大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2017.12.11
    発売日
    心を根こそぎ揺さぶった相手に向け、勇気を持って先に近づき、愛を叶えたいtwiceの心を盛り込んだ曲だ。

    「私はツウィと言う」、「私の電話番号だよ」、「変に思ってもしょうがない、惚れたから」などの唐突な歌詞が印象的な歌だ。
  • 2017.12.11
    発売日
    明るくて軽快なtwice独自のカラーで作られたキャロル「Merry & Happy」は冬の感じを漂わせた伴奏にパク·ジニョンならではの独特で新鮮な歌詞が調和した曲だ。

    初めて恋に落ちて迎えたクリスマスの喜びを。 New yearは「Happyだよ」の歌詞で年末年始に感じられるささやかな感情をさわやかに面白く表現した。

    twiceからのクリスマスプレゼントで、 冬の間ずっと聞ける歌だ。
  • 2018.12.12
    発売日
    Alternative R&Bをtwiceだけのポップサウンドと結合させて作った曲で、twiceが初めてグルーブの強いR&B曲を披露する。

    パク·ジニョンが「空欄を埋める」という新しい作曲方法で誕生させた曲だが、本人がサビを作詞·作曲した後、残りの部分は伴奏だけの状態で同僚作曲家に回して空欄を埋めるようにした。

    より多彩なカラーを出すために初めて試みた方法で、これを通じて歌手パク·ジミンを含め6人の作曲家が一緒に曲を完成させた。

    歌詞は12月になって、一年を振り返りながら思い浮かべる記憶の中で最も大切な記憶が愛する人に会ったことだという話だ。
  • 2020.1.20
    発売日
    「私、大好きです」はイ·スンチョル特有のボイスがかすかな感性を刺激する月光に似た感性バラードだ。 作詞·作曲にはtwice、Stray Kidsアルバムのボーカル、ディレクティング、ユビン、ユンナなどアルバムをプロデュースした大勢のプロデューサーDOKO(トコ)が、ドラムにはFTアイランドのチェ·ミンファンが参加した。

    ミュージックビデオは大韓民国の国民的俳優パク·ボゴムが男性主人公に、浮上する新鋭コ·ユンジョンが女性主人公に出演し、IU、BTS FILMなど多様なアーティストのミュージックビデオ演出を通じて特有の色感を披露したビハインド·ザ·シーン(BTS FILM)のイ·レギョン監督が演出した。 切ない思いを月光のこもったネックレスを作ってプレゼントする初恋の動画で期待感を高めている。
  • 2017.2.20
    発売日
    PopRockDiscoの三つのジャンルが楽しいハウスビートと適切にミックスされたトラックを基盤に簡単ではつらつとしたメロディー、キャッチーなフック、そしてメンバーたちの明るいエネルギーをうまく盛り込んだ曲だ。

    「KnockKnock」はノックする、トントンなどの意味を持つ英語タイトルで、閉ざされている少女の心の扉を開けてほしいという愛らしい叫びが込められている。

    誰でもすぐに覚えられるKnock Knockの繰り返されるラインとtwiceだけのさわやかではつらつとしたパフォーマンスが加わり、ファンの目と耳を楽しませるものと期待される。
  • 2018.4.9
    発売日
    愛を本で学んだ、あるいは映画やドラマで学んだ少女たちの好奇心と想像を扱ったダンス曲で、JYP首長の朴ジンヨンが作詞、作曲を担当したことで知られて話題を集めた。

    弾む明るいメロディーにアップテンポダンスビートとトラップジャンルを行き来するリズムが加わって、一曲の中で多様な音楽的変化をお目見えするのが特徴だ。

    歌詞には「毎日のように映画の中でも本の中でもドラマの中でも愛を感じてUM~愛を学んで」、「I WANNA KNOWキャンディーのように甘いというのに」、「What is Love? いつか私にも愛が来るだろうか」など、愛に向かう少女たちの可愛い想像と好奇心が込められている。
  • 2020.4.14
    発売日
    パワフルなドラムと多彩なボーカルメロディーとハーモニーが印象的なアーバンヒップホップ(Urban-hiphop)ジャンルで、EXOの「Coming Over」、MONSTA Xの「DRAMARAMA」、「Alligator」twiceの「Heart Shaker」などを生み出したDrewRyan Scott、Sean Michael Alexander、Gionata Caraccio、Val Del Pretie、Willが作曲した。

    また、韓国トップアイドルグループの代表的なヒット曲を生み出したソ·ジウム作詞家が参加し、世界に向けて投げかけるCRAVITY(クラビティ)の力強い抱負を感覚的な歌詞で表現した。

    思いっきり前進したい青春たちの希望家であり、自らに伝える慰めでもある「Breakall the Rules」は「自ら閉じ込めた枠組みとルールを破ろう」というテーマの下、視線を圧倒するパフォーマンスと覇気あふれるメンバーたちの魅力を圧縮して伝える。

    特に、荒い質感のサウンド、強力なリフレーンとともに、タイトに組まれたメンバーらの卓越したラップとボーカルラインの運用は、完成されたチームワークを示すのに十分だ。
  • 2019.4.22
    発売日
    「FANCY」は今までtwiceが見せてきた姿とは一線を画すカラーコンセプトでtwiceの音楽的変化を知らせるメロウムードポップダンス曲だ。

