大衆音楽 7 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2018.11.2
    発売日
    エナジェティックなベースラインとリズミカルなドラム、EXOの新鮮なアカペラ構成が際立つヒップホップダンスジャンルの曲で、愛する彼女を「メロディー」に見立てて彼女とのテンポを邪魔しないでほしいという男性の心を表現した歌詞が魅力的で、韓国語バージョンと中国語バージョンが一緒に収録されている。
  • 2018.11.2
    発売日
    世界的なプロデュースチーム、ザ·アンダードッグス(The Underdogs)が作曲に参加した「Sign」は、強烈なベースとブンバスティック·グルーブが印象的なエレクトロポップ·ジャンル曲で、歌詞には愛する彼女の嘘によってますます大きくなる疑いと取り返しのつかない心が広がる火になぞらえて表現した。
  • 2018.11.2
    発売日
    アーバンポップジャンルの曲「オアシス(Oasis)」は、スターカートで演奏されたピアノとストリング、重みのある808ベースと雄壮なハーモニーが調和を成しており、人生の答えを探す旅路をオアシスになぞらえて表現した歌詞が魅力的だ。
  • 2020.11.2
    発売日
    MONSTA X既存の強烈さとユニークなスタイルを 同時に感じることができる曲で、 正規3集の理由ある変化と成長を代表するトラックです。

    すべてを投げ出して勝ち取りたい愛の誘惑を歌い、視聴覚的に想像を刺激してシネマティックな感じを与え、ダークなサウンドと感性的なメロディーを調和させてよりダイナミックな感想を伝えることも印象的です。
  • 2020.11.3
    発売日
    流れるこの涙は君に残った未練のためではなく'私'のためであることを

    アラビア風のフルートサウンドが曲の全般的な雰囲気をリードし、これにレゲエリズムが加わって一層グルービーで異国的なサウンドが目立ち、様々なジャンルが一度に感じられるほどダイナミックな変奏とドラマチックな雰囲気はリスナーたちに新鮮な衝撃を与える。

    変わってしまった愛はまるで「腐った歯」のようなもので、そんな「腐った歯」は抜かなければならないという独創的で強烈な歌詞が痛快な共感を引き出す。
  • 2019.11.4
    発売日
    JYP首長のパク·ジニョンとリーダーのJBが 作詞に参加した歌だ。

    「君が僕の名前を呼んだ瞬間、僕は意味を見つけた」、「わくわくしたその日の光も永遠を言った約束もまだ僕の中にあるんだ」などの歌詞で心の中いっぱいの恋しさを表現した。

    コンセプトフォトの中のGOT7の目には、このような懐かしさが漂っている。

    また、ファンに一番人気のスーツ姿でおしゃれをし、GOT7ならではのユニークなムードを醸し出した。
  • 2018.11.5
    発売日
    何気ない日常が続くと、一度は関係を振り返ることになる。 私を取り巻く数多くの関係の間で、「あなた」は私にとって最大の存在であるだけに、最大の理由にもなる。

    「君はどうだったんだろう」は終わりだと思って残念で、その間の思い出に懐かしくなることは知っているが、仕方がないという漠然とした確信を持って最後まで別れを告げる曲だ。

    最近、最もホットなプロデューサーでありミュージシャンでもあるジャンキーが作詞と作曲に参加し、アルバムの完成度を高めた。 愛し、別れる過程で、慣れの中から感じられる複雑な感情を解き明かした。

    ありがたくてすまないその人に小さな慰めになることを願いながら..
  • 2018.11.5
    発売日
    TWICEの告白に「YES」という答えしかないという内容の歌で、メンバーたちのキュートな振り付けとリズムが特徴だ。

    ナヨン、ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィの9人のメンバーはそれぞれ多彩な個性を披露し、自分たちが提示した選択に「YES」を要求する力強い魅力を見せてくれる。
  • 2019.11.6
    発売日
    祭りの幕が降りても決して終わらない私たちの音楽。メロメロならではの美しいメロディが特にきらめく今回のタイトル「祭り」は、雪の降る冬の街と人々との忘れられない暖かい時間が思い浮かぶ、一言でメロメロ風の冬だ。

