大衆音楽 6 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2014.8.20
    発売日
    デートを控え、ときめきを表現したアーバン(Urban)ヒップホップ曲。

    「最近私はSunday君という日が出たSunday」「君との初デート、しきりに子供のようにときめく」という歌詞を通じて初々しい愛の感性を伝える。

    清涼感のあるメロディーは少年のはにかむ気持ちをよりよく表現している。
  • 2014.8.20
    発売日
    「ピ」というテーマとジャズサウンドが調和した感性ヒップホップ曲

    BTSは練習生時代の記憶を音楽で語った。

    理由の分からない憂鬱さと息苦しさが押し寄せてくる日、傘もささずに雨の降る街を歩きながら向き合った風景と感情の短編を歌詞で書いた。

    穏やかに聞こえるジャズピアノとコントラバスの演奏が曲の寂しさを増す。
  • 2014.8.20
    発売日
    恋を始めたばかりの男のときめきから思い通りにならない恋に対する怒りまで。 恋の始まりと終わりで感じる感情を一つのトラックに盛り込んだ。

    BTSのリーダー、ラップモンスター(Rap Monster)は、約3分のイントロトラックを一人で担当し、非の打ち所のないラッピングを披露する。

    64節の長いビートを消化しながら、たった1秒の退屈さも許さない。
  • 2014.8.20
    発売日
    「BTS」シュガーの自作曲。 ボーカル·ディレクティングから全体プロデュースまでシュガが直接総括した。

    PBR&Bジャンルであるこの歌は、夢幻的な感性と立体的なサウンドを感じることができるという点で特別だ。

    Vの中低音ボイスは曲の夢幻的な雰囲気を存分に生かしてくれる。

    別れの後も彼女のそばを離れない気持ちを空虚に表現した。
  • 2014.8.20
    発売日
    フルアルバム「DARK & WILD」のタイトル曲。

    2000年代初めに流行したクラブチューン(Club tune)ヒップホップグルーブとパンクロックギターを結合したハイブリッドヒップホップ曲だ。

    特にポップスター、シャキーラのライブバンドでギターを担当しているグレコ·ブラット(Grecