大衆音楽 2 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2021.7.11
    発売日
    シャッフル·リズムに組み込まれた重厚で鋭いドラムと,ベース音符ごとに切なさが染み出てこぼれるシンディサイザー

    表面張力をかろうじて保ちながらうねるギターサウンド。

    このすべてが「愛」という渇きに渇いた少年たちの切実な声と混ざり、息をする暇もなくスピーカーからあふれ出る。
  • 2020.7.13
    発売日
    自分の選択で疲れて座り込んでいる少女の目の前に現れた謝罪、この謝罪を通じて他に道があることを知った少女が自分を導く誘惑の声に内面の葛藤を経験しながら揺れる姿を歌詞に盛り込んだ。

    特に'魔女'という単語を使ってただ誘惑に搖れるだけの姿ではなく欲望に率直で堂々とした女性の姿を表現した。

    以前のアルバムで見せてくれたガールフレンド特有のおぼろげな情緒と激情的なメロディーを完全に排除し、レトロが加味されたトレンディなリードサウンドを基盤に簡単に付いて歌えるほど中毒性のあるメロディーが加わった。

    歌全体を包み込む夢幻的な雰囲気と航海中の船員たちを誘惑するセイレンの歌声を連想させるボーカル·トップはこの曲の鑑賞ポイントだ。
  • 2020.7.13
    発売日
    「10億ビュー(Feat.MOON)」はファンキーなギターサウンドとディスコリズムが引き立つヒップホップ曲だ。

    歌詞には愛する恋人に会いたい気持ちを、動画を繰り返し再生する姿に例えており、セフン&チャニョルのメロディカルなラッピングとMOONのソウルフルなボーカルが調和して耳を虜にする。
  • 2015.7.13
    発売日
    気の利いた歌詞と独特のサウンドが目立つ米国南部の「SouthernHiphop」リズムにポップメロディーを結合させた曲で、中毒性のあるリフレーンが印象的な曲だ。

    いつも心配性のGFRIENDに「今のように、望むことはないから、お前は何も変えるな」と自信を吹き込む男の話をマーク、ジャクソン、ベンベンの華麗なラップと清涼感あふれるジュニア、JBのボイス、そしてユギョム、ヨンジェの甘いボーカルで曲の雰囲気をさらに楽しくしてくれる。
  • 2018.7.16
    発売日
    誰かを好きな感情を何にも表現できないほど大好きで「どうしよう」という言葉しか出ない心と共にさわやかな感情を表現した曲だ。

    また、軽快なスイングリズムとアーバンソウルをベースにしたメロディーはSEVENTEENだけが表現するきれいな歌詞と調和して一層洗練されて爽やかな雰囲気を醸し出している。
  • 2018.7.16
    発売日
    爽やかなモダンロックをベースにしたポップジャンル曲の「Holiday」は軽快ながらもSEVENTEENならではの溌剌としたエネルギーが引き立つ曲で積極的な感情表現とストレートな歌詞が目立つ。

    トレンディで感覚的に表現した「Holiday」は気持ち良い夏の爽快さをプレゼントする曲である。
  • 2018.7.16
    発売日
    情熱的な夏のイメージが浮かぶラテンギターリフが印象的なレゲトンジャンルの曲で、叙情的で強烈なボーカルの一層豊かになったMAMAMOOのダイナミックな表現力が引き立って見える。

    「私はいつもあなたのことを思っているけど、あなたはいつもあなたのことばかり思っている」という歌詞のように、わがままで自分のことを先に考える利己的な恋人に堂々と忠告する曲だ。
  • 2021.7.16
    発売日
    僕たちの歌と皆さんの思い出が続いた日々。

    また一緒に過ごす思い出ができました。

    どこかでこの歌で結ばれたあなたに

    いい人だと言ってあげたいです。
  • 2017.7.18
    発売日
    英米の子供たちのリズム遊び「Down Down Baby」からモチーフを得て誕生した今回のタイトル曲「Ko Ko Bop」はリズミカルなレゲエギターと重みのあるベースサウンドが魅力的なエネジェティックなレゲエポップ曲だ。

