大衆音楽 3 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2020.8.21
    発売日
    2003年にリリースされたBoAの正規3集アルバム収録曲で、BoAのエネルギッシュなボーカルと爽やかなバンドサウンドが調和した「ボア印」サマーソングとして大きな人気を集め、原曲を手掛けたヒットメーカーのKENZIEが自ら編曲を担当し、さわやかな雰囲気のジャズポップとして再誕生させただけにさらに期待感を高めている。

    今回の曲はRed Velvetの5人のメンバーが調和したボーカルが際立つ華やかなアカペラとジャズスキャットが調和して原曲に豊かさを加え、「サマークイーン」Red Velvetの愛らしくて清涼な音楽感性に触れることができるので世界のファンの熱い関心が期待される。
  • 2021.8.23
    発売日
    noiseを持った「やかまし屋」と歌う「やかまし屋」という二重的な意味を一つの単語にして、他の人々がやかましやかましやかましやかましやかましやかましやかましやかましやかましや、言うべきことは言い、主体を守るというメッセージを表現した。

    小言を絶え間なく言う「やかまし屋」たちと、これに屈せず言いたいことは言い、最後まで私たちだけの音楽をするという堂々たる「やかまし屋」Stray Kidsの姿が対比される。

    壮大なメロディーに伝統国楽の華やかで多様な音を加え、聞く楽しさを高め、「ゴロゴロ」「パンパン」など合いの手がStray Kidsならではの興の頂点を完成させる。
  • 2021.8.23
    発売日
    Glitchhopとミッドテンポジャンルの要素を加味した曲で、ユニークで中毒性の強いイントロシグネチャーサウンドとTextureサウンドが引き立つ曲だ。
  • 2020.8.24
    発売日
    'Dynamite'は明るくて軽快な雰囲気のディスコポップジャンルで、'大変な状況だがそれぞれできることをしよう。 踊りと歌を通じて自由と幸せを見つけよう」というメッセージを込めた。

    コロナ19が引き起こした無力感と虚脱感に打ち勝つ「突破口」として防弾少年団はデビュー以来初めて英語で曲をこなす新たな挑戦に乗り出した。 中毒性の強い楽しいリズムに、愉快でダイナミックなパフォーマンスを加えた<Dynamite>の振り付けは、曲の雰囲気とマッチする洗練されて軽快な印象を与える。

    「Dynamite」はアルバムを出すたびに自分たちの話で世界中の人々から共感を引き出す防弾少年団(BTS)がみんなに贈る「ヒーリングソング」だ。
  • 2018.8.24
    発売日
    SAVE ME の筆記体を逆にしたときに I'MFINE が現れることに着目し、実際にSAVE ME のメインテーマを逆にリバース(REVERSE)させた後に出たテーマをサンプリングして作った。

    SAVE MEの歌詞の一部を借用して意味を覆した歌詞が含まれており、BTSの叙事に従ってきたファンとしては感動を倍に感じることができる。

    これまでBTSが試みたことのない英国エレクトロミュージックの代表ジャンルであるブレイクビート(BREAKBEAT)基盤のドラムアンドベースジャンルの曲だ。 ドラム·アンド·ベース特有のダイナミックでスピード感のあるビット感は,リスナーを興奮させる
  • 2018.8.24
    発売日
    ポップロックジャンルでボーカルラインの最後の∞を象徴するJINのソロ曲だ。

    起承転結をそれぞれ代表する「Euphoria」、「Serendipity」、「Singularity」、そして「Epiphany」まで、ボーカルラインの感性を一つにつなげている。

    ジンのボーカルは「LOVE YOURSELF」シリーズの最後であると同時にもう一つの始まりであるAnswer、まさに「LOVE MYSELF」のすべての秘密を解く鍵を提供する。
  • 2018.8.24
    発売日
    「Trivia転任」「Seesaw」は、シンスポップ(Synth Pop)とディスコパンク(Disco-Funk)ジャンルが組み合わさったシュガーのソロ曲だがある.

    愛の幸せと痛みを「上がったり下がったりするシーソー」に喩えた歌詞内容をはじめ、アナログシンディサイダー、ボコーダーなどのサウンドがシュガーのラップと出会ってさらに心の片隅に触れる歌を完成した.

