大衆音楽 5 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2020.9.10
    発売日
    弾むレトロサウンドが魅力的な曲だ。 世の中が定めた基準はなく、他人が見つめる「私」の姿と自分が見つめる「私」の姿が違っても変わることのない本来の「私」を尊重し、大切に生きるという意味が込められている。 自分自身を愛し、大切にすることそのものが「私」のためのものだということを、MAMAMOOの力強い明るい声がもう一度想起させる。

    ミュージックビデオでは明らかに対比されるビビッドな色感とMAMAMOOメンバーたちの堂々としたエティチュード、そして健康な魅力をさらに引き立たせるアスレジャールックが出会い、一本のファッションフィルムを連想させる。 ミニマルなセットと照明、その中の群舞などがトレンディな感性をさらに濃くする。
  • 2018.9.10
    発売日
    叙情的なアルペジオリフから始まる清涼なトロピカルハウスジャンルをベースにしたR&B曲で、弾けるようなグルービーなビートの上にシャイニーの精巧なハーモニーと感性豊かなボイスが調和し、耳を魅了する。 歌詞には数字(1、2、3、4ワン、ツー、スリー、フォー)とハングル(カ、ナ、ダ、ラ)をあいうえお作文のように表現し、恋人を「単語、文章、言語」に次第になぞらえて表現したサビが聞き応えを増す。
  • 2018.9.10
    発売日
    叙情的な雰囲気のミディアムテンポR&B曲で、深い響きを与えるエレクトリックピアノの旋律と希望的な雰囲気に変化するリズム、余韻を残す後半部のチャントが調和して耳を魅了し、SHINeeのメンバーたちがジョンヒョンに対する気持ちを込めて作詞に参加、「最後まで一緒に満たしていく」というメッセージを淡々とした率直な歌唱で表現して感動を加える。
  • 2013.9.11
    発売日
    初のミニアルバム [O!]RUL8、2?] 収録曲。
  • 2013.9.11
    発売日
    初のミニアルバム [O!]RUL8、2?] 収録曲。
  • 2013.9.11
    発売日
    初のミニアルバム [O!]RUL8、2?] 収録曲。
  • 2013.9.11
    発売日
    初のミニアルバム [O!]RUL8、2?] 収録曲。
  • 2013.9.11
    発売日
    初のミニアルバム [O!]RUL8、2?] 収録曲。
  • 2013.9.11
    発売日
    初のミニアルバム [O!]RUL8、2?] 収録曲。
  • 2013.9.11
    発売日
    初のミニアルバム [O!]RUL8、2?] 収録曲。
  • 2013.9.11
    発売日
    プロモーションビデオには、抑圧から脱し、真の幸せを求めていく人たちの姿が盛り込まれている。 SF映画に出てきそうな未来的な教室。 思考をコントロールし,個性を無視した囚人服のような衣装を着なければならない. BTSは千篇一律の考え方を注入する勢力に対抗して脱出を敢行する。 硬い地面を突き抜けた巨大な指が置かれた砂漠セットは、脱出に向けたもがきを象徴する。 BTSは、"N.O"の振り付けにもこのようなメッセージを入れ、物語のあるパフォーマンスを完成させた。 デモ鎮圧隊を連想させるダンサーたちと対立しながら繰り広げられるパフォーマンスは多くの見どころを提供する。 また、「N.O.」の壮大なストリングを生かすために30人ほどのオーケストラ団員が直接撮影現場を訪れ、生き生きとしたライブ演奏を繰り広げた。 彼らとBTSが一緒にするシーンはミュージックビデオの名場面に選ばれる。
  • 2013.9.11
    発売日
    誰も私の人生を代わりに生きてくれることはできず、これ以上夢を延ばすこともできない。

    結局、今この時刻、私が望む人生を生きるのが真の幸せだ。

    BTSは[O!]RUL8.2?] (Oh! 「Are You Late, Too?」を通じて、「これ以上遅れる前に自分の幸せと人生を探さなければならない」というメッセージを伝える。

    現実を赤裸々に暴く「石直球」の歌詞を通じて不幸を強要する世の中に厳しい忠告を加える。

    未来のことを考える時間もなく、ただ勉強する機械に育てられた生徒たち。 同級生とは友情を交わす仲ではなく、踏んで上がらなければならないライバルと思う現実。 BTSはこのように索漠とした人生が10代に残した傷と不幸を歌う。
  • 2021.9.13
    発売日
    分からない強力な対象に対する惹かれ方、混乱によっても止まることのできない渇き、渇望に対する話が盛り込まれている。

    一方のミステリー小説を読んだような緊張感と快感を与えると同時に、じっくり燃え上がる青い炎のように非現実的な感性を感じさせる。
  • 2020.9.14
    発売日
    関係者以外の出入り禁止空間に入ったようなスリルで、グローバルKポップファンの好みを狙撃する。

    フェスティバルの雰囲気を盛り上げるため、アコースティックやシンスなど多彩な楽器を活用し、曲の合間に独特な音楽装置を設置して一層華やかに展開される。

    グループ特有のストリートの雰囲気と遊び心が感じられるパフォーマンスも注目に値する。

    第1節の歌詞「エゴギヨチャ」とマッチする綱引きダンスとリフレーン「関係者以外立ち入り禁止」というフレーズのパワフルなダンス動作は視線を一気に捕らえる。 また、カンガンスルレ遊びを思わせる振り付けで、グローバルファンらが簡単かつ楽しくまねできるよう構成した。 伝統韓服を現代的にアレンジした衣装は、魅惑的な東洋美を漂わせて見る楽しさを倍増させた。

    MVにも多くの人々と一緒になって楽しく踊るバンチャン、リノ、チャンビン、ヒョンジン、ハン、フィリックス、スンミン、アイエンの姿が盛り込まれて、見る人のテンションまで押し上げる。 また、ロボットアーム、MCC(Motion Control Camera)など特撮装備を使って時空間を自由自在に移動し、差別化した場面を演出した。
  • 2019.9.16
    発売日
    重厚なベースサウンドとメンバーたちのボーカルが調和を成すR&Bジャンルの曲で「誰でも感じられる恐怖」という感情を毒で表現、「私の毒が愛する人にも広がるのではないかと心配で親しめることができない」という悲劇的な内容となっている。 また、完璧な緩急調節のパフォーマンスが加わり、SEVENTEENならではの致命的で節制されたセクシーさが際立つ。