全羅北道無形文化財第56号 茂朱安城落花ノリ

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

全羅北道無形文化財第56号 茂朱安城落花ノリ +

分類 無形文化財 / 伝統遊び·武芸 / 遊び
指定日 2016.10.14
所在地 Muju-gun, Jeollabuk-do
茂朱安城落花ノリは旧暦の小正月、田植えの前または4月初ファイル、7月15日に炭粉、砂金、塩、乾いたよもぎなどを入れた落花棒を長い列にぶら下げ、そこに火をつけてそれが燃える時に出る花火模様と爆発音を一緒に楽しむ韓国の伝統民俗遊びをいう。 これを「チュルブルノリ」、「チュルブル」などともいう。

1. 花火の種類と落花遊び

吐火、爆竹、蓮の提灯遊び、火山台、縄火-落花遊び、仏壇-落花遊び、卵火遊び、松明遊び、甲子遊びなどがある。

2. 落花遊びの地域的分布

咸鏡南道北清地方の「燃燈」、平安北道清州地方の「燃燈」、京畿道驪州地方の「落花遊び」、京畿道楊州市の「チュルブルノリ」、忠清北道清州地方の「花火大会」、忠清北道忠州地方の「花火大会」、忠清南道公州地方の「燃燈·冠灯籠」、慶尚北道安東地方の「仙遊-チュルファノリ」、慶尚南道咸安地方の「梨水晶落花遊び」、慶尚南道馬山地方の「鎮東落花遊び」、慶尚南道固城地方の「落花遊び」、全羅北道·全羅南道鎮海地方の「落花遊び」、全羅.

3.韓国の落花遊びの特徴

第一に、韓国の落花遊びは全国的に分布している。 公演時期は陰暦4月1日、陰暦1月15日に行われる。 第三、公演場所は村で行われる。 四番目は、公演の主管者は村の人々だ。 第五、製作材料は炭、韓紙、紐が共通要素である。 キバエ、ヨモギ、塩、硫黄などが添加される。 第六に、公演の内容を見ると、チュルブルノリ、チュルブルノリと提灯提灯取り、竿に落花をぶら下げて火をつける棒の火遊びなど、様々な形で構成されている。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_725_mainimg.JPG
  • /data/etc/k_culture_725_img_1.JPG
  • /data/etc/k_culture_725_img_2.JPG

Youtube