大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2018.12.3
    発売日
    GOT7にとって本当の奇跡の瞬間がいつなのか歌うバラード曲だ。

    「2014年1月にデビューしたGOT7にとって本当の奇跡は、冬のように寒くてつらかった時間を耐え忍んでくれたファンに会った瞬間」というメッセージを伝える。

    JYP首長のパク·ジニョンが作詞に参加し、曲に特別さを加えた。
  • 2020.12.4
    発売日
    NCTの2枚目の正規アルバムとして披露された「Make A Wish (Birthday Song)」、「90's Love」、「Work It」、「Raise The Roof」の4曲を組み合わせて作った曲で、23人のメンバーが披露する強烈なパフォーマンスと特急シナジーに出会うことができ、歌詞には全世界に広がっていくというNCTの抱負を込めた。
  • 2016.12.5
    発売日
    清涼さに情熱を加えた!

    さらに豊かで洗練された音楽を披露する!
  • 2016.12.5
    発売日
    目標のために駆けつけるときめきと、好きな異性を見たときの気持ちを「BOOM」という単語で表現した。

    SEVENTEENの情熱溢れるエネルギーを存分に感じられる曲で、 繰り返し出てくる「ブーム」が自然と脳裏に焼きついて 簡単に口ずさむことができ、以前よりさらに力強いSEVENTEENのエネルギーを感じることができる。

    特に、「迫力」と「情熱」で説明できる「ブーム」のパフォーマンスは、一つの夢に向かって進む情熱をSEVENTEENだけの明るくダイナミックなパフォーマンスで消化した。 衣装を活用した振り付けと歌詞の内容に合うセンスのある振り付けも観点ポイントの一つだ。
  • 2016.12.5
    発売日
    いつでもどこでも一緒に笑いの花を咲かせようという SEVENTEENの率直な話が込められた「笑いの花」
  • 2012.12.6
    発売日
    「クリスマスだから」は愛を告白する前のときめく心を暖かい旋律で表現した曲だ。

    しっかりしたファン層を確保している各アーティストの個性ある音楽スタイルが調和した柔らかくて甘美なボイスの調和はこの曲がより輝く理由である。
  • 2020.12.7
    放送日
    愛と憎しみのもつれを描いた曲で、より一層濃くなったTWICEの魅力を感じることができる。

    JYPエンターテインメントのトップでKポップの代表プロデューサーのパク·ジンヨンと人気シンガーソングライターのヘイズが作詞を担当し、両極端の感情が共存する瞬間を歌詞で表現した。
  • 2013.12.9
    発売日
    感性的なピアノの旋律と美しいストリングサウンドが目立つポップバラード曲で、これまで破格的でダイナミックなパフォーマンスで視線を釘付けにしてきたEXOのまた違った感性が感じられる。

    特に、歌詞には愛する人と別れた後、懐かしさが大きくなり、聞こえないという声が聞こえ、見えなかった姿が見え、世の中を彼女で満たすことができる能力が生じるが、このような能力でも彼女を二度と戻らせることができないことを残念に思う切ない心が込められ、感性をさらに刺激する。
  • 2019.12.9
    発売日
    「私に必要だったのは私というものを私の両足が行くままに歩き、夢の中で私を閉じ込めたトンネルを抜け出した瞬間降り注ぐ光が感じられる」などの歌詞でメンバーたちが感じた感情を淡々と歌う。
  • 2019.12.9
    発売日
    弾むビートとメロディーが合わさったイージーリスニング曲だ。

    Lana Del Ray、Meghan Trainorなど有名海外ポップアーティストと手掛けたDJやプロデュースデュオのSondrと意気投合し、曲の完成度を高めた。
  • 2013.12.9
    発売日
    初雪の降る冬のある日、

    1年前に送った初恋を思い出しながら、1年間の時間を戻したい気持ちを告白する美しい歌詞が印象的なアコースティックポップ曲だ。
  • 2015.12.10
    発売日
    アコースティックギターとメンバーたちのボイスがよく調和した甘美なポップバラード曲で、愛する人たちに普段は恥ずかしくて言えなかった愛表現を歌うように告白するという暖かい歌詞を盛り込んで、今年の冬最高のウィンターソングを予告する。
  • 2017.12.11
    発売日
    心を根こそぎ揺さぶった相手に向け、勇気を持って先に近づき、愛を叶えたいTWICEの心を盛り込んだ曲だ。

    「私はツウィと言う」、「私の電話番号だよ」、「変に思ってもしょうがない、惚れたから」などの唐突な歌詞が印象的な歌だ。
  • 2017.12.11
    発売日
    明るくて軽快なTWICE独自のカラーで作られたキャロル「Merry & Happy」は冬の感じを漂わせた伴奏にパク·ジニョンならではの独特で新鮮な歌詞が調和した曲だ。

    初めて恋に落ちて迎えたクリスマスの喜びを。 New yearは「Happyだよ」の歌詞で年末年始に感じられるささやかな感情をさわやかに面白く表現した。

    TWICEからのクリスマスプレゼントで、 冬の間ずっと聞ける歌だ。
  • 2020.12.11
    発売日
    メンバーのヨンフンが一つの映画からインスピレーションを受けて書いた自作曲で、デビュー曲の『すべて思い出(ReminisceaboutAll)』に続き『記憶』を盛り込んだ原位表の温かいロックバラードである。

    夢幻的な雰囲気とともに、後半に行くほど強烈な遠位(ONEWE)ならではのバンドサウンドとギターサウンドで盛り上がっていき、小説のようだった私たち2人の話を描いた。