    精製されたメロディーに冬の楽器が加わり、華やかなオーケストラを通して一層明るい雰囲気を醸し出す。
  • 2020.11.6
    発売日
    その時、その日を回想するような心地よい「口笛」という音が印象的なミディアムテンポの歌だ。

    メンバーのイトゥク、イェソンが直接作詞に参加し、この15年間一緒にいてくれたお互いへの感謝の気持ちを込め、歌詞には「不安な多くの日々も一緒だったから守り抜いたんだよ。全部諦めようとした瞬間も一つだったから勝ち抜いたんだ」「一寸先の明日も分からないけど、君と一緒なら歌うよ」など今のようにこれからも一緒に歌ってほしいという気持ちを表現した。

    これを受け、今回のミュージックビデオにはSUPER JUNIOR(スーパージュニア)の過去の写真、映像とメンバーたちの現在の姿が交差して現れ、この15年間の思い出を回想できる感動的な映像に再構成され、グローバル音楽ファンの間で好評を得るものと見られる。
  • 2020.11.6
    発売日
    HYBRID TRAP ジャンルである。

    強烈な曲だけに、緊張した導入をすると、感嘆するような「音」が聞こえてくる。 12少年たちのささやきに自然に惹かれれば、いつの間にか爆発しそうな心の非常事態に至る。

    まるで心臓を銃で撃つようなメタリックサウンドと相克の柔らかさが共存する「音」は、多くのリスナーを魅了するのに十分だ。
  • 2017.11.6
    発売日
    自由奔放なスイング系ブラスリズムの上に節制されたメロディーを主軸にしたマイナーダンスポップジャンルの曲だ。

    シンプルに始めて次第にパワフルになっていく編曲に、ボーカルのスケールを大きく盛り込み、エネルギチックなクライマックスを作って緊張感を高め、明るいブラスサウンドが醸し出す軽快なリズムが引き立つ。

    歌詞は闇の中の刹那の瞬間、心を盗むために「Black Suit」を飾った自信に満ちた男の姿を「ルパン(Lupin)」になぞらえて表現した歌詞が印象的で、一層洗練されたサウンドとともにスーパージュニアの余裕ながらも節制されたパフォーマンスが期待されるトラックだ。
  • 2017.11.6
    発売日
    清涼感がありながら、同時にパワフルな姿で SEVENTEENの変化と成長を圧縮的に見せてくれる。

    どんなに辛くてつらいことがあっても「SEVENTEEN」、そして「SEVENTEEN」を声援するファンの心を共にして乗り越えていくという誓いと元気なエネルギーを込めた。

    また、これは'SEVENTEEN'特有の魅力を持ちながらも、今までの枠を破ってSEVENTEENの新しい姿を作るという点で'SEVENTEEN'の'新世界'と言える。

    限界を超えるためには自分の枠を破る過程のように、'SEVENTEEN'もやはり'拍手'を通じて'SEVENTEEN'の新しい時代を切り開くために新しい姿を見せようと努力した。
  • 2020.11.6
    発売日
    ニュートロ、ロファイの感性をトレジャーという青いプリズムを通して表現した「オレンジ」は、まるで馴染みのように新鮮だ。

    夕焼けの互いがオレンジ色に染まるまで、彼と彼女は別れたくないので時間をつかむ。

    メンバーのアサヒが直接、作曲に参加して意味をプラスし、残念だが待っていると再び昇る年のように、いつもそばにいるような暖かさを与えてくれる。
  • 2017.11.6
    発売日
    British Pop/Rockベースのバラード"雨のように行かないでね(One More Chance)"はメンバー東海が作詞及び作曲に、メンバーのウンヒョクがラップメイキングに参加した曲だ。

    ModernPopスタイルのMoogサウンドとCrunchなギターサウンドが特徴で、曲の後半に豊かなストリングサウンドまで加えて劇的な効果を倍加させた。

    愛する人との別れを、時が経つにつれ音もなく消えていく'雨'に喩え、離れないでほしいという歌詞はユニークで哀切なボーカルと調和して曲の魅力を極大化させる。