ソウル特別市無形文化財第44号 三賢六角

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

ソウル特別市無形文化財第44号 三賢六角 +

分類 無形文化財
指定日 2014.5.15
所在地 , Seoulteukbyeol-si
「三弦六角」に関する文献的記録はほとんどないが、一般的に統一新羅時代の「三弦三竹」から出発したものと考えられ、三弦は弦楽器を、三竹は管楽器を指すといえる。 しかし、現在「三弦六角」とは弦楽器を指す三弦の意味は消え、笛や奚琴、太鼓などが追加で編成された管楽器中心の楽器編成を指す。

したがって、新羅時代の「三玄三竹」が時代を経て、「三玄六角」に変化したと推測するのが定説である。

2014年5月15日にチェ·ギョンマン(笛)、キム·ムギョン(奚琴)、イ·チョルジュ(代金)が保有者と認められ、活動している。

※上記の文化財についての詳細はソウル特別市歴史文化財課(☎02-2133-2616)までお問い合わせください。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_659_mainimg.jpg
  • /data/etc/k_culture_659_img_1.jpg
  • /data/etc/k_culture_659_img_2.jpg
  • /data/etc/k_culture_659_img_3.jpg

Youtube

Comments