大邱広域市無形文化財第18号手ぬぐい踊り

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

大邱広域市無形文化財第18号手ぬぐい踊り +

分類 無形文化財 / 伝統公演·芸術 / 踊り
指定日 2015.5.11
所在地 Jung-gu, Daegugwangyeok-si
この踊りはハ·ギュイル-チョン·ソサン-ペク·ニョンウクの伝承系譜で、1940年代後半から1970年代後半まで大邱舞踊寺で主導的な役割を果たしたチョン·ソサン先生の踊りの原型が保存された立踊り形式の作品である。 宮廷舞踊と民俗舞踊が組み合わさった独特な形態のタオルの舞で、踊りは荘重さと優雅さ、節制美があり、見る者を自然に楽しませる。 保有者として認められたペク·ニョンウクは、1955年からチョン·ソサン(鄭昭山)先生の門下生として入門し、近代期の大邱地域の代表的な踊り手であるチョン·ソサン(鄭昭山)の伝統を受け継ぎ、現在まで伝承してきた。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_397_mainimg.png
  • /data/etc/k_culture_397_img_1.jpg

Youtube