように読み進め、最後に盲人徳談経を唱える音調で歌う。 また、'寄生打令'、'メンコンイタリョン'、'岩打令'などは炒る打令拍子となっている。

    現在、フィモリ雑歌芸能保有者のキム·グォンスを中心に、国楽の饗宴など活発な公演·伝承活動を続けている。