大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2021.5.27
    発売日
    赤と青が混ざれば紫色になるように、互いに違う性格と性向を持った恋人同士のコンビネーションを描いたダンス曲。

    Woo! ah! (優雅!)の熱い情熱とエネルギーで皆の心を溶かすという力強い抱負が感じられる。
  • 2018.5.28
    発売日
    ユニセフと共に進行しているLOVE MYSELFキャンペーンの映像に挿入された音源を発展させた曲で、LOVE YOURSELFシリーズの締めくくりであり真の意味が込められている。

    ロックをベースにしたポップミュージックであり、一層成熟したBTSの音楽が垣間見える。
  • 2018.5.28
    発売日
    2018年4月に公開されたLOVE YOURSELF起「Wonder」映像のテーマソングであり、ジョングクのソロ曲で、LOVE YOURSELFシリーズ全体の幕開けを行う。

    チェーンスモーカーズの「Closer」、「Don't Let Me Down」などをプロデュースし、2017年の米グラミーアワードで「ベストダンスレコーディング」部門を受賞したプロデューサーDJ Swivelがプロデュースした。 フューチャーベース(Future Bass)基盤のEDMポップ音楽だ。

    政局の繊細で清雅な声とともにトレンドしたサウンドが出会って恋に落ちる直前の感情を解き明かした。

    ジョングク特有の繊細なボーカルとその感性が如実に表れる曲だ。

    中毒的なリフレーンとボーカルシンス(Synth)を始め、RMが作詞に参加し、叙事的な歌詞が一つになって調和を成す。
  • 2018.5.28
    発売日
    90年代のクラシックR&Bの感性と清涼感を与える洗練されたソースが調和したエレクトロニックポップ曲である。

    中毒性のあるリフレーン、独特の構成、カタルシスが感じられるドロップなどが特徴だ。
  • 2015.5.29
    発売日
    完成度の高い曲とパフォーマンスの中に少年の初々しい感性を込めたこの絶妙な組み合わせは「SEVENTEEN」に似ている。 聞くや否や口ずさむメロディーの間に隠れている少年の愉快溌剌とした機転が中毒性を加える。
  • 2021.5.31
    発売日
    混沌の中で出会った君への愛だけは、確かだと信じる少年の「自己確信的」な愛を歌う。

    すべてがゼロの世界で、魂に穴(0)に穴があいた少年に近づいた一人(1)の少女に会った話。
  • 2021.5.31
    発売日
    凍えていた僕を溶かしてくれる魔法のような君の話を描いた。

    一度聞いても忘れられないコーラスメロディーと拍手をしながら一緒に歌える部分が目立つ、軽快で清涼な魅力の曲だ。

    特に、空から魔法が舞い散るような姿を手振りで表現した振付「Magic Moves」をはじめ、ダイナミックなパフォーマンスで視線を引く。
  • 2020.6.1
    発売日
    タイトル曲「MORE & MORE 」は愛のときめきと甘さが熟した時、相手をより渇望させる感情を込めた曲だ。 トロピカルハウスのリズムでトレンディさを倍増させた。 リフレーンには華やかなパフォーマンスに集中できるよう、楽器の音を配置した。

    MORE & MORE'ミュージックビデオは鮮やかな色彩と光を利用して魅惑的で強烈な感じをかもし出す。 童話に出てきそうな幻想的なオブジェで視覚的な楽しさを与える。 9人のメンバーは森の中の女神に変身して神秘的で夢幻的な雰囲気を極大化する。 さらに、済州島で撮影した幾何学的な水中セットの上の群舞シーンで、目が離せなくなる。
  • 2021.6.1
    発売日
    互いに取り交わす目つき、すべてをバッティングするほど強い惹かれた感情についての話だ。

    自信に満ちたMONSTA Xのエネルギーを、 そのまま伝える曲です。

    この曲の核心キーワードとなった「If you don't know, now you know」(私を知らなかったら今から知ろう)というジュホンのナレーションを皮切りに、絶え間なく没入感を与えてくれる。
  • 2018.6.2
    放送日
    デビュー10周年を迎え、これからも揺れることなく、さらに発展したシャイニーらしい音楽や姿を披露する」というメッセージを盛り込んだ。

    新しい朝を思わせる新しい音がイントロに挿入されて新鮮な感じを感じさせ、エレクトリックピアノメロディ、フューチャーベースソースのサウンド、セクションによって変わるリズムなどを通じて神秘的な雰囲気とともに緊張感を感じることができる。
  • 2020.6.2
    発売日
    メイデイとは「助けてくれ、助けてくれ」という意味を表す言葉で、この危険な愛の枠から救ってくれという意味を持っている。

    終わりが見える危険な恋をしていることは知っているが、今がとても幸せだという内容を歌詞に盛り込んでおり、「Mayday」という単語で救助信号を送りながらも、その救助を待ちたくない気持ちをいろんな歌詞で表現している。
  • 2021.6.2
    発売日
    君と僕が立っているその街角の上から始まる。

    「私たちは今どの時点に立っているのか分からないが、今この瞬間一緒にいて、数回の季節を経て一緒に走ってきたそのきれいな日々に大切さと感謝を伝える。

    そしてこれからどんな道が開かれるかは分からないが、遠くないそばで一緒に歩いていくことを歌う。
  • 2015.6.3
    発売日
    ファンキーなリズムと楽器セクションが目立つ明るい感じのダンス曲で、歌詞には愛する人と一緒の真夜中のドライブがまるで夜空で宇宙旅行をするようにわくわくして幸せな気分だという内容を盛り込んで、気持ち良いエネルギーを与えてくれる。
  • 2013.6.3
    発売日
    ダブステップとヒップホップのコラボレーションダンス曲で、野性的でパワフルなビートとサウンドが引き立ち、歌詞は洞窟の中で孤独に暮らしていたオオカミが美しい少女に出会い、愛の感情を感じる内容をウィットを交えて表現し、一味違った楽しみを与えている。
  • 2021.6.3
    発売日
    恋が始まった瞬間の初々しさとときめきを「今のGHOST9」ならではの言語で表現した曲だ。

    「愛」で定義される毎瞬間の感情を伝えながら、NOWシリーズの第2話を始める。

    ハイティーンスタイルのポップパンクジャンルで、リズミカルなギターリフのイントロからパートが転換されるたびに新鮮で清涼なリズムの変奏が日常的な歌詞と相まって、GHOST9が解釈した愛に対する共感を呼ぶ。