大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2018.5.28
    発売日
    ユニセフと共に進行しているLOVE MYSELFキャンペーンの映像に挿入された音源を発展させた曲で、LOVE YOURSELFシリーズの締めくくりであり真の意味が込められている。

    ロックをベースにしたポップミュージックであり、一層成熟したbtsの音楽が垣間見える。
  • 2018.5.28
    発売日
    2018年4月に公開されたLOVE YOURSELF起「Wonder」映像のテーマソングであり、ジョングクのソロ曲で、LOVE YOURSELFシリーズ全体の幕開けを行う。

    チェーンスモーカーズの「Closer」、「Don't Let Me Down」などをプロデュースし、2017年の米グラミーアワードで「ベストダンスレコーディング」部門を受賞したプロデューサーDJ Swivelがプロデュースした。 フューチャーベース(Future Bass)基盤のEDMポップ音楽だ。

    政局の繊細で清雅な声とともにトレンドしたサウンドが出会って恋に落ちる直前の感情を解き明かした。

    ジョングク特有の繊細なボーカルとその感性が如実に表れる曲だ。

    中毒的なリフレーンとボーカルシンス(Synth)を始め、RMが作詞に参加し、叙事的な歌詞が一つになって調和を成す。
  • 2013.6.12
    発売日
    デビューシングル[2 COOL 4 SKOOL] 収録曲。
  • 2013.6.12
    発売日
    デビューシングル[2 COOL 4 SKOOL] 収録曲。
  • 2013.6.12
    発売日
    90年代を風靡したヒップホップサウンドを2013年の感性に合わせてアレンジした歌だ。

    これは最近のヒップホップシーンの話題である「90年代Golden Eraへの回帰」というトレンドを正確に把握したものである。

    妙な緊張感を醸し出す導入部のベース演奏はヒップホップミュージシャンドクター·ドレー(Dr. Dre)の「Deep Cover」を連想させる。 「君の夢は何だ、君の夢はたったそれだ」というストレートな歌詞と強烈なビートは心臓をときめかせる。

    耳によく入るラッピングとみんなが共感できる歌詞に集中する瞬間、リアルヒップホップの魅力にはまる。
  • 2013.6.12
    発売日
    デビューシングル[2 COOL 4 SKOOL] 収録曲。
  • 2020.6.15
    ビルボードランキング日
    「大鷲打」は韓国のボーイズグループ、btsの一員であるシュガがAgust D名義で発表した2番目のミックステープ<D-2>のタイトル曲だ。

    2020年6月、ビルボードアルバムチャート11位でデビューし、タイトル曲の「大鷲打」はシングルチャートで76位を記録した。

    「大鷲打」は、朝鮮時代に王が行幸したり、軍隊が行進する時に伴奏として使われた音楽だ。
  • 2018.6.15
    発売日
    神秘的なマイナーコード進行と予想を覆すメロディーの調和を通じて、新しいタイプのオーラを誇るR&Bジャンルの曲だ。

    パーカッションソースの間を満たすオルガンリズムのユニークな調和が目立つ曲でもあり、歌謡特有の大衆的な感性と異国的な洗練美を同時に含んだ曲で、愛を確かめたい女性の心理をBLACKPINKならではの独創的な感性と特有の話法で表現している点が印象的だ。
  • 2017.7.4
    発売日
    btsこのソ·テジデビュー25周年を迎え、「カムバックホーム」(Come back home)をリメイクした。

    btsこのリメイクをした「カムバックホーム」(Come back home)は1995年ソ·テジワアイドゥルが発表した曲で、22年ぶりに正式リメイクされた。 2017年7月btsによって新しく誕生した「カムバックホーム」は、オリジナル曲のシグネチャーサウンドであるヘビーなベースラインと強烈なビート、印象的なリフレーンをそのまま活かしたままbts万の色をつけ、新しい曲として完璧に生まれ変わった。

    トレンディで感覚的なエレクトロトラップ(Electro Trap)ビートとbtsメンバーのラップモンスター(Rap Monster)、ジェイホープ(j-hope)が直接参加したラップメーキングは、原作者に対する尊敬心とbtsの音楽的自信までそのまま表れる。 特に、btsは、「家出青少年」という社会的なメッセージを盛り込んでいる原曲に、自分だけの夢に向け、努力する若い世代の汗や努力、情熱というメッセージを加え、単なるリメークレベルを超える新たな曲の解釈を披露する。

    btsの「カムバックホーム」はソ·テジデビュー25周年記念リメイクプロジェクト「タイム:トラベラー」(TIME:TRAVELER)の最初の曲だ。 「タイム:トラベラー」は未来から来た贈り物というテーマでソ·テジの名曲を後輩たちがリメイクするプロジェクトだ。 世界のKポップを代表するチームに成長したbtsが、最初のリメークランナーに選ばれた。
  • 2019.7.7
    発売日
    「We don't talk together」はbtsシュガがプロデュースした曲だ。
  • 2021.7.9
    発売日
    爽やかなピアノ演奏とストリングサウンドの流麗さに魅了され、聴いているといつの間にか肩を震わせてしまう、聞けば聞くほど気持ちよくなる曲だ。

    歌を聞いていると心が安らかになる優しい声にもう一度、清らかでさわやかな雰囲気が漂うパフォーマンスにもう一度はまってしまう。

    現実の壁にぶつかって一日を過ごした皆に「ダンスは気の向くままに、許可なく思う存分踊ってもいい」というメッセージを伝える。

    ポイント振り付けとしては、ピアノを弾きながら音楽に身を任せたようなダンス、楽しいステップを皮切りにリズムを合わせる手振り、お互いを軽くたたきながら歩く動作などがある。
  • 2014.8.20
    発売日
    PBR&Bスタイルの曲だが、通常使用する808ドラムではなく、オールドスクールソースを使用した点が特異だ。

    'bts'は愛が簡単に変わるというのはありえないと繰り返し尋ね、愛の果てに訪れた虚脱な感情と未練を歌う。
  • 2014.8.20
    発売日
    [DARK&WILD] 収録曲の中で、最も甘い感じのヒップホップ曲。

    好きな人の前で恥ずかしい行動をして帰ってきた日、寝ようと横になっていたら急にその瞬間が思い浮かんでまた恥ずかしくなった経験。 誰でも一度はあるだろう。

    'bts'は布団を蹴ってしまいたいこの瞬間の感情を曲で表現した。

    少年のみずみずしい感性と温かみのあるギターの音がよく調和する。
  • 2014.8.20
    発売日
    70年代の黒人ソウル音楽を現代風にアレンジした「ネプチューンズ(Neptunes)」の影響を受けて誕生した曲。

    スーパーフリックレコードの代表進歩(JINBO)とビットメーカー'250'が一緒に作業した。

    ジンボ(JINBO)は黒人音楽が好きなら誰でもリスペクトするミュージシャンで、「bts」とは初めて呼吸を合わせた。

    btsは、これまで披露したことのない弾けて滑稽な声で聞かせる。
  • 2014.8.20
    発売日
    bts」が初めて試みるエレクトロトラップ(ELECTRO TRAP)ヒップホップ曲。

    デビュー2年目になった自分たちを「歌謡界2年生」と表現した。

    先生、ここにも修学能力試験があるんですか。 --1位になったら成功した歌手ですか。 そういうのもいいけど音楽がしたいです。「」という歌詞を通じてbtsの作詞センスはもちろん、今後も自分たちが追求する「本物の音楽」にしたいという覚悟もうかがえる。