大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2020.12.28
    発売日
    歌唱者として「BTS」を想像しながら制作され、自分を消尽させながらもすぐにステージに上がらなければならないトップスターの哀歓が込められている。

    ユン·ジョンシンが「Destiny」を通じて語る運命は生まれつき運命というよりは経験から発見していく運命だ。

    早くから自分の運命を悟って背負って生きようというのではなく、人生で出会うある機会に果敢に自分を投げてみることで、運命を確かめてみようという話だ。

    多様な環境と状況に自分を喜んで露出することで、結局自分がどんな人になるのか確認してみようという話。

    生半可に決めるよりは、とりあえず長生きして自分の運命を導き出そうという話。

    尹鍾信は、自分が最も自分らしさを感じることができる形と状態は、体当たりしなければ分からないと言う。

    私がどの程度の凸凹と尖りを維持してこそ私らしくなるのか、どの程度の円満さと柔軟さを発揮してこそ私らしくなることができるのか、削られても見て合わせてみなければ分からないからだ。
  • 2016.12.31
    放送日
    1995年大人気を博したキム·ソンジェ(1972年4月18日~1995年11月20日)の「__」をBTSが2016年MBC歌謡大祭典で歌った。
  • 2020.1.6
    発売日
    重心を取るために最大限集中する時に見える外延は、最も不安定だ。
  • 2020.1.10
    発売日
    BTSの「O!」RUL8.2?アルバムのイントロ「O!」「RUL8,2」の楽器をサンプリングして作ったシュガーのソロ曲である。

    イモヒップホップ(Emo Hiphop)ジャンルを基盤に雄大ながらもおぼろげな感じを与え、曲の後半にロッキング(Rocking)なトラップ(Trap)ジャンルに変わる反転魅力を持った曲だ。

    成功を収め、さらに上に行くほど責任感と負担感という暗い影も大きくなる」という内容の歌詞を自分の内面と対話するようなシュガーの慎重なラッピングで表現した。
  • 2020.1.17
    発売日
    トラップドラムビートと哀切なローファイ(lo-fi)ギターの旋律、キャッチーなフック(hook)が調和を成す夢幻的な雰囲気のクラウドラップ(Cloud Rap)、イモヒップホップ(Emo Hip hop)ジャンルの曲だ。

    音楽をすればするほど、これ以上音楽が私に大きな感動や震えを与えることができないという恐怖が訪れるが、私の中のブラックスワン(BlackSwan)に向き合った瞬間、音楽が自分にどんな意味かを悟った芸術家としての告白を成熟し、自伝的な歌詞を通じて深く伝えてくれる。

    7人のメンバーのシンギングラップ(Singing Rap)形式とミニマルなサウンドを特徴に、明確なクライマックスのない曲の展開は、聞く人に一味違う魅力を与えてくれる。
  • 2020.1.20
    発売日
    「私、大好きです」はイ·スンチョル特有のボイスがかすかな感性を刺激する月光に似た感性バラードだ。 作詞·作曲にはTWICE、Stray Kidsアルバムのボーカル、ディレクティング、ユビン、ユンナなどアルバムをプロデュースした大勢のプロデューサーDOKO(トコ)が、ドラムにはFTアイランドのチェ·ミンファンが参加した。

    ミュージックビデオは大韓民国の国民的俳優パク·ボゴムが男性主人公に、浮上する新鋭コ·ユンジョンが女性主人公に出演し、IU、BTS FILMなど多様なアーティストのミュージックビデオ演出を通じて特有の色感を披露したビハインド·ザ·シーン(BTS FILM)のイ·レギョン監督が演出した。 切ない思いを月光のこもったネックレスを作ってプレゼントする初恋の動画で期待感を高めている。
  • 2019.1.22
    発売日
    イ·ソラがタブロと再会した。

    2011年に発表したタブロのソロ1枚目のアルバム「熱花」の中で、「家」という曲のフィーチャリングにイ·ソラが参加したことで縁を結んだ2人が、8年ぶりにソングライターとシンガーとして再会したのだ。

    タブロ特有の叙情的なメロディーラインと日常的な感受性がにじみ出る歌詞が目立つ今回の新曲のタイトルは[リクエスト曲]で、BTSのSUGAがサプライズフィーチャリングに参加した。

    夜遅く、寂しさに耐えられずラジオをつけてみた人なら誰でも経験した瞬間。

    あなたと私の昨日、今日、そして明日のような話。
  • 2020.2.3
    発売日
    BTSの「2COOL 4 SKOOL」アルバムのイントロ 「2COOL 4 SKOOL」のビートをサンプリングして作った ジェイホープのソロ曲だ。

    チョン·ホソクではなく「ジェイホープ」になるまで歩いてきた道は簡単ではなかったが、自分の運命の選択が間違っていなかったため、その道を歩き続けるというジェイホープの確信がよく表れている。

    アフリカンリズムに基づいたエナジェティックなポップジャンルの曲で、曲のドロップパートに登場するブラスサウンドと後半部に聞けるソウルあふれるアドリブが鑑賞ポイントだ。
  • 2014.2.12
    発売日
    2000年代のアメリカ西部ヒップホップで言う「Gangsta Shit」を連想させるダークなヒップホップ曲。歌手ソン·チャンシクの「なぜ歌うの」をセンスよくサンプリングした。

