忠清北道無形文化財第19号 楽器匠

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

忠清北道無形文化財第19号 楽器匠 +

分類 無形文化財
指定日 2009.6.19
所在地 Yeongdong-gun, Chungcheongbuk-do
「楽器職人」とは、伝統音楽に使われる楽器を作る機能またはそのような機能を持った人のことです。 高句麗の壁画にはすでに管楽器と弦楽器、打楽器が出現しており、楽器を作る職人はすでに三国時代からいたものと推測される。 朝鮮時代には楽器造成庁という独立した機関を設置し、楽器を製作して使用した。 韓国の国楽器は、伽倻琴と琴が代表的だ。 その次に牙箏·大쟁·護琴などが主流となっている。 弦楽器は鳴り箱を桐にし、下板を栗の木にするのが一般的で、装飾品の彫刻はナツメの木や黒檀、イブキなどを多く利用する。 桐は音響がよく振動し、乾いても隙間ができず、しばらく食べないのが特徴です。

無形文化財保有者である趙俊石(チョ·ジュンソク)は、故白玉基(ペク·オクギ)先生を中心に趙正三(チョ·ジョンサム)と趙大錫(チョ·デソク)に師事を受け、忠清北道永同(チュンチョンブクド·ヨンドン)で伝統国楽器製作工房を運営し、弟子を養成している。 趙俊石は、韓国内外の国楽器展示体験場の運営、古代楽器復元事業、そして後進養成と韓国伝統文化の継承発展のための国楽器体験学習場の運営などに多くの努力をしている。 主な制作品目は奚琴と伽倻琴で、この他にも牙箏、改良伽倻琴なども制作する。

伽倻琴と奚琴の制作過程は次の通りである。

伽倻琴製作過程は、1)表·裏板乾燥状況、2)表板切断および模様付け、3)表板鉋作業(表と裏板の接着作業、(表と裏板の接着作業、5)裏板鋤、雲、張り、6)共鳴筒形成作業(表と裏板にかまど、裏板の膠露接着、7)咽頭作業、8)左端装飾(頭を包む)、9)裏板の紙やすり作業および抜歯作業、10)塗り作業、11)眼足形、12)裏板を削る作業(名足14糸などの順となる。

奚琴の製作過程は、1)竹の根選び(ウルリム筒、2)大きさに合わせて切る、3)見た目の穴あけ、4)ソックパギ、5)紙やすり作業、6)黄土塗り作業、7)紙やすり作業、1)鋳鉄穴あけ、13)糸やすり器選び、(竹、1)紙やすり板貼り、1)紙やすり、1)紙やすり(12)鋳鉄穴あけ、13)ウリム筒の鋳帯塗り、14)ど真ん中貼り、1)のど真ん中を削り、1(1)のどめ、1)のどめ、1)のどめ、1)のどめ、原産駒切り、16)のどめ、

Recommended

  • /data/etc/k_culture_417_mainimg.png

Youtube