釜山広域市無形文化財第18号 釜山古墳通ガリブ(釜山古墳通ガリブ)

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

釜山広域市無形文化財第18号 釜山古墳通ガリブ(釜山古墳通ガリブ) +

分類 無形文化財
指定日 2011.3.26
所在地 Seo-gu, Busanggwangyeok-si
釜山古墳通ガリッブは釜山広域市西区西大新洞一帯の旧地名である古墳通地域で行われていたガリッで、一年の初めには悪いことを追い払い、良いことばかりあるようにと願う気持ちから加賀湖を訪れ、除液招福または碧砂進慶を祈願したプンムルグッで、福を祈った対価として米やお金を少しずつ受け取ったことからガリッグッという。

干支の際、1860年頃に建てられた大新洞地域の堂山である「試薬山堂山」で堂山祭りを執り行うことを考えると、釜山のコブンドリ干支は約150年以上の歴史を持つ伝統民俗である。

釜山の古墳通ガリッブは騎手、楽士、雑色など計37名で構成されており、まず村の堂山に告げる堂山クッを終えて村に入る際に井戸クッを行い、各家庭を訪問して大門クッ、城主プリ、チョワンクッ、チャントクッ、納豆クッ、チョンナンクッ、馬小屋クッを終えた後、豊漁を祈願する竜王祭を捧げた後、パングッでひとしきり踊りを行う。

釜山の古墳通ガリッブは城主プールが社説に詳しく構成されており、他の地域にはない「龍王グッ」と「クァジャン」の挿入、ソルノリの中でバックグッノリ演戯の音楽的多様性など、他の地域のガリッノリとははっきり区別される特徴を持っている。 また、当代最高の風物ジャブだった柳三龍、李明哲、鄭相烈などによって構成された演戯で、音楽的構成と社説の構成が非常に優れ、今も釜山広域市西区地域一帯で実際に年初に掛け軸を行っている生きた伝統民俗であり、民俗的、文化財的価値が充分であると判断される。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_396_mainimg.jpg
  • /data/etc/k_culture_396_img_1.jpg
  • /data/etc/k_culture_396_img_2.jpg

Youtube