    中学·高校生の間に吹くダウンブームをテーマにした。

    高価なパディングが両親の背筋を落とすという意味で'背筋ブレーカー'というタイトルを付けた。

    BTSは中間者の立場に立って、時にはウィットをもって、時には直接的に生徒と両親の心を代弁する。

    10代の青少年の中を丸見えの歌詞が耳に入る。

    ボーカルV(ヴィ)の魅力的な中低音の声とスヌープ·ドッグ(Snoop Dogg)を思わせるラップモンスター(Rap Monster)のフローが際立つ曲だ。
  • 2014.2.12
    発売日
    トレンディなアーバン(Urban)ヒップホップ曲でミニマルなリズム、清潔な楽器構成が際立つ。

    アイドルとして生きる自分たちの話を率直に語った。

    1日だけでもいいので、愛する人と一緒に過ごしたい」という気持ちを込めた。

    10代、20代の少年ららしく、手をつないで街を歩き、語り合いたいという初々しい望みに、笑みがこぼれる。

    これまで強烈なビートの曲の中に隠されていたBTSボーカルラインの切ない声が鑑賞できる。
  • 2014.2.12
    発売日
    最初のミニアルバム [O!]RUL8.2]の収録曲「八道江山」で披露した方言ラップにもう一度挑戦した。

    アーバン(Urban)ヒップホップの洗練されたメロディーに香ばしい方言を組み合わせてユニークな雰囲気を演出した。

    あ、ところでお前はどこから来たんだ。 きれいな顔をして「ガコ」というのを重苦しい方言で、愛を告白する。

    いつも重みのあるラップを披露したRapMonsterが今回は特別にボーカルに挑戦した。 意外にも甘美な声で反戦の魅力をアピールする。
  • 2014.2.12
    発売日
    ミニアルバム「Skool Luv Affair」のタイトル曲。

    BTSのデビューアルバムからずっと一緒に活動しているプロデューサーpdogg(ピドック)とバン·シヒョク作曲家、BTSのメンバーラップモンスター(Rap Monster)、SUGA(シュガ)らが一緒に作業した。

    強烈なロックサウンドと荒いヒップホップドラムを結合させて独特の魅力のサウンドを完成した。

    ロッキングな感じを生かすために、英国現地のギタリストを渉外して録音を進めるなど、力を入れた。

    BTSは1980年代にデビューして大人気を博したヒップホップミュージシャンのビースティ·ボーイズ(Beastie Boys)、ランディエムシー(Run D.M.C.)が披露した「オールドスクールヒップホップ(OLD SCHOOL HIPHOP)」を現代的な雰囲気で再解釈した。

    最初から最後まで休まず走り続け、全身が揺れる魅力を持っている。

    前のアルバムと同様、メンバーたちが直接曲作業に参加し、自分たちの言葉で率直な考えを表現した。 「私の気持ちを分かってくれなくても諦めずに最後まで君に向かって走る」という猪突的な告白には純粋な覇気が込められている。

    また、「大学までお前と行けばいいのに」という歌詞を通じて10代の少年の初々しさまで感じられる。
  • 2014.2.12
    発売日
    華麗なピアノ演奏で耳を奪うトラック

    アコースティックなソースを「Cut & Paste」という技法で再加工し、オールドスクールソウルミュージック(Old School Soulmusic)をサンプリングしたヒップホップサウンドを連想させる。

    今回のトラックは特別にBTSのボーカルライン(ジン、ジミン、V、ジョングク)だけが参加した。 最初は少しぎこちなかったが、今は全部あげたくなった」という言葉を通じて、ファンに対する感謝と愛を伝える。
  • 2014.2.12
    発売日
    米国の有名プロデューサー、ジャーメイン·デュプリ(JERMAIN DUPRI)スタイルのオールド·スクール·ヒップホップ(OLD SCHOOL HIPHOP)をニュー·スクール(NEWE SCHOOL)と結合させた曲。

    2010年、当時練習生だったSUGA(シュガー)とラップモンスター(Rap Monster)が一緒に作業した曲をBTS7メンバーバージョンに新たに編曲して収録した。

    SUGA(シュガ)は、直接プロデュースを担当し、ビートメイキング能力を誇示した。 オールドスクールビートが自然にダブステップ(Dubstep)ビートに転換されるなど、独特な構成が目立つ。
  • 2014.2.12
    発売日
    前のアルバムに収録した「BTS Cypher Pt.1」に続いて披露する2番目のサイファー。

    伝統的な90年代の東部ヒップホップをベースにしたサウンドの上に東洋的色彩が加味されたビートをのせた。

    楽しく走っていたビートは、途中で英国の「Drum&Bass」ジャンルを連想させるビートに急転換し、一味違った楽しみを与える。

    ヒップホップとアイドルの交差点を探るために苦心するBTSの率直な気持ちがうかがえる。

    また、デビュー前後に経験したことについての感想を打ち明けるなど、より真剣な音楽でファンに近づく。

    ラップモンスター(RapMonster)、SUGA(シュガ)、ジェイホープ(j-hope)は、感覚が際立つ言語遊戯とライムでレベルの違うラップを披露する。