ソウル特別市無形文化財第45号 ハン·リャンム

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

ソウル特別市無形文化財第45号 ハン·リャンム +

分類 無形文化財
指定日 2014.5.15
所在地 , Seoulteukbyeol-si
ハンリャンムは舞踊劇形式の踊りで、配役による演技と踊り、拍子が合わさり、総合芸術的な性格を持つ特徴がある。

閑良と僧侶が一人の女性を誘惑する内容で、花嫁を間にして繰り広げる閑良と墨中(僧侶)の愛情舞は見る人を楽しませてくれる。

漢梁舞のような仮面舞劇は長い間全国で盛んに行われたと考えられるが、まず教坊歌謡に登場した漢梁舞を見てみると、1872年晋州牧師のチョン·ヒョンドクによって当時晋州教坊で行われていた歌舞を整理した「教坊歌」に登場した漢梁、妓生、老僧、上座、小妓(幼少生)が登場する舞踊劇の形であり、進行過程と内容面で起請した団体種目の漢梁舞の内容と類似しているといえる。

2014年5月15日に朝興洞と高仙娥がそれぞれ寒涼と花嫁保有者として認められ、活動している。 保有団体はハンソンジュンリュカンソニョンチュム保存会である。

※上記の文化財についての詳細はソウル特別市歴史文化財課(☎02-2133-2616)までお問い合わせください。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_666_mainimg.jpg

Youtube

Comments