仁川広域市無形文化財第20号フィモリ雑家(フィモリ62家)

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

仁川広域市無形文化財第20号フィモリ雑家(フィモリ62家) +

分類 無形文化財
指定日 2008.12.10
所在地 Seo-gu, Incheonggwangyeok-si
伝統社会で伝承され、朝鮮末期から20世紀初めにかけて流行した歌の一つで、専門芸能人たちの歌、すなわち妓生、寺党牌、歌い手のような専門家たちが長い社説を技巧的音楽語法で歌う歌を雑歌といい、これより単純な非専門家たちの歌である民謡とは区別される概念で使われている。

フィモリ雑歌は速いスピードで駆って行くという意味の雑歌で、立って歌う。 張衡時調の社説内容は3つに分かれ、滑稽で面白い話術で綴られ、社説時調と類似した点が多いが、拍子と唱法において区別される。

歌い手はよく長い雑歌を歌い、次に口唱を歌ってから最後にフィモリ雑歌を歌った。

現在伝承されているフィモリ雑歌としては、あばたけ·生梅雑歌·晩鶴天鳳·六七月·曇った日·一杯注げ·兵隊打令·巡検打令·寄生打令·岩打令·絹打令·南京打令などがある。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_426_mainimg.jpg
  • /data/etc/k_culture_426_img_1.JPG
  • /data/etc/k_culture_426_img_2.JPG
  • /data/etc/k_culture_426_img_3.JPG
  • /data/etc/k_culture_426_img_4.JPG

Youtube