全羅南道無形文化財第30号 高興漢籍の歌

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

全羅南道無形文化財第30号 高興漢籍の歌 +

分類 無形文化財 / 伝統公演·芸術 / 総合芸術
指定日 1996.10.14
所在地 Goheung-gun, Jeollanam-do
農謡は田んぼや畑で働きながら疲れを忘れ能率を上げるために歌う歌で、「野歌」、または「農作業の唄」とも言う。 土俗民謡の一つで、個人または集団的に歌われ、地方によって歌が変わることがある。

高興漢籍の歌は、音楽的な面において六字排気圏の音にメナリ圏の音が加わり、重要な位置にある。 分布圏上では全羅南道(チョンラナムド)の山牛打令圏に属する。 内容はモチギ歌·田植え歌·田植え歌·質歌で構成されている。 モチギと田植えは女性が主に行われ、モチギの歌は明け方から朝にかけて、モチギを蒸しながら歌う。 モチギには食前に歌うパンエタリョンと、食べた後に歌うドゥホレの音がある。 田植えの歌は田を耕しながら歌い、男たちが歌う。 ジルガングは田植えの最後の日に歌う歌で、負けるかどうかの時に歌う。 「負けるべき心」は、田植えが終わる日、農民たちが風物を叩いて村に戻って歌う歌だ。 他の地域ではこれをチャンウォンジルノリまたはチルコナンと呼ぶ。 モチギの歌·田植えの歌·田植えの歌は、一人が先に音頭を取ると、農民が提唱して聞く<span class='xml2' onmouseover='up2(2874)' onmouseout='dn2()'> 後唱</span>形式をとっている。

韓赤の歌は六字排気音階を持つ歌が中心となり、パンエタリョンなど六字排気調とメナリ調が融合した歌で、音楽学的にも非常に重要な価値を持つ。 高興郡(コフングン)に住む男性、鄭鳳株(チョン·ボンジュ)、女性朴伴心(パク·バンシム)氏がその脈を受け継いでいる。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_554_mainimg.JPG
  • /data/etc/k_culture_554_img_1.JPG
  • /data/etc/k_culture_554_img_2.JPG
  • /data/etc/k_culture_554_img_3.JPG
  • /data/etc/k_culture_554_img_4.JPG
  • /data/etc/k_culture_554_img_5.JPG

Comments