京畿道無形文化財第64号 京畿道堂グッシナウィ舞

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

京畿道無形文化財第64号 京畿道堂グッシナウィ舞 +

分類 無形文化財 / 伝統公演·芸術 / 踊り
指定日 2018.6.1
所在地 Goyang-si, Gyeonggi-do
京畿道南部に当たる富川、始興、安山、烏山、華城、水原、京畿道広州、安城などの村のグッドを京畿道タングットと呼ぶ。 この村のクッには代々武業を世襲する世襲武たちによってクッが行われるが、世襲武の男たちを花冷えまたは山と呼び、女たちを未知と呼ぶ。 京畿南部のファレンイ牌または山耳が中心となる京畿道タングッは、広い意味では京畿道タングッで披露された舞を意味し、狭い意味ではクッパンを離れ、公演芸術化された京畿道タングッシナウィ舞のことをいう。 また、この舞の伴奏音楽が京畿道のタングッ舞楽である摂彩、反雪音拍子、オニグッコリ、ジンセ拍子、オリンチェ、ダブマチ、カレジョ、バルパドレ、フジョンノリ拍子など、専門家からも理解できないほど難解で複雑な音楽的構造を持つ、いわゆる「京畿道のタングッシナウィダンス」という命名がつけられている。 京畿道のシャーマニズムの伝統を背景に舞台様式化した京畿道唐クッシナウィ舞には「不正ノリ舞」「ターボル舞」「ジンセ舞」「ケレ舞」「オルムチェ舞」「帝釈舞」「トサルプリ舞」などがあり、その中心に故)梅軒·金淑子先生がある。



梅軒·金淑子(メホン·キムスクジャ、1926-1991)は華城在仁庁(ファソン·チェインチョン)出身の父親·金徳淳(キム·ドクスン)にシャーマニズムに込められている歌舞楽を、母親の鄭貴成(チョン·ギソン)にシャーマニズム全般を学んだ。 世襲武家出身の金淑子(キム·スクジャ)の京畿道唐クッシナウィ舞の特徴的な要素は、京畿道地方に伝承されてきた京畿道唐クッで、花冷えと巫女が舞った儀式舞の性格を発展させ、伝統舞踊として再創造したことである。 したがって、金淑子の舞は本来、京畿道の都堂グッで舞われたシャーマニズムの舞だったが、再創造と伝承の過程で舞台化され、芸能化された代表的なシャーマニズム系の舞である。

梅軒·金淑子(1926-1991)の父·金徳淳と母·鄭貴成から金淑子に伝承された京畿道唐クッシナウィ舞と京畿流民俗舞は現在、彼の弟子·李正姫によって命脈が保たれており、李正姫の弟子·韓遂文などに伝承されている。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_744_mainimg.png
  • /data/etc/k_culture_744_img_1.jpg
  • /data/etc/k_culture_744_img_2.jpg
  • /data/etc/k_culture_744_img_3.jpg
  • /data/etc/k_culture_744_img_4.jpg
  • /data/etc/k_culture_744_img_5.jpg
  • /data/etc/k_culture_744_img_6.jpg

Youtube