仁川広域市無形文化財第18号の西串の歌

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

仁川広域市無形文化財第18号の西串の歌 +

分類 無形文化財
指定日 2008.12.10
所在地 Seo-gu, Incheonggwangyeok-si
現在の仁川西区地域は三国時代と高麗時代を経て朝鮮時代に入り、正祖13年(1789)西串面という坊里が記録されている。

その後、行政区域の名称が西岬に改編され、現在も長い歴史を残し、大切な農耕文化を大切に守っている地域である。 正確な年代は分からないが、仁川·西区の農耕文化の発達は朝鮮時代またはそれ以前と推測できる。

『西岬野歌』は仁川西岬地域の農民たちが昔から田植えと草取りをする時に歌っていた歌で、モチギ、田植えの音は曲調の音で柔らかさを誇る。

マギーの音は愛罰、二着、三着に分かれ、農民の力を与える軽快なリズムの音頭の短いリズムと後唱の長い長短によって構成されている。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_398_mainimg.jpg
  • /data/etc/k_culture_398_img_1.JPG
  • /data/etc/k_culture_398_img_2.JPG
  • /data/etc/k_culture_398_img_3.JPG

Youtube

Comments