慶尚南道無形文化財第6号馬山農庁ノリ(馬山農庁ノリ)

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

慶尚南道無形文化財第6号馬山農庁ノリ(馬山農庁ノリ) +

分類 無形文化財
指定日 1983.8.6
所在地 Changwon-si, Gyeongsangnam-do
農清遊びは馬山·昌原地方から伝わるお中元(旧暦7月15日)の遊びで、根源は村の共同作業をするための組織であるドゥーレにある。 昌原の御腹骨にサントバウィが霊妙だと言ってサントバウィの前座を占めて祈願すれば大きな徳を得ると信じられている。

農清遊びは基祭、鋤田、祝願、興趣と回向に分けられる。 サントゥバウィに行く前に祭祀を行うが、長さ8mの旗を立て、簡単な供え物で固有祭を行うことで気勢を上げ、サントバウィへ向かう。 隊長たちが護衛する旗を中心に風物を鳴らしながら行進し、他の農庁に会うと、取っ組み合いのけんかをする。 両側とも、前後にこすり、ぐるぐる回って死に、鼓動が鳴ると相手の機に向かって駆けつけるが、攻撃隊が旗竿に乗って旗竿を歩くか、旗竿を上げれば勝負は終わる。 勝った方はマントゥ岩の頂上に旗ざおを差し、負けた方は下の段に差し込まなければならない。 岩の前に供え物を置き、伏せて祈願をすると、参加した人々は酒を飲み、大声でパングッを行い、両方が和合する。

馬山農清遊びは、覇気満々で激しい気争いによって福を祈る宗教意識が反映された遊びで、勝敗が決まれば結果に関係なく、人情をもって和合するのが特徴だ。 御福谷の上部に上水道水源地が建設され、この儀式はなくなったが、現在は遊びとして受け継がれ、農民の団結と協同精神を鼓吹するのに意義がある。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_226_mainimg.jpg
  • /data/etc/k_culture_226_img_2.jpg
  • /data/etc/k_culture_226_img_3.jpg
  • /data/etc/k_culture_226_img_4.jpg
  • /data/etc/k_culture_226_img_5.jpg

Comments