全羅北道無形文化財第64号 麗山湖山春

K-CULTURAL HERITAGE

Everlasting Legacies of Korea

全羅北道無形文化財第64号 麗山湖山春 +

分類 無形文化財 / 伝統的な生活慣習 / 衣生活
指定日 2018.3.16
所在地 Iksan-si, Jeollabuk-do
「虎山春」は料理関連の新林経済、臨院経済十六支など16の古文献に紹介されているお酒で、19世紀の学者、李奎暻(イ·ギュギョン)が書いた百科事典形式の本である「五洲衍文将全散考」には朝鮮の4大銘酒として虎山春を激賞している。 全羅北道益山(チョルラブクド·イクサン)で生まれた李ヨンホ先生は、伽藍李ビョンギの弟であり、独立有功者李ビョンソクの長女である李ギョンヒの四男として母親から伝授を受け、「湖山春」の重要性を悟り保存しながら、後輩養成のために伝授活動を行っている。

Recommended

  • /data/etc/k_culture_745_mainimg.jpg
  • /data/etc/k_culture_745_img_1.jpg

Youtube