全羅南道無形文化財第29号パンソリ

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

全羅南道無形文化財第29号パンソリ +

分類 無形文化財 / 伝統公演·芸術 / 音楽
指定日 1996.10.14
所在地 Suncheon-si, Jeollanam-do
パンソリとは、一人の歌い手が鼓手(太鼓を叩く人)のリズムを合わせ、唱(ソリ)、言葉(アニリ)、身振り(ノルムセ)を交えながら長い物語を織り成すことをいう。

パンソリは純祖(在位1800~1834)頃からパンソリ8人唱と言われ、クォン·サムドゥク、ソン·フンロク、モフンガプ、ヨム·ゲピル、コ·スグァン、シン·マンヨプなどが有名であったが、彼らによってリズムと曲調が今日のように発展し、東便制(全羅道·東北地域)、西便制(全羅道西南地域)、中古制(京畿道·忠清道)など地域によって分かれた。

このうち東便制は宋興禄を始祖に、宋広禄、朴万順、宋祐龍、宋万甲、柳成俊と伝わる音が大きな流れとなった。 東便制の音は、五音の一つである優声の節回しが多く、声を重くし、音の尻尾を短く切る太く勇壮な装飾音で構成されている。

パンソリが発生した当時は、一つのマダンがそれほど長くないため、12のパンソリといってその数が多かったが、現在はパンソリ5つのマダン、またはパンソリ5つのベースとなっており、春香歌、沈清歌、水宮歌、興甫歌、赤壁歌だけが伝承されている。

興甫歌はパンソリ5つのマダンのうちの1つで、「朴打令(パクタリョン)」と呼ぶこともある。 貧しく善良な弟、興甫は折れた燕の足を直し、その燕が噛んできた朴氏を植えてフクベに宝が出てきて金持ちになるが、豊かで欲深い兄、ノルボは燕の足を折り、その燕が噛んできた朴氏を植えてフクベに乗って怪物が出てきて滅びるという話をパンソリで綴ったのだ。

東便制興甫が芸能保有者に指定されたパク·ジョンレは、祖父からパンソリと縁があった伝統的なパンソリ一家の出身で、生涯をパンソリと共にしてきた。 現在、順天国楽院で東便制興甫家の伝承のため、弟子を養成している。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_542_mainimg.jpg

Comments