大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 1885.11.29
    死亡日
    キム·ジョンホ(1952年3月27日 - 1985年11月29日)は韓国の歌手、ソングライターである。

    ソロ歌手としてデビューする前は4月と5月の3期メンバーとして活躍し、オニオンズの多くの歌を作曲、作詞するなど多くの活動をした。

    スターダムにのし上がったのは1973年ソロデビューしてから『名も知らぬ少女』がヒットしてからだ。

    『ニム』は1983年に発表した悲しく切ない歌である。

    この天才音楽家は1985年11月29日、肺結核のため、わずか33歳の若さで死亡した。
  • 2011.11.29
    発売日
    IUのボーカルが持つ魅力をもう一度披露する曲で、10代の少女が時間旅行に出て遠い未来に会ってくるという神秘的で奇妙なコンセプトを持っている。

    マイナーとメジャーコードを行き来する構成で、ハープ、ホルンなどの歌謡曲ではほとんど見られない楽器を使ったリアルサウンドのバラエティーでファンタジーな感じを伝える編曲が目立ち、IUの多様化したボーカル表現力に触れることができる。
  • 2018.11.29
    発売日
    独特なメロディーラインとムンバートンのサウンドが加味された爆発的なビートがよく調和する曲で、愛する相手に対する心を「目」「息」「心」に喩えて息ができないほど相手を切望するという気持ちを表現した曲だ。
  • 2015.11.30
    発売日
    東洋的なBell pluckラインが印象的なトラップジャンルの曲で、トレンディでありながらも楽しいビート感を持っており、[花様年華pt.1]後続曲だった「DOPE」を連想させる。

    ただ楽しいパティテューンの歌のようだが、歌詞には最近の世相に対するメッセージが含まれており、自分の世代の話をするというBTSの哲学が込められている。

    'They call me ダルマエナガ、悪口を言った。この世代、コウノトリのおかげで私の股間であるタンタン'のようにライムを上手に生かして聞く楽しさを生かし、最近社会的に最もイシューである社会両極化、箸論などに対する考えを防弾だけの言葉で面白く批判した。
  • 2015.11.30
    発売日
    東洋的な雰囲気を醸し出すFuture R&B曲。危険な愛を落ちる秋の落ち葉に例えた「枯葉」は「I NEED U」のストーリーと延長線にある曲だ。

    "Let me know","Tomorrow"など、これまでシュガーがプロデュースしてきた曲のように繊細な感性の脈絡を併せ持つ曲で、ますます音楽的に成長しているプロデューサーシュガーの真価を確認できる。
  • 2015.11.30
    発売日
    [花様年華pt.1] 収録曲である「フンタン少年団」のfunk的なバイブを引き継ぐ楽しいオルタナティブヒップホップ(Alternative hip hop)曲である。

    故郷の物語を方言で歌った「八道江山(パルドガンサン)」を繋ぐ故郷賛美曲で、一山(ラップモンスター)、大邱(シュガ)、釜山(プサン)、光州(ジェイホープ)などメンバー達が生まれ育った都市に対する愛情と共に今まで歩んできた現実だということに対する認識が込められている。

    韓流ブームをリードするK-POPグループの華やかなセンスとビーグル美を誇るBTSの雰囲気を同時に楽しむことができる。
  • 2015.11.30
    発売日
    感情が深いオルタナティブR&B(Alternative R&B)曲で、ジミン、Vなどボーカルラインが目立つ。

    "Danger"から始まり"I NEED U"、そして今回のアルバムまで続く危険な愛に対する歌で、今にも崩れ落ちそうなきわどい関係をカードで作った家に例えて表現している。

    実際にオーケストラの録音を進行して雄大な感じを与え、後半部に行くほどますます華やかになる演奏と切ないボーカルラインの感情が最後まで耳が離せないように繊細に表現された。
  • 2015.11.30
    発売日
    ここに、'世界で一番寂しいクジラ'がある。

    別名 '52クジラ'。 52Hzの高い周波数で歌うこの鯨は12~25Hzの周波数で意思疎通をする一般的な他の鯨たちとどんな話も交わすことができない。

    にもかかわらず、五十二鯨は歌い続ける。 淋しく, たゆまず

    52クジラ(Whale)と'Alien(生硬な、不思議な宇宙人)'の合成語で誕生したこの曲は、52クジラのように寂しくて大変な歌、しかしその歌を続けていくしかないBTSの心境がそのまま溶け込んでいる。