    トロピカル光の雲と強烈な太陽の下、両足で愛を求めて旅立ったtwiceが「絶対離さない」とためらうことなく愛を叫ぶ告白を伝える。

    「誰が先に好きになったらどうだ」など、これまでとは全く違う挑発が込められた歌詞はtwiceの魅力を倍加させるのに十分だ。
  • 2016.4.25
    発売日
    ヒップホップ、トロピカルハウス、ドラム&ベースジャンルをミックスした韓国では唯一無二の「twice」だけが披露できるカラーポップダンス曲で、「OOH-AHH」より洗練されて楽しく清涼感あふれるサウンドが印象的な曲だ。

    特にメンバー個人パートごとに感じられる歌い方の変化とメロディーは既存のアイドル音楽では聞けない新鮮な衝撃を与えるだろう。
  • 2019.5.8
    発売日
    「秘密の庭園」を作曲したスティーブン·リー(Steven Lee)と「花火」で一緒に呼吸を合わせたスウェーデンのシンガーソングライターキャロライン·グスタヴソン(Caroline Gustavsson)、twice、東方神起、テヨンなど国内外のアーティストによる楽曲を制作したイギリスのプロデューサー、ゾロレンス(Joe Lawrence)が意気投合して作った曲である。

    華やかでありながら感性的なオーケストラとドキドキする感じのオールギャグ(Organic)ドラムサウンドのクラシックなサウンドを背景に、その上にモダンエレクトロニックダンス音楽サウンドを溶け込ませた曲だ。

    少女に迫ったドキドキする愛の感情を5番目の季節に比喩した叙情的な歌詞とOH MY GIRLの豊かで感性的なボーカルが曲の雰囲気を倍増させる。
  • 2017.5.15
    発売日
    「パク·ジニョン」が初めて作った「twice」のタイトル曲で、強烈な808 Bassサウンドのヒップホップの感じと軽快な電子楽器のダンス音楽の感じを交互に配置することで、「パク·ジニョン」特有のグルーブさと「twice」ならではの軽快さをすべて表現した曲である。
  • 2020.6.1
    発売日
    タイトル曲「MORE & MORE 」は愛のときめきと甘さが熟した時、相手をより渇望させる感情を込めた曲だ。 トロピカルハウスのリズムでトレンディさを倍増させた。 リフレーンには華やかなパフォーマンスに集中できるよう、楽器の音を配置した。

    MORE & MORE'ミュージックビデオは鮮やかな色彩と光を利用して魅惑的で強烈な感じをかもし出す。 童話に出てきそうな幻想的なオブジェで視覚的な楽しさを与える。 9人のメンバーは森の中の女神に変身して神秘的で夢幻的な雰囲気を極大化する。 さらに、済州島で撮影した幾何学的な水中セットの上の群舞シーンで、目が離せなくなる。
  • 2021.6.9
    発売日
    ボサノバにヒップホップを結合させ、 twiceだけの新しいカラーで表現したニューサマーダンス曲だ。

    世界中を明るくする、恋に落ちる魔法のような瞬間を歌う。

    甘いワインとカクテルの名前を使ったリフレーンの歌詞で聞く楽しさを高めた。
  • 2018.7.9
    発売日
    twice初のサマーソング「Dance The Night Away」は毎瞬間特別な幸せを抱いて生きていく9人のメンバーたちの青春を表現したアップテンポポップ曲である。

    サウンド、パフォーマンスなど多方面にtwiceならではの美しく明るいエネルギーを盛り込み、真夏の暑さを吹き飛ばせるほど、涼しくてさわやかな雰囲気を漂わせるのが特徴。

    夏休みシーズンごとに思い浮かぶような「ステディーセラーサマーソング」の誕生を期待させる。
  • 2019.9.23
    発売日
    「Feel Special」は黒い夜のように暗い心のトンネルを歩くとき、大切な人たちがくれた胸いっぱいの瞬間を歌った。 JYP首長のパク·ジニョンがtwiceメンバーたちと交わした対話で インスピレーションを受けて作業した曲という点でもっと特別だ。 twiceがデビューして4年間の旅程で困難な瞬間を乗り越えて経験した感情が歌の出発点になった。 パク·ジニョンは「急に怖くなって座りたくなる時、誰かの暖かい一言が力になって立ち直ることを願う気持ち」を込めて曲を書いた。 twiceもまたみんなにこの曲が力になってほしいという気持ちで歌った。 編曲には「KNOCK KNOCK」を作曲し、「What is Love?」をパク·ジニョンと一緒に編曲したイ·ウミン(collapsedone)が参加した。 「Feel Special」は「パク·ジニョンX twice X イ·ウミン」の組み合わせが生んだもう一つの名曲である。

    「Feel Special」ミュージックビデオは歌の主なメッセージである「特別な瞬間」を光と華やかなオブジェで表現し、今までとはまた違った視覚的楽しさを与えてくれる。 twice特有のダイナミックなエネルギーにトレンディな魅力まで盛り込んだという評価だ。 自らを特別に感じさせてくれた「お互いに」を見つめ合っている明るい笑顔は曲のメッセージ、叙情的な雰囲気を極大化する。