大衆音楽 11 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2019.10.21
    発売日
    1980年代に人気を集めたニューウェーブ(New Wave)が加わったシンスポップ(Synth Pop)ジャンルの曲だ。

    私と友達にだけ許された私たちだけの特別な空間を「9と4分の3乗り場」という独特な単語で表現した。

    悲しくて涙が出る時、一緒に手を握れば特別な空間に渡ることができるという内容の歌詞は、誰もが一度は想像した厳しい現実の中で、どこかに存在する脱出口を思い浮かばせる。
  • 2019.10.21
    発売日
    「君をめぐって繰り広げられる天使と悪魔の戦い。 天使は私の中におり、悪魔も私の中にいる。

    天使と悪魔の両方の声が私の頭の中で絶え間ない戦いを繰り広げているが決着がつかない」「Angel Or Devil」は面白い歌詞と個性あるメロディーが引き立つトレンディなヒップホップジャンルの曲だ。

    中毒性のあるメロディーラインが耳を虜にする。

    下手だから、もっと痛い恋をしたことのある人なら、誰もが共感できる曲だ。
  • 2018.10.22
    発売日
    柔らかさと強烈さが共存するMONSTA X特有の色が濃く表れる曲で、「光と闇、善と悪、生と死、その境界のすべて」という今回のアルバムの世界観を代表する曲だ。

    トラップとロック、そしてメロディカルなフューチャーベースが結合されたこの曲は、印象的なフックと叙情的なリフレーンメロディー、そして劇的な構成の興奮を盛り込んでいる。
  • 2019.10.22
    発売日
    甘いが、混乱する逆説的感情を表現した。 恋をしたことのある人なら一度は経験したはずの混乱をテーマに、素敵な共感を伝える。

    君という波に打たれ自分だけの砂の城が崩れるように、僕の世界はめちゃくちゃになって無秩序になったが、それさえも待ち遠しいという歌詞のように恋に落ち、夢中になった甘さを歌う。
  • 2021.10.22
    発売日
    疾走するように強烈なシンセサウンドとギターサウンド、ツーステップリズムの調和が魅力的なロックベースの曲だ。

    SEVENTEENの深まった愛の感情線、エナジェティックなメロディー、そしてダイナミックなパフォーマンスが揃っている。

    愛する相手といつも一緒にしたい気持ちと'君'のためなら何でもできる'僕'の話を盛り込んだ歌詞は君への抑えきれない愛の心をより主体的で真摯に伝える。
  • 2017.10.23
    発売日
    国民が共感できる物語を作詞·作曲·編曲した.
  • 2017.10.23
    発売日
    誰でも共感できる歌詞とオヒョクのフィーチャリングはエピックハイの音楽とよく調和する
  • 2016.10.24
    発売日
    Deephouseビートを基盤に恋に落ちた少女の感性を表現したポップダンス曲で、感性的なメロディーと中毒的なフック、各メンバー間のキリングパートが印象的な曲だ。

    初々しい感性を表現するために自然さを極大化したスタイリングと「TT」をありのまま表現した振り付けも今回の曲で見逃せない楽しみの一つ。
  • 2018.10.24
    発売日
    オリエンタル風のトラップ曲で、多様なトーンのラッピングとボーカルが絶妙な調和を成す壮大なスケールの曲である。

    各自の宝物を探して一緒に出かけようという意味を盛り込んだ曲であるだけに、曲の展開は非常に多彩だ。 ラップとボーカルが退屈する暇もなく、お互いにやり取りしながら曲の雰囲気をリードし、フックから湧き出るエスニックなメロディーは、冒険に出る彼らの旅路を連想させる。
  • 2018.10.24
    発売日
    舟歌を連想させるようなフックが印象的なトラップスタイルの曲だ。

    心臓を打つようなビートと刺激的なシンスサウンド、雄大なブラスはまるで海賊王の登場を表しているかのように強烈な印象を残す。

    絶え間ない強烈さに魅力を感じる時に反転するコーラスは、曲の魅力にさらに魅了させる。

    もっと大きな世界に向けたATEEZ(エイティーズ)の抱負が込められている。
  • 2019.10.25
    発売日
    「LION」は、(女の子)子供たちのソヨンとビク·サンチョが意気投合した曲で、強烈で勇壮なドラムと808ベースサウンドが印象的で、特定ジャンルや枠にとらわれない2人の作曲家特有の感覚で完成した曲だ。

    「Queen」としての生まれつきの品格とカリスマを獅子に例えた歌詞は悽絶で冷静だが、一方では美しくて強靭で神聖だ。

    特に、王座を獲得し守るためのあらゆる戦いと忍耐、そして傷がそのまま歌詞として刻まれている。
  • 2019.10.25
    発売日
    出会いはいつも別れと共にあり、別れもまた別の出会いを伴う。

    それで今の別れは悲しいが、思い出を養分に受け入れて進まなければならない。

    「私たちは結局また会う運命だった」という宇宙を渡るだけの長い時間と遠い道のりを回っても

    結局、運命のように会うその日を待ちながら、別れを淡々と毅然と表現した曲だ。

    雄大な雰囲気と繊細な旋律が共存する多彩な編曲の中にMAMAMOOだけのパフォーマンスと舞台演出で完成度が加わり、圧倒感が感じられる。
  • 2020.10.26
    発売日
    善と悪の岐路で葛藤し、本人さえ自らをコントロールしにくくなる気持ちを盛り込んだ歌だ。

    欧州エレクトロニックサウンドと米国80年代の「シンスサウンド」を合わせたシンスウェーブジャンルで、中毒性のあるメロディーが特徴だ。
  • 2020.10.26
    発売日
    甘美でありながら活気に満ちたエネルギーが感じられるディスコジャンルのダンス曲である。

    キャッチーなシンスサウンド、リズミカルなギターとベースが作り出したダンサブルなトラックの上に明るく楽しい雰囲気のメロディー、

    5人のメンバーの少年美溢れるボーカルが載せられ、「TOMORROW X TOGETHER」ならではのディスコが完成した。

    5時53分の空を見ながら、見慣れたように不慣れな世界を経験し、恐怖と美しさを同時に感じる少年たちの複雑な感情が盛り込まれている。

    ここでの5時53分は、今回のアルバムが発売される10月の日没であり、空が最も美しい時間である。

    しかしこれと同時に、影がたちまち濃くなって目の前にいる存在を見分けにくい「犬とオオカミの時間」でもある。

    日が暮れて影がさすと、目の前にいた友達が本当に私の友達かどうかわからない状況にさびしさを感じるが、こんな瞬間にも少年たちはお互いに同じ気持ちであってほしいだけだ。
  • 2020.10.26
    発売日
    「コロナ19」パンデミックによって全く違う世界を経験している10代の物語を表現した。

    運動場で楽しく遊び、教室でイヤホンを交わしながら音楽を聞くなど極めて平凡だったが、今は忘れてしまった日常のことを歌う。

    おぼろげで清涼感のあるダンスホール(Dancehall)ジャンルで、キャッチーなフロック(Pluck)とギターサウンドが曲の魅力を引き立てる。

    当然と思っていた日常が消えた後、押し寄せてくる不安感とこの状況をどう受け止めればいいのか分からず混乱している内容の歌詞が、聞く人たちの共感を呼ぶ。

    イギリスのポップアーティストCharliXCXが曲作業全般に参加し、さらに関心を集める。