大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2020.2.5
    発売日
    壮大なベースとシグネチャーホーンスタッフの調和が印象的なアーバンダンス曲で、これまで今月の少女が見せてくれなかった「ガールクラッシュ」な感じが極大化した曲だ。

    「世界が決めた枠組みを破って出てきて、自分を思う存分表出せよ」というメッセージを込め、これまで続いてきた世界観を深めた。
  • 2018.2.5
    発売日
    爽やかなギターサウンド基盤のフューチャーベースジャンルの曲で、今は私のそばにいないが、過去、私たちと共にしながら良い思い出を作ってくれた対象に感謝するという内容を盛り込んでいる。

    SEVENTEENといつも一緒にしてくれる ファンへの感謝の気持ちが込められている曲だ。
  • 2021.2.5
    発売日
    愛する人に永遠を約束する純粋な心を込めた歌詞と暖かいアコースティックギター及びストリングサウンドが調和を成したミディアムテンポのバラード曲として再誕生し、強烈な雰囲気のデビュー曲「Black Mamba」とはまた違ったaespaの魅力に出会うのに十分だ。
  • 2018.2.6
    発売日
    別れの前に恋人たちの暖かい温もりを忘れないために最後に抱いてみる、悲しみと切なさが同時に盛り込まれている歌だが、

    別れの瞬間を目前に控えた二人の最後の場面を繊細に描写した歌詞と叙情的なメロディーに、悲しみが感じられるホ·ガクの節制された声で曲が完成した。

    黙々と、淡々と別れを受け入れているようだが、別れを経験した人なら、燃える本音やその本心を知っているはずだ。 もしかすると、この曲は別れた人なら誰もが共感する歌詞とその時の私を、あなたを思い浮かべながら心が痛む曲として胸の片隅に感じられるかも知れない。
  • 2020.2.6
    発売日
    反復的なカントリー風のギター·リーフと豊かなサウンドが引き立つ曲だ 愛する人のためにどんなこともできる勇気を伝える歌詞が印象的だ。
  • 2020.2.7
    発売日
    名不虚伝、ハ·ヒョヌの『サイダー』の歌唱力がカタルシスをプレゼントするドラマ『梨泰院クラッツ』の3番目のOST。

    梨泰院クラッツOST Part.3 [石ころ]は全てを失っても自分の所信だけは決して失わない直進青年新たに(パク·ソジュン)の話を熱くて強烈なサウンドで表現した曲だ。
  • 2019.2.8
    発売日
    ロックミュージックとトロットがミックスされたセミトロット「君がなぜそこから出てくるのか」は強烈なギターサウンドとリズムがヨンタクのボーカルに出会い新しい調和を成す曲だ。

    ここに最近一番ホットな流行語である「」がどうしてそこから出てくるの「」というフレーズを気の利いた愉快な歌詞として表現した歌詞が加わり、一度聞くと中毒性があり耳を虜にする。
  • 2021.2.9
    発売日
    チョ·スミXビ(チョン·ジフン)歴代級コラボレーション!

    UNITED UNIVERSEの全宇宙的な世界観を象徴する守護神がテーマとなった曲で、ジャンルの壁を越えたトップ2人のアーティストのコラボとユニバースの世界観が調和し、「君と僕が出会う希望的なその瞬間」を感動的に表現した。

    特に、限りなく暗くて寂しい私たちの日常の中で新しい光を探して進もうという希望的な応援メッセージを込めた歌詞に世界的なソプラノのチョ·スミと歌謡界最高のソロアーティストピ(チョン·ジフン)の美しいハーモニーが暖かい包容と強靭な意志を盛り込んだ深い響きをプレゼントするに十分だ。

    Instrumentにも一つに繋がっているユニバースならではのユートピア的要素を盛り込むため、楽器的に様々な組み合わせを生み出した。

    曲の導入部では、雨の強烈な声と強靭な打楽器リズムが曲の緊張感を極大化し、サビ部では�゙秀美と雨のハーモニーが出会い、深い共感を呼ぶに十分だ。
  • 1980.2.10
    発売日
    「熱愛」、「枯木」、「千年」、「DJへ」、「勉強しましょう」、「君から抜け出したい」など多くのヒット曲を発表し歌謡界ディーバとして活動した歌手である。
  • 1990.2.10
    発売日
    キム·ミヌはソロデビュー前にスクールバンド「ボヘミアン」のリードシンガーで、1990年に歌謡界にデビューし「入営列車の中で」「愛にすぎない」などのヒット曲がある。

