大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2017.10.16
    発売日
    BTOBの真価を証明するBTOBの感性バラード曲で、「祈り」以降もう一度イム·ヒョンシクとイーデン(EDEN)が息を合わせた。

    時間が経ったにもかかわらず、別れた恋人を懐かしむ率直な感情を安らかなメロディーと節制したサウンドで淡々と表現した。

    事前モニタリングで「共感を引き出す歌詞がとてもいい」という一貫した反応にさらに期待が集まる曲だ。

    一度聞いただけで記憶に残る「恋しがる」の区間と拍手をしながら合唱を連想させるクライマックス部分がもっと印象深い。
  • 2016.10.16
    発売日
    エイリー(本名:イ·イェジン)は在米韓国人2世である。

    デビューする前からYouTubeに自分のポップソングCover映像をアップロードし、「1000万ビューの少女」と呼ばれるなど、すでにアメリカのファンが多いほどの人気を博していた。

    「見せてあげる」はAileeの最初のミニアルバムにある代表曲だ。
  • 2019.10.18
    発売日
    「Make It Right」は世界的なシンガーソングライター「エド·シーラン(Ed Sheeran)」が参加した曲で、おぼろげながらも洗練された感性が濃く漂ったポップ(Pop)ジャンルである。

    パルセト唱法を基盤にした歌声を通じて穏やかで繊細なボーカルが魅力的な曲だ。

    RMの結構な歌詞は、聞く人に現実世界の英雄の愛と治癒過程に対する敍事を感じさせる。
  • 2020.10.19
    発売日
    自由で個性あふれる自我を追求するストーリーが盛り込まれたアップテンポ·エレクトロポップ曲で、ミッドナイト·フェスティバルを連想させるファンキーで弾むベースラインが印象深い。

    カリスマのある導入で始まった曲が、リフレーンから気の利いたメジャー風に反転するキーチェンジが、変化を控えた今月の少女と似ている。
  • 2020.10.19
    発売日
    スイングジャンルベースのダンス曲で「青春の情熱的な姿」と「しばらく休んでもいいよ」という励ましのメッセージを同時に感じられる曲だ。

    強烈なリアルブラスサウンドと軽快なビート、ジャッジなピアノサウンドと東洋風の楽器構成を活用しダイナミックなセブンティーン流のダンス曲が完成した。
  • 2020.10.19
    発売日
    哀切で胸の痛む恋の物語が入っており、耳元にささる中毒性の強い曲だ。

    雨音とともにピアノで始まる前奏は、リスナーたちに感性におぼれさせ、イム·チャンジョンの独歩的な高音で作り上げたリフレーンの絶頂は、愛する人を見送るしかない悲しみを極大化する。

    長年共にしてきたヒットメーカーコンビ「イム·チャンジョン」と「イノシシ」、新人プロデューサー「オオカミ」が作り出したさらなる力作で、韓国最高のセッションが参加し最高のクオリティを作り出した。
  • 2020.10.19
    発売日
    'きれいな映画の中の主人公君と僕は悲しいエンディングはない'

    曲の始まりを知らせる映写機の音と無声映画を見るような質感の効果が、君と僕たち二人だけの映画の序幕を知らせる。
  • 1992.10.20
    発売日
    デビューアルバムのタイトル曲「寝入ってから」は歌謡チャート17回1位(KBS歌謡トップテン4週連続1位、MBCの皆さんの人気歌謡7週連続1位など)を獲得した。

    1990年代の代表的スターとしてまさに一時代を風靡し、「カウントダウン」をはじめとする広告モデルとしても旺盛な活動を行い、当時のファッション流行を巻き起こしたほどだった。

    人気絶頂だった1994年に発表した3rdアルバム「君のいない間に」は140万枚を記録し、まさに「キム·ウォンジュンシンドローム」を巻き起こした。
  • 2020.10.20
    発売日
    次第に遠ざかっていく人と人との距離により退屈で寂しいだけの日常の中、冷たい画面を越えて友達と一緒に「ディンガディンガ」しながら遊びたい気持ちを表現した。

    今の状況の中で、誰もが感じられる感情を気の利いた歌詞で解いて共感を得、単純ながらも強い中毒性のあるメロディーラインとファンキーなサウンドが出会い、MAMAMOO特有の溌剌さが極大化された。
  • 2015.10.20
    発売日
    ヒップホップ、R&B、ロックなど様々な音楽をミックスして誕生させた「カラーポップ(Color Pop)」という新しいジャンルの曲だ。
  • 2020.10.20
    発売日
    スムーズなR&BSoulをベースにした曲で、寂しいピアノメロディーの上に暖かいギター演奏、そしてテヨンとクラッシュのハーモニーが際立つ。

    別れが近づいてきたことを感じる二人の男女の声。 彼女は最後を知っていたのだろうか。
  • 2019.10.21
    発売日
    1980年代に人気を集めたニューウェーブ(New Wave)が加わったシンスポップ(Synth Pop)ジャンルの曲だ。

    私と友達にだけ許された私たちだけの特別な空間を「9と4分の3乗り場」という独特な単語で表現した。

    悲しくて涙が出る時、一緒に手を握れば特別な空間に渡ることができるという内容の歌詞は、誰もが一度は想像した厳しい現実の中で、どこかに存在する脱出口を思い浮かばせる。
  • 2019.10.21
    発売日
    「君をめぐって繰り広げられる天使と悪魔の戦い。 天使は私の中におり、悪魔も私の中にいる。

    天使と悪魔の両方の声が私の頭の中で絶え間ない戦いを繰り広げているが決着がつかない」「Angel Or Devil」は面白い歌詞と個性あるメロディーが引き立つトレンディなヒップホップジャンルの曲だ。

    中毒性のあるメロディーラインが耳を虜にする。

    下手だから、もっと痛い恋をしたことのある人なら、誰もが共感できる曲だ。
  • 2018.10.22
    発売日
    柔らかさと強烈さが共存するMONSTA X特有の色が濃く表れる曲で、「光と闇、善と悪、生と死、その境界のすべて」という今回のアルバムの世界観を代表する曲だ。

    トラップとロック、そしてメロディカルなフューチャーベースが結合されたこの曲は、印象的なフックと叙情的なリフレーンメロディー、そして劇的な構成の興奮を盛り込んでいる。
  • 2019.10.22
    発売日
    甘いが、混乱する逆説的感情を表現した。 恋をしたことのある人なら一度は経験したはずの混乱をテーマに、素敵な共感を伝える。

    君という波に打たれ自分だけの砂の城が崩れるように、僕の世界はめちゃくちゃになって無秩序になったが、それさえも待ち遠しいという歌詞のように恋に落ち、夢中になった甘さを歌う。