大衆音楽 3 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2014.8.20
    発売日
    70年代の黒人ソウル音楽を現代風にアレンジした「ネプチューンズ(Neptunes)」の影響を受けて誕生した曲。

    スーパーフリックレコードの代表進歩(JINBO)とビットメーカー'250'が一緒に作業した。

    ジンボ(JINBO)は黒人音楽が好きなら誰でもリスペクトするミュージシャンで、「BTS」とは初めて呼吸を合わせた。

    BTSは、これまで披露したことのない弾けて滑稽な声で聞かせる。
  • 2014.8.20
    発売日
    「BTS」が初めて試みるエレクトロトラップ(ELECTRO TRAP)ヒップホップ曲。

    デビュー2年目になった自分たちを「歌謡界2年生」と表現した。

    先生、ここにも修学能力試験があるんですか。 --1位になったら成功した歌手ですか。 そういうのもいいけど音楽がしたいです。「」という歌詞を通じてBTSの作詞センスはもちろん、今後も自分たちが追求する「本物の音楽」にしたいという覚悟もうかがえる。
  • 2014.8.20
    発売日
    ネオソウル(NEO SOUL)的な感性と楽しいヒップホップドラムが結合されたアーバン(Urban)ヒップホップ曲。

    「ちょっと携帯電話切って」は向かい合って座っても携帯電話だけを見ている人たちに言う話だ。

    「BTS」は前のアルバムでも中高校生の間で人気が高いパッティングブームを素材にするなど、社会問題を音楽素材として活用してきた。

    今回は「皆がスマートだと言うが、私たちはだんだん間抜けになるじゃないか」というような歌詞で、猫も杓子も携帯電話ばかり握っている世相を皮肉る。

    ラップモンスターは今回の曲の歌詞とメロディーを直接作り、シンガーソングライターとしての才能を改めて立証した。
  • 2014.8.20
    発売日
    強烈なロックギターサウンドと爽やかに叩くドラムが結合し、楽しいヒップホップ音楽として誕生した。

    BTSは美しい女性の前で胸がときめくのはホルモン作用のためだという面白い歌詞を聞かせてくれる。

    ラップモンスターがアンダーグラウンドで活動していた時代から共に歩んできたヒップホップクルー「テナムヒョプ」のDJ Snatchがスクラッチとして参加した。

    強烈なビートの上で楽しく走るように繰り広げられるラッピング、既存の歌謡では見られない新鮮な歌詞が魅力的だ。
  • 2014.8.20
    発売日
    「ヒップ合成愛者」という独特なタイトルにはヒップホップを愛する人たちという意味が込められている。

    BTSはなぜヒップホップを愛するしかないのかを率直に告白する。

    幼い頃、ヒップホップに初めて接した時の気分から、その後のヒップホップが人生でどんな意味になったのかを確認できる曲だ。

    特にラップモンスターは「人生で書き下ろすヒップホップ」、今では人生の一部となったヒップホップ」など真心を込めて書いた歌詞で耳を虜にする。
  • 2014.8.20
    発売日
    デートを控え、ときめきを表現したアーバン(Urban)ヒップホップ曲。

    「最近私はSunday君という日が出たSunday」「君との初デート、しきりに子供のようにときめく」という歌詞を通じて初々しい愛の感性を伝える。

    清涼感のあるメロディーは少年のはにかむ気持ちをよりよく表現している。
  • 2014.8.20
    発売日
    「ピ」というテーマとジャズサウンドが調和した感性ヒップホップ曲

    BTSは練習生時代の記憶を音楽で語った。

    理由の分からない憂鬱さと息苦しさが押し寄せてくる日、傘もささずに雨の降る街を歩きながら向き合った風景と感情の短編を歌詞で書いた。

    穏やかに聞こえるジャズピアノとコントラバスの演奏が曲の寂しさを増す。
  • 2014.8.20
    発売日
    恋を始めたばかりの男のときめきから思い通りにならない恋に対する怒りまで。 恋の始まりと終わりで感じる感情を一つのトラックに盛り込んだ。