    キム·ミヌは23歳でファーストアルバムのタイトル曲『入営列車の中で』で歌謡トップ10で5週連続優勝し、ゴールデンカップを受賞した。
  • 2020.2.10
    発売日
    プログレッシブハウスを基盤にしたポップR&Bスタイルのジャンルで、柔らかくて強靭なサウンドに中毒的なメロディーが魅力的な曲だ。

    日が昇っている昼は自分の心を隠して遠くから見守りながら、夜になって月の光が当たれば隠していた愛とともに、「私の素顔を現すから、しっかり見てほしい」と告白する少年の心を、オオカミになぞらえて表現した曲だ。
  • 2021.2.10
    発売日
    曲の構造はバラードに近いが、ヨンタクの歌い方とメロディーはトロットの感性を抱いていて独特の魅力を見せてくれる。

    ヨンタクの感受性豊かな声の上に絢爛たるストリングとコーラスが豊かさを加え、一流セッションの演奏がしっかりと曲を支えながら終始一貫して聴覚的な満足を呼び起こす。

    ヨンタクは「お前がどうしてそこから出てくるんだ」、「チンイだ」などで見せてくれた快男のイメージとは全く違う感じの歌唱で自分の持つ音楽的力量を思う存分発揮した。

    叙情的で耳にささやくようなロマンチックな音色の導入部とサビのパワフルな歌唱力、そしてトロットジャンルでは見られない独特なアドリブラインに至るまで、一段階成熟したヨンタクならではの色彩を遺憾なく見せてくれる。

    また、この曲は「ばたばた私の人よ、今日一日をどう過ごしたの」、「私はあなたが布団になって痛い心を覆ってあげます」など、苦しい生活に疲れた人々の心を慰めてくれるような歌詞を通じて、痛みと傷で苦しむ人々を抱きしめながら暖かい慰労を伝えている。

    子供から大人まで全世代を包み込んで暖かい慰労を伝えたいというヨンタクの思いが込められた曲だ。

    ヨンタクの新曲「布団」を通じてひと握りのぬくもりが伝わることを期待する。
  • 1987.2.11
    発売日
    1978年 第2回 MBC 大学歌謡第二明知大学校の学生として参加したシム·スボンは、自ら作曲と作詞を手がけた〈あの時のあの人〉で当時のペ·チョルス、ノ·サヨン、イム·ベクチョンなど錚々たる参加者たちと競争した。

    シム·スボンは参加した歌謡祭で入賞できなかったが、大学歌謡祭で初めてトロットジャンルとして出場したユニークな経歴で大衆に注目され、自分が勉強したジャズ音楽ではなくトロットで初めて歌謡界に足を踏み入れた。
  • 2019.2.11
    発売日
    リズミカルなベースラインと規則的なキックサウンドが調和したスペースディスコジャンル基盤のアップテンポダンス曲で、曲の流れによって多彩に変化するテミンのボーカルが魅力的だ。

    歌詞には官能と純粋が共存する男の致命的な魅力に陥った相手に送る誘惑のメッセージを込め、「もっと望むようになる」という呪文をかけるような表現が耳を魅了する。
  • 2019.2.12
    発売日
    「DALLA DALLA 」は特別な個性を持つ5人のメンバーが出会いユニークな組み合わせを生み出したことに起案し、既存のKポップの形式を破り新しく制作した「Fusion Groove(フュージョングルーブ)」トラックである。

    EDM、ハウス、ヒップホップなど様々なジャンルの長所を取り入れて一曲に盛り込んだ。

    歌詞は世界の中心に立つ「私」を尊重し愛する内容で、存在理由と意味を探すこの時代の個性に焦点を当てる。

    これまで大衆が期待していた「チンクラッシュ」、「ガールクラッシュ」の魅力を正しく満たすサウンドとメッセージを持っている。