    メンバーのチェン、チャニョル、ベッキョンが作詞に参加、「避けられない運命的な戦争を控えた夜、恥ずかしがらずにリズムに従って踊って最後のこの夜を一緒に過ごそう」という内容の歌詞が目立つ。

    また、曲名「Ko Ko Bop」は面白い発音を持つ「Ko Ko」と音楽に合わせて踊る踊りを意味する「Bop」が組み合わさった単語で、リズムに合わせて楽しく踊るという意味を付与し注目を集めている。
  • 2017.7.18
    放送日
    エレクトロポップジャンルの曲で、EXOの新しい世界観が始まる戦争の幕開けを知らせる曲であり、清涼な雰囲気が際立つ'What U do?'は愛する人への気持ちを率直に表現した歌詞が印象的である。
  • 2018.7.19
    発売日
    爽やかなエレキギターサウンドで始まる「夏の夏の日(Sunny Summer)」は少女たちが感じる夏の夜のときめきが込められた爽やかなポップダンス曲だ。

    ガールフレンド特有の爽やかなボーカルとファンキーなリズムが調和して、聞く人たちに涼しい海辺に来ているような感じを与える。
  • 2021.7.22
    発売日
    疲れた体を引きずって、海であれ山であれ山であれ、離れて休息とエネルギーを得ても、その小さな贅沢も許されないが、私たち何でもやってみよう。

    そんな想像の中へ旅立ったらどうだ. 海辺?それとも川辺? 山が好き?そこでマスクを脱いでおいしいものを食べながら一緒に笑ってみるのはどう? 行ってみよう。いいじゃないか。 気分でも良くなるんじゃないかな? イヤホンをして一緒に出かけよう。

    ボーカル「キム·シンウィ」が提示する3分30秒の慰め。刹那にとても小さな休息や慰めになることを願って。
  • 2015.7.23
    発売日
    少女たちのはにかむような告白を盛り込んだ楽しいダンス曲「今日から私たちは」は「ガラス玉」で「ガールフレンド」と最高の呼吸を誇った作曲チーム「イギ」、「ヨンベ」がもう一度「ガールフレンド」のために心血を注いで準備した曲だ。

    スウィングがたっぷり入ったバウンスリズムの上に誰もが付いて歌える簡単なリフレーンが特徴で、はにかむようなイントロに続いて反転するロッキングな間奏が「GFRIEND(ガールフレンド)」特有の健康で生き生きした感じを極大化させてくれる。

    スキャットのように聞こえるHook部分の歌詞「Me gustustu 」は「あなたが好きです。「」という意味のスペイン語で歌を聞く楽しさを加える。

    ファンキーなシンセサイザーとギター,ムーグベースの動きが見せてくれるあふれる興に,体がひとりでに動くだろう
  • 2019.7.24
    発売日
    グルービーなシンスサウンドが魅力的なシンスポップジャンルだ。 多彩な楽器構成で作り出すミニマルなトラックが目立つこの曲は、五感の視覚に焦点を合わせて話を展開しながら、曲の洗練さをいっそう引き上げた。 恋に落ちる美しい瞬間、私が見つめる世界はすべて光に染まっていくというときめきに満ちた話が込められている。

    プロモーションビデオでは、MAMAMOOのメンバーらが、メガネやサングラスをかけ、いたずらをしながら明るく笑う姿が目白押しだ。 また、ジュークボックスという独特な小物とイメージ空間でニュートロな感じを強調し、キラキラ輝くメンバーの多彩なイメージをアピールする。
  • 2019.7.26
    発売日
    ユニークでシンプルなシンスとビートが率いるミニマルな構成のアーバンポップジャンル曲で、NCT DREAMと共に夢に向かって進もうというメッセージを自信に満ちたアティチュードで表現した歌詞が印象的だ。