大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2020.10.6
    発売日
    愛を書き終わった誰かはすっきりするだろう 本当に愛だったら

    二人が一緒に過ごした時間の中で 同じ形の恋をしても

    その愛に限りなく努力する人とは反対に相手の心をうっかり受けるだけである

    人間関係が形成されることがある。



    無条件に愛されていた相手の立場で書き上げた'私たちの愛した間'は、

    僕たちが愛した間、お前に最善を尽くして もっと愛してあげられなかった気持ちから来る後悔を 込めた曲で

    韓国トップの女性ボーカリスト、Aileeの切なさと爆発的な高音を同時に盛り込み、リスナーが節制された悲しみと感性を感じるのに十分だ。
  • 2019.10.7
    発売日
    易しく解くことが難しいですが、また一番易しく理解できるのが自分または誰かの心であり、それによって新しい心につながる話を盛ろうと努力しました。

    楽に聞いてください。
  • 2020.10.7
    発売日
    好きな異性を見てワクワクする気持ちを込めたアップテンポダンス曲だ。

    楽しいビートと明るく爽やかな曲の雰囲気が特徴の「Pump It Up」は、特有の気の利いた歌詞と聞いただけで舞台が連想される曲構成がGolden Childならではの爽やかな魅力をさらに極大化させる。
  • 2021.10.7
    発売日
    軽快なハウスリズムに洗練されたブラスを加味したセミトロット曲だ。

    歌のタイトルからも分かるように、コロナで苦しい日々を送っている人々に慰労と応援のメッセージを込めた。

    人生の哀歓を撫でる歌詞、楽しいメロディー、中毒性のあるリフレーンが一度聞いただけでもずっと耳に残る魅力的な曲だ。

    歌いやすく、もう一つの「国民トロットソング」誕生を予感させる。
  • 2019.10.8
    発売日
    雄大で強烈なリードブラスとドラムサウンドが主なテーマで曲をリードしており、休まず走り続ける曲の構成は、終わりが待つ始まりに向かって行進するメンバーたちの姿を連想させる。
  • 2013.10.8
    発売日
    赤い靴を履くと自分の意志に関係なく踊り続けるという内容のアンデルセンの童話「The Red Shoes」からインスピレーションを得て完成した曲である。

    1930年代のビッグバンド「スイングサウンド」を基盤に、クラシカルでビンテージな要素を一ヵ所に溶かし、期待を増す。

    セッション作業も1930年代の古典スイングの雰囲気を最大限に生かすため、ドラマ·アニメーション·ミュージカル音楽界の巨匠Toyama Kazuhikoさんの指揮の下、日本現地で最高のビッグバンドのメンバーたちと一緒に即興演奏(Improvisation)技法で録音が行われ、ここにイ·ミンス作曲家特有のドラマチックな展開と精巧なコーラスが加わってスケールのある曲に仕上がった。
  • 2018.10.8
    発売日
    中毒性の強いレゲトンラテンリズムを主軸に,多様なギターサウンドが加わり,楽しいグルーヴが引き立つ

    目の前の今を逃したくない瞬間を思いっきり表現した歌詞が印象的な曲で、ラテングラミーアワードグループ部門ベストポップアルバム部門受賞歴のあるグループREIKが参加して注目を集める。
  • 2020.10.8
    発売日
    グルービーなリズムと魅力的なベースライン、そして爽やかなシンセサウンドのダンス曲で、既存のスタイルと決まった枠から脱して新しい姿のウィキミッキーを見せるという堂々とした抱負と自信を歌詞で表現した。
  • 1999.10.9
    発売日
    1996年に映画『花びら』で映画界にデビューした後、1999年にはファーストアルバム『Let's Go to My Star』で歌謡界にもデビューした。

    1stアルバムの収録曲『わぁ』がセンセーションを巻き起こし、韓国のテクノブームの主役となった。

    その後も<君>、<くれる>、<狂い>、<バン>、<アリアリ>、<甘い>、<Summer Dance>など多くの曲をヒットさせ、アメリカのレディー·ガガよりも10年近く先に独創的で華やかな舞台パフォーマンスを披露した芸術家という評価を受けるなど、韓国歌謡の歴史に一線を画した。

    演技者としても青龍映画賞新人賞と主演賞を全て受賞した数少ない俳優の一人で、大韓民国の代表的な「マルチエンターテイナー」に挙げられる。
  • 2019.10.9
    発売日
    靴紐を2度きつく結んで進むという決然とした抱負が感じられる曲だ。

    どこへでも去ることができるという覇気を強烈なメロディーに溶け込ませた。
  • 2018.10.10
    発売日
    Alternative R&Bスタイルの曲で、関係において無礼にも一線を越える人々に投げかける愉快で簡潔な警告メッセージを盛り込んでいる。

    他人を自分だけの基準で統制したり規定したりしない、同等で独立的な個々人の健康な絆がいつになく重要視されている昨今、今を生きる全ての現代人の物語になり得る曲だ。
  • 2016.10.10
    発売日
    全世界のPOP市場で人気を博しているMoombahton Trapジャンルの曲で、これまでBTSが見せてくれた荒々しく強烈なイメージから少し力を抜いてセクシーな魅力をアピールすることに重点を置いた。 私のすべてを意味する「血、汗、涙」を持って行けという歌詞や「知りながら飲み込んでしまった毒入り聖杯」のような歌詞には拒否できない誘惑に陥った少年の混乱した気持ちがよく表れている。 人生で一度は必ず出会う悪の影と他人及び外部世界との葛藤など、成長過程について歌った「WINGS」アルバム全体の主要テーマをよく表現している。
  • 2016.10.10
    発売日
    デビュー4年目に入ったBTSがファンに伝えるファンソングだ。

    「2!3!」は2013年6月のデビュー以来、現在まで使っている挨拶の言葉で、BTSとファンをつなぐ特別な意味を持っている。

    「2!3!」には一緒に経験した過去のことや、いつも大きな力をくれるファンに伝えきれなかった気持ちが込められている。

    使用された楽器やリズムなど全てが華やかではないが、どの曲よりも暖かい心が感じられる曲で、ファンに対するBTSの愛が確認できる。
  • 2016.10.10
    発売日
    BTSの初期時代を思い浮かばせる「21世紀少女」はBTS万のパワフルなエネルギーとウィットに富んだヒップホップ曲だ。

    21世紀を生きている私たちは皆美しくて大切で、愛される資格のある人だという肯定的なメッセージを盛り込んでいる。

    パートごとにサウンドの変化を与えたおかげで、退屈を感じる暇がなく、あっという間に曲が終わってしまうような経験をさせる。
  • 2016.10.10
    発売日
    その間、"No More Dream"、"男前"、"I NEED U"、"Dream"、"ダルマエナジー"、"Save ME"などBTSアルバムでミックス作業を行ってきたSam Klempner, James F. ReynoldsとJosh Wilkinsonが特別にBTSのためにプロデューサーとして出た。

    カントリー調のギターとハーモニカサウンドが魅力的な曲で、洗練された味わいのヒップホップ曲である。

    "Am I Wrong"には最近の世相に対するBTS万の率直な視線が込められている。

    先に発表した「DOPE」、「ベプセ」と同じ脈絡の曲で、もどかしい現実を赤裸々に皮肉るストレートな歌詞が見事に感じられる。