大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2016.8.8
    発売日
    導入部はユニークなシンスサウンドがメインとなり、リズミカルなラッピングが印象的で、最近米国のビルボードを席巻しているトレンドジャンルのダンスホールとエレクトロニックハウスが結合したEDM曲(クロスオーバー)だ。

    エネルギー溢れるパワフルなリフレーンのドロップ部分は、曲のキーが前兆となっていて反転を与え、強烈なドラムビートと独特なシンスサウンドでびっしりと埋めてくれる。

    兄の叫びはブンバヤフークは耳に密着してさらにテンションを上げる。

    堂々としてカリスマのある自分を表現し、「今日一日、全てのことを忘れ、あなたと踊りたい」という気持ちを歌詞に盛り込んだ。
  • 2016.8.8
    発売日
    序盤は808ドラムとベースを使ったプロダクションを基盤に、口笛をテーマにしたぽつりぽつり吐き出すようなメロディーライン、耳をくすぐる水玉エフェクトが目立ち、ビートで遊ぶようなラップと訴える力のある歌唱力を同時に味わえる中毒性の強いヒップホップ曲だ。

    リフレーンの口笛のフックは、一度耳にすれば口ずさむほどキャッチーであり、「私を見つめる全ての男たちの中に、真の愛は君一人しかいない」と、その愛を確認したい気持ちを切実に表現した歌詞を盛り込んでいる。
  • 2020.8.28
    発売日
    blackpinkとポップスターのセレナ·ゴメスがコラボした蒸し暑い夏によく似合う軽快で清涼なサウンドが目立つダンスポップ曲だ。

    表向きは冷たく見えるが、実は甘いという意味をアイスクリームに喩えたユニークな歌詞が目立つ。

    blackpinkのメインプロデューサーTEDDYと世界的なプロデューサー軍団Tommy Brown、Mr. Franks、24がコラボした「Ice Cream」は、セレナ·ゴメスとblackpinkそれぞれの色と個性がマッチした面白い曲だ。
  • 2021.9.10
    発売日
    サイレンを連想させる挑発的なブラスリーフと躍動的なリズムの調和は、聞き手に緊張と興奮を抱かせる。

    また、繰り返される「LALISA」という単語ならではのリズム感が音楽的に活用され、気の利いたコーラスラインを演出する。

    特に、絶え間なく変化する編曲構成、歌詞の至るところに隠された「黒」と「ピンク」の視覚的対比と緊張感あふれる聴覚的要素、ダイナミックなラップはさらに強烈なシナジーを出す。
  • 2020.10.2
    発売日
    blackpinkの歌唱力が際立つ曲で、感性的な歌詞とメロディーはミニマルな編曲と調和を成して曲のメッセージをより深く伝えてくれる
  • 2020.10.2
    発売日
    ダンスポップジャンルの曲で「Love Hate」という愛憎の関係、感情について語っており、中毒性のあるフックパートが目立つ。
  • 2020.10.2
    発売日
    レトロなヒップホップビートの上にオリエンタルな感じのサウンド要素が加わり、どこに飛ぶか分からないblackpinkの魅力を引き立ててくれる曲だ。
  • 2020.10.2
    発売日
    初の正規アルバム「THE ALBUM」の タイトル曲だ。

    カントリー調のギターサウンドの上に洗練されたメロディーで曲の全体的な雰囲気を導きながら続くレトロなサウンドの上にblackpinkのパワフルなボーカルが加わって歌を盛り上げる。

    「人間」はなぜ愛に傷つき、苦しみながらも、また別の愛を探していくのかについて、究極的な質問を投げかける歌詞が目立つ曲で、blackpinkの歌では初めてメンバー指数とジェニが作詞作曲にそれぞれ参加し、ファンの期待感をさらに倍増させる。
  • 2020.10.2
    発売日
    米有名女性ラッパー·カディビとblackpinkが出会い、愉快ながらも目立つエネルギーが目立つアップテンポ曲だ。

    先行公開シングル「Ice Cream」のプロデューサーTommy BrownとMr.Franksが参加したもう一つの曲で、特に歌詞がすべて英語で書かれており、世界のファンの熱い反応を引き出すものと見られる。
  • 2020.10.2
    発売日
    ミニマルで感覚的なトラップビートの上に、単純だが中毒性あふれるラップパートと爆発的なドロップパートが印象的でタイトルのようにきれいだがただきれいではないblackpinkの専売特許ガールクラッシュが爆発する曲だ。
  • 2016.11.1
    発売日
    叙情的なギターリフとストリングが加味された切ない感性のカントリーポップ曲である。

    各メンバーの個性的で安定的なボイスで曲をリードし、私のそばを離れそうな不安な気持ちとそばにいてくれることを切に願う曲だ。
  • 2016.11.1
    発売日
    強烈なドラムビートが主軸となり、リズミカルなピアノパターンと独特なシンスの繰り返しでサウンドを豊かに満たし、リフレーンは燃えるような感じを強烈な演奏で惜しみなく見せてくれる。

    各メンバーのユニークなボイスが目立つEDM曲で、止められない震えと惹かれ、そして抑えきれない恋の火遊びを歌詞に盛り込んでいる。
  • 2018.11.12
    発売日
    「ソロ」アーティストとして空に向かって跳躍するジェニーの最初の羽ばたき

    「SOLO」はポップな要素が適切に加味されたヒップホップ曲で、「TEDDY」と「24」の洗練されたプロデュースとソングライティングが際立っている。

    導入部の美しいコードと簡潔なメロディーラインの上に加えられたストレートで率直な歌詞はリスナーを自然に集中させ、展開するほど高まるエネルギーと反転するDROPパートの強いBassと中毒性あふれるリードサウンドはジェニーの外面と内面の中に共存する弱い少女と独立した強い女性の二つの姿をより引き立たせる。
  • 2021.3.12
    発売日
    「Gone」はロゼのソロアルバム「R」のサブタイトル曲である。

    別れた恋人を最後にまとめる気持ちをさっぱりさせた。

    ギター中心のミニマルな編曲とロゼの訴える力の濃い声が印象的で好評を受けた。
  • 2021.3.12
    発売日
    私はいつももっと高いところを眺めながら走ってきたが、いざ重要な価値は私の中にあるというメッセージを込めた「On The Ground」の歌詞から、この時代を生きていく私たちが逃していたことを改めて思い知らされる。