    2000年代初め、ヒップホップのバイブを感じられるハイピッチボーカルサンプリング(high pitch vocal sampling)技法と共にオールドスクールなリズムソースが加わり、寂しいながらもおぼろげな感情を醸し出す曲として誕生した。
  • 2015.11.30
    発売日
    トレンディなサウンドとナイロンギターの穏やかな演奏の下で繰り広げられるボーカルラインの繊細な感情表現が魅力的だ。

    特にエンディング部分で強烈に出てくるラップモンスターのラッピングはまさに圧巻だと言える。

    青春の混乱した感情がそのまま込められている曲で、現実だと信じたい夢の中をさまようようなイメージを描き出す。

    これまでBTSが披露してきた音楽に比べ、一段と成熟した感性を盛り込んでおり、今後BTSがどんな音楽を聞かせてくれるか期待を集めている。
  • 2015.11.30
    発売日
    タイトル曲「RUN」は東洋的な雰囲気を醸し出すエレキギターラインが印象的な曲で、[花様年華pt.1]タイトル曲だった「I NEED U」で見せてくれた物悲しさと強烈さをそのまま受け継いでいる。

    「倒れても大丈夫」、「怪我しても大丈夫」と自らを慰める歌詞に強烈なロック的な要素が加わり、叙情的でありながらエネルギー感あふれる歌として誕生した。

    [花様年華pt.2]のコンセプトを最も集約的に表現している曲で、ラップモンスターとシュガ、V、ジョングクまで作曲クレジットに名前を載せ、音楽的にさらに成熟した面貌を見せてくれる。
  • 2015.11.30
    発売日
    青春にとって失敗と挫折は何でもないとし、そうすればするほどさらに前に進めと拍車をかける。

    ロック的な要素が混ざった強烈なヒップホップ曲で、「ぶつかりそうになったらもっと強く踏んで」、「NEVER MIND」と叫ぶラッパーラインのフックが強い戦慄を引き出す。

    また、実際のBTSコンサートの現場音を使用することで、まるで公演場の真ん中にいるような感動を感じることができる。
  • 2020.11.30
    発売日
    リーダーJBが作詞作曲した歌で、「君という最後の彫刻があってこそ完成する」というロマンチックなメッセージを伝える。

    強力なボーカルメロディーと独特なラップラインで反復再生を刺激する。

    GOT7は、自分の存在理由であり全ての相手への真心を歌い、より成熟した魅力を伝える。
  • 2020.11.30
    発売日
    EXOカイが自分の名前をかけた初のソロタイトル曲。

    ミニマルなトラックの上にシンプルながらも中毒性の強いメロディーが調和したR&Bポップ曲で、歌詞には初めて会った相手に惹かれる心を率直で自信に満ちた口調で表現した。
  • 2020.11.30
    発売日
    ENHYPENはCJENMとビックヒットエンターテインメントの合弁法人であるビリーフラップ所属で、ジョンウォン、ヒスン、ジェイ、ジェイク、ソンフン、ソンウ、ニキの多国籍メンバー7人で構成されたボーイズグループだ。

    彼らは今年6月から約3カ月間放送されたMnetグローバルアイドルプロジェクト「I-LAND」の最終生存メンバーであり、無限の可能性を基に数々のミッションを経て個人とチームの両方に成長していく姿を見せた。

    ダークでパワフルなエネルギーが感じられるポップヒップホップ(POP Hiphop)ジャンルの曲で、ビッグヒットのワンダーキッド(Wonderkid)とパン·シヒョク("hitman"bang)プロデューサーが参加した。

    長い旅の末,デビューという夢を叶え,新しいスタート·ポイントに立った七人の少年の複雑な感情を語る

    華やかなデビューがメンバーに与えられた(Given)ものなのか、それともメンバーが自ら勝ち取った(Taken)ものなのかに対する悩みと、これを克服していくという強い意志が込められている。

    「運命の矢雨の中で向き合った僕の中の境界線」のような歌詞に代弁される、境界では少年たちの相反する感情を繊細なメロディーと対比されるコーラスの強いドラム、ベースサウンドで表現した。
  • 2018.11.30
    発売日
    メロディカルなブラスソースが引き立つR&Bポップダンス曲で、中毒性の強いメロディーにRed Velvetの爽やかな高音と華やかなアドリブがよく調和しており、強烈に惹かれる'悪い男'に向けた興味深い感情を大胆に表現した歌詞が聞く楽しさを与えてくれる。