    BTSのリーダー、ラップモンスター(Rap Monster)は、約3分のイントロトラックを一人で担当し、非の打ち所のないラッピングを披露する。

    64節の長いビートを消化しながら、たった1秒の退屈さも許さない。
  • 2014.8.20
    発売日
    「BTS」シュガーの自作曲。 ボーカル·ディレクティングから全体プロデュースまでシュガが直接総括した。

    PBR&Bジャンルであるこの歌は、夢幻的な感性と立体的なサウンドを感じることができるという点で特別だ。

    Vの中低音ボイスは曲の夢幻的な雰囲気を存分に生かしてくれる。

    別れの後も彼女のそばを離れない気持ちを空虚に表現した。
  • 2014.8.20
    発売日
    フルアルバム「DARK & WILD」のタイトル曲。

    2000年代初めに流行したクラブチューン(Club tune)ヒップホップグルーブとパンクロックギターを結合したハイブリッドヒップホップ曲だ。

    特にポップスター、シャキーラのライブバンドでギターを担当しているグレコ·ブラット(Grecco Burratto)が「Danger」のセッションで参加し、レベルの高いサウンドを作り出した。

    BTSは米国で録音を進め、現地のヒップホップの雰囲気を生かすことに重点を置いた。
  • 2018.8.20
    発売日
    ハイエナジージャンルの曲で12人集まったときの心地よいエナジーを発散する。

    愛しているが跳ねたくなる感情をメンバーだけのキャラクターを通じて歌詞に盛り込んだ。

    ヒジンは「私の愛を簡単に与えたくない」と話し、ヒョンジンは「私はきれいな子だから」、チェリは「駆け引きではないが、男の杯に用心」と少女たちの感情表現を率直に打ち明ける。

    疾走するように速いbpmにあふれ出るメロディーと華やかなトラック構成は、息をする暇もなく音楽に集中させる。
  • 2019.8.20
    発売日
    ピアニストのキム·ジョンウォンの演奏とキム·ドンリュルの声だけで構成された小さな小品曲だ。

    ドイツの歌曲を連想させる切ないが控えめなメロディーは、クラシック語法をうまく生かした金ジョンウォンの美しいピアノ演奏でさらに光を放つ。

    キム·ドンリュルは今回の曲作業を始めた時から20年来の友人でもあるキム·ジョンウォンの演奏を念頭に置いており、これを快く受け入れたキム·ジョンウォンとの長い交流の末、編曲や録音作業を終えたという。
  • 2020.8.21
    発売日
    2003年にリリースされたBoAの正規3集アルバム収録曲で、BoAのエネルギッシュなボーカルと爽やかなバンドサウンドが調和した「ボア印」サマーソングとして大きな人気を集め、原曲を手掛けたヒットメーカーのKENZIEが自ら編曲を担当し、さわやかな雰囲気のジャズポップとして再誕生させただけにさらに期待感を高めている。

    今回の曲はRed Velvetの5人のメンバーが調和したボーカルが際立つ華やかなアカペラとジャズスキャットが調和して原曲に豊かさを加え、「サマークイーン」Red Velvetの愛らしくて清涼な音楽感性に触れることができるので世界のファンの熱い関心が期待される。
  • 2017.8.22
  • 2019.8.23
    発売日
    「揺れる花々の中から君のシャンプーの香りが感じられたの」は片思いする男の心を描いた曲だ。

    特に、初期のバスカバースカの感性を盛り込んでおり、チャン·ボムジュン特有の柔らかくて暖かい声で完成され、深い感動を与えてくれる。

    また、この曲は誰でも簡単に歌える中毒性のあるメロディーの曲で、チャン·ボムジュンが初めてOST作曲に参加したことからさらに意味深い曲だ。

    チャン·ボムジュンは、曲作業の過程で劇中の人物が歌いやすい曲を作るために、裏声を使わなかったという。