大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2019.9.25
    発売日
    隠喩的に表現した歌詞と対比されるバンドサウンドを基盤にし、やや重い別れの感性をよりクールで淡白に表現しようとした。
  • 2019.9.25
    発売日
    バンドサウンドの完成度を高めるために「AKMU BAND」のイ·ヒョニョン、ク·ボンアムだけでなく、ハリム、ジョクジェ、ホン·ソジン、ホン·ジュノ、チェ·インソンなど各分野の実力派バンドミュージシャンが編曲とセッションで参加し「AKMU流のバンドサウンド」を具現化した。
  • 2019.9.25
    発売日
    したいように Yeah yeah
  • 2019.9.25
    発売日
    私たちが歌うように
    私たちが言うように
    我々が予言したように生きる道
  • 2019.9.25
    発売日
    夜の果てしなく続く
    目が開けられない
    Endless dream good night
  • 1984.9.25
    発売日
    大韓民国の歌手でシンガーソングライターだった。 (昭和33年2月18日~平成2年11月1日)

    代表曲に『雨のように音楽のように』、『私の愛、私のそばに』、『思い出作り』、『愛しました』などがある。

    1980年代のアンダーグラウンドの代表的な歌手である。

    1990年11月1日、肝硬変のため32歳の若さで夭折してしまった。
  • 2020.9.25
    発売日
    異なる2曲が一つになって作られたハイブリッドリミックス(Hybrid Remix)で、収録曲の「Infinity」と「Monster」が合わさって作られた叙事的な曲構成と、トランジションが与えるカタルシスを通してSuperMが披露しようとするエネルギッシュで強烈なパフォーマンスが表現されている。

    さらに、自分の前に迫った苦難を恐れず乗り越えて、より良い、より高いところに進もうとする決然とした意志を表現した自信に満ちた歌詞も印象的だ。

    SHINeeテミン、EXOベッキョン、カイ、NCT 127のテヨンとマーク、中国グループWayVルーカスとテンなど7人の優れたアーティストが集まって'Super'シナジーを披露するチームだ。
  • 2016.9.27
    発売日
    パワフルな808ベースと独特の新スリードサウンドが目立つ世界的なトレンドであるEDM TRAPジャンルのナンバーだ。

    自由奔放なGOT7のイメージとよく似合う楽しいビートの上に、私たちがこのムードをハードキャリーするという内容を盛り込んだ。
  • 2021.9.27
    発売日
    独白形式の歌詞には、別れの後、相手が自分を忘れたまま、うまく過ごさないことを願う気持ちを正直に盛り込んでいる。

    特に、キーの繊細な歌唱とフィーチャリングで参加した少女時代テヨンの哀切な音色が調和して耳を魅了する。
  • 2021.9.27
    発売日
    強烈なシンスサウンドと迫力あふれるビートがレトロなムードを醸し出すポップダンス曲だ。

    自ら選択した悪夢のような愛に壊されながらも相手を手放すことができない姿を悲劇的に表現した歌詞が印象的だ。
  • 2021.9.27
    発売日
    ファンキーなリズムとダイナミックなメロディーが特徴のパンクポップトラックだ。

    叶えたい夢や好きな対象をチェリーに例えた面白い歌詞が心地よい想像を呼び起こす。
  • 2018.9.28
    発売日
    ヒップホップビートが加わったポップダンスジャンルの曲で、洗練されたサウンドが魅力的な曲だ。 ラップメーキングには女の子のソヨンが参加し,特別さを増した 軽快なメロディーと共に、歌詞には希望する未来が繰り広げられるだろうという希望的なメッセージを伝えている。

    「僕は今、目が覚めて最初の翼を広げたButterfly」という歌詞からも分かるように、青春たちを最初の羽ばたきをする蝶に例えて表現し、注目を集めている。

    今回の新曲に参加した4人のメンバーの出会いは、どこでも見たことのない新しい組み合わせで、ラインナップの公開から音楽ファンの熱い関心が集中した。 「スルギ」が属するRed Velvetは、音源チャートを総なめするパーフェクトヒット行進を続けており、「シンビ」が所属する彼女は独歩的な「パワー清純」コンセプトで人気を集めている。 また、「チョンハ」はエネルギッシュなパフォーマンスで「ソロクイーン」という修飾語で呼ばれており、「ソヨン」が属する(女の子)子供たちは今年のデビュー以来、ずっと良い成績を続けている。
  • 2017.9.28
    発売日
    タイトルからも感じられるように「直してください」は元気が全くなく、食欲もない私を直せるのは君の明るい笑顔と愛だけだという可愛い告白を盛り込んだ曲です。 爽やかなギターサウンドが曲全体をリードし、ドラムとベースのリズム感ある演奏が引き立つ。 一度聞いただけで慣れる簡潔なメロディーと大衆的要素が特徴だ。
  • 2017.9.28
    発売日
    朝目が覚めるやいなや君の顔がぽっかり浮かんでくる. 訳もなく君に心をつかまれているような気がしてさっさと首を横に振る。 今日は日が暮れるまで一本の連絡も来ない. 一日中音信不通なチャットの窓ばかり何度も出入りする。 でも、こんな君が好きだって、はずかしくて、僕の頬が赤く染まっても、こんな君に好きだって言いたい。

    愛において表現は重要な要素だ。 「サムする」は好きな人に押したり引いたりするより自分の気持ちを隠さず率直に表現して思春期らしさが感じられる曲だ。 前奏と導入部、リフレーンでそれぞれリズムが異なり、相手を好む気持ちのようにバラエティに富んだ構成が感じられる。
  • 2021.9.28
    発売日
    告白に成功して好きな異性に私の心を伝えるメッセージを盛り込んでいる曲だ。

    豆の殻に書かれたようにその人に深くはまっている感情を表現した.

    相手がどんな言葉と行動をしても良く聞こえ、良く見えて、一日中その人だけを思う感情と内容が盛り込まれている。