    特に、コーラスパートでシュガーがメロディカルな歌を演じ、これまで知らなかったシュガーの新しい魅力も感じることができる。
  • 2018.8.24
    発売日
    愛が始まる時に感じるときめきをRMの方式通りに表現した曲だ。

    LAで直接録音したブラスセッションとピアノが主軸になったヒップホップ曲である。

    恋を始めながら感じるときめきと幸せな良い感じを「愛」というストレートな歌詞で表現しており、曲のブリッジ部分では幸せの片隅に感じられる心配と不安が一緒に込められている。

    「愛、愛、愛、愛」「人、人、人、人」「自慢自慢」といった歌詞部分は中毒性が濃いだけでなく、この曲のムードとストーリーをすべて見せてくれる。
  • 2018.8.24
    発売日
    ジェイホープのミックステープ収録曲「Hope World」、「Daydream」などのヒップホップハウスのリズムが ハイブリッドされたジェイホープのソロ曲だ。

    もう一度ジェイホープだけの音楽的カラーを確認できる「ツーステップリズム」をベースにした「フューチャーハウス(FutureHouse)」ジャンルの曲だ。 各パートごとにリズム形態が多様に変わりながら、ジェイホープ特有のウィットあふれるラップと歌を楽しむことができる。

    恋が始まりつつある初々しい感情を踊りになぞらえ、踊りを始めてから感じた愛と踊りを一緒に踊っていた異性へのときめきが込められている。
  • 2020.8.24
    発売日
    自分たちの限界を試すかのように激しいパワーで武装したUrban-HipHopジャンルのトラックだ。

    緊張をほぐすことのできないダイナミックなメロディーラインが印象的で、熱い夏に立ち向かうメンバーたちの力強いメッセージも込められている。

    定められたルールを破って世の中に出たクラビティが以前よりはるかに自由を感じ、ついに自分たちの限界まで打ち破ろうとする。

    パワフルな質感が引き立つサウンドを含むメンバーたちの強烈なボーカルとラップライン、そしてさらに成熟して進化したクラビティメンバーたちのチームワークが期待される曲だ。
  • 2020.8.24
    発売日
    ヌーディスコとエレクトロPopのハイブリッドジャンルにヌーパンク(Ghetto Funk)が目立つ独特な曲で、楽しいグルーブでリスナーの即時的な関心を虜にする。

    クラビティのボーカルが曲の雰囲気に完璧に溶け込んで新鮮ながらも慣れたようで、記憶に強烈に残る曲だ。
  • 2021.8.25
    発売日
    ソウルフルなメロディーとラップボーカルが歌全般をタイトにリードしながらも調和をなしてダイナミックで力強い曲を完成した。

    新しい時代を切り開いた未来少年、馴染みのない美しい世界の中で初めて出会った海へのときめきと波の中で、怖がらずに引き続き進んでいくという彼らの話を盛り込んだ曲だ。
  • 2020.8.26
    発売日
    「言葉」には大きな力があり、どのように話すかによって誰かの人生に光を当てることもできるし、また、反対に誰かの人生を病んでしまうこともある。

    「GUNSHOT」は言葉が持つ力がどれだけ大きいかに対する深いメッセージをKARDならではのスタイルで表現した曲である。
  • 2019.8.27
    発売日
    ハウスとフューチャートラップが融合したEDMジャンルの曲。飛翔を夢見るX1の誕生と抱負を伝え、各メンバーの個性と多彩な音色を披露する構成、華やかなパフォーマンスのためのシーン転換が引き立つ。
  • 2020.8.28
    発売日
    BLACKPINKとポップスターのセレナ·ゴメスがコラボした蒸し暑い夏によく似合う軽快で清涼なサウンドが目立つダンスポップ曲だ。

    表向きは冷たく見えるが、実は甘いという意味をアイスクリームに喩えたユニークな歌詞が目立つ。

    BLACKPINKのメインプロデューサーTEDDYと世界的なプロデューサー軍団Tommy Brown、Mr. Franks、24がコラボした「Ice Cream」は、セレナ·ゴメスとBLACKPINKそれぞれの色と個性がマッチした面白い曲だ。