大衆音楽 4 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2021.8.31
    発売日
    「あなたへ…」という副題には、「私たちの間をさまたげている邪魔物を乗り越え、MCNDのファンを愛称するGEMに近づいていく」という意志が込められている。

    エネルギーあふれる力強いビートにグルーブ感あふれる編曲と多彩なスタイルを作り出したラッピングの調和が面白いHip Hopダンス曲だ。
  • 2019.9.1
    発売日
    SNSを通じて別れた恋人の日課をこっそり見て、毎日懐かしむ心の悩みを現実的に表現した曲だ。

    重厚なドラムに淡白なピアノ、節制されたギター演奏、哀切なボーカルの旋律がシャッフルリズムと調和して完成された。
  • 2020.9.1
    発売日
    猛獣のうなる音を思わせるシンセサイザーと、ディストーションされた強烈な808ベースで、東洋的なテーマを独特に表現したダンス曲だ。

    「みんなに隠された内面の野獣性を引き出し、当面の困難なことを乗り越えよう」というメッセージを溶かした歌詞とトラの動きを形象化した振り付けがうまく調和している。

    「私たちは皆特別な存在として各自の力を持っており、私たちが経験している困難を一つになった力で共に克服していこう」という「SuperOne」プロジェクトのメッセージを引き継ぐものと見られる。
  • 2020.9.1
    発売日
    華やかな管弦楽サウンドとDeep houseベースが印象的な曲でアルペジオ技法で表現したシンセサイザーサウンドに「Lovelyzらしさ」を盛り込んだ。

    急激に吹き荒れる感じに抑えられたが、豊かなサウンドで聞く人の耳を一気に魅了してくれる。

    また、これまでLovelyzと数多くの呼吸を合わせてきた'Razer'の新しいプロデュースチームである"Stardust"が参加し、この曲を通じて新しいLovelyzの色を披露する予定だ。

    悲しい記憶を忘れさせる呪文「Obliviate」という表現を使って切ない気持ちを込めた歌詞は、作詞にLovelyzのメンバーリュ·スジョンが参加しアーティストに成長した姿を見せてくれた。
  • 2020.9.2
    発売日
    「未来に対する好奇心」というテーマを投げながらCLCだけの旅路を描き出したこの曲は、新しいところへの無限の好奇心と自分に対する果てしない質問を投げかけている。

    未来に対する漠然とした不安を「挑戦」という二つの文字で躊躇なく乗り越えようとするCLCの自信を離陸させるHELICOPTERになぞらえて表現した。
  • 2021.9.2
    発売日
    私たちは一緒だったし、またいつも一緒であるはずだから、あなたがつらい時はいつも駆け付けたいという気持ちを盛り込んだ曲だ。

    強烈なビートと夢幻的なシンセサウンド·ドラマチックな曲の展開が特徴である。

    荒っぽいが繊細な感情を表現したエースのボーカルは、この曲のもう一つの鑑賞ポイントだ。
  • 2017.9.5
    発売日
    ダイナミックなシンセサイザーサウンドとドラムビートから感じられる強いエネルギー、中毒性のあるリフレーンが特徴のEDM曲で、音楽を通じて一つになることでさらに強くなれるというメッセージを盛り込んだ歌詞が目を引く。
  • 2018.9.5
    発売日
    すでにすべてを知っているある少年の視点で書かれた歌詞が印象的な曲で、ザ·ボーイズならではの率直で堂々とした自信を表現した。
  • 2021.9.6
    発売日
    固定観念の中で、私たちの色を一つだけに決めず、私たちには多様な色と本質があるということを「色眼鏡」で多くの人に知らせよう。

    「色眼鏡をかけて見ないでください」というサビでのフレーズは、表面の姿だけで判断せず、純粋に見てほしいという少女の気持ちを込めており、これはSTAYさんだけでなくみんなの願いではないでしょうか?
  • 2016.9.7
    発売日
    ゲーム機サウンドを連想させるレトロな8ビートサウンドソースラインが目立つ爽やかではつらつとした新スパップ曲で、愛する人の心をつかむための過程をロシアンルーレットゲームになぞらえて表現した歌詞が印象的で、「Heart B-Beat」という面白くて中毒的なフック曲の魅力を倍増させる。
  • 2015.9.7
    発売日
    メンバーの男性美と機転で武装したヒップホップ·トラック 「他の男に目を向けず、速やかに出て恋愛を始めよう」という一人の女に対する大胆でありながらも覇気に満ちたテーマが印象的だ。

    「鉄のカバンを持って私に来てブルンブルン。私に来て迅速にブルンブルン」などの歌詞は、曲のダイナミックな面白さを与えてくれる。

    特に'ジュホン'と'アイエム'が主導する鋭いフローの上に攻撃的かつ端正に製錬されたハーモニーが引き立つ。 RAWなヒップホップとロマンチックなR&Bスタイルが調和し、彼らだけのスタイルを構築した。
  • 2015.9.7
    発売日
    タイトなメンバーのラップとボーカルラインのロマンチックなハーモニーは、完成したチームワークを見せてくれる。
  • 2015.9.9
    発売日
    中毒的なフックと808ベースドラム、グルービービートが印象的なアップテンポのポップダンス曲で、Red Velvetメンバーのパワフルなボーカルとラップが調和してダイナミックな魅力が感じられる。

    SHINeeのヒット曲「View」、「Married To The Music」を作曲したイギリスの作曲家チームLDN Noiseが参加して完成度を高め、好きな人の前ではすべてが不自然に変わってしまう少女の可愛い心を込めて聞く楽しさが増す。
  • 2018.9.10
    発売日
    黒い空を彩る花火として記憶される少女たちの思い出を盛り込んだ曲だ。

    Oh My Girlの前作「秘密の庭園」を手がけた作曲家スティーヴンリーとシャイニー、BoA、少女時代の曲を手がけたスウェーデンのヒット作曲家キャロライン·ガスタブソンがもう一度完成させた曲だ。

    少女たちが大事にしていた記憶を幸せ、ときめき、切なさ、待つことなど多様な感情で表現しており、ダイナミックで美しいメロディーが印象的だ。

    また、シンセサイザーサウンドとアコースティックアンプラグド楽器のバランスがOH MY GIRLの感性的なボーカルと調和してダイナミックでユニバーサルな色で表現し注目を集めている。
  • 2015.9.10
    発売日
    「ウジ」の作詞·作曲で完成した曲で、力強いベースリフと独特の曲の構成、編曲が印象的な曲である。

    ボーカルユニットの優れた歌唱力とヒップホップユニットのラップ、そしてパフォーマンスユニットのリーダー「ホシ」の振り付けまで加わり、13人が持つ愉快さと力が同時に感じられる曲に仕上がった。

    ちょっと少女よ!と叫んでいても、「君という花が咲きました」と独り言をはにかむようにつぶやく展開が興味深い曲「万歳」は「セブンティーン」が表現しようとする少年の愛を、機転のきいた感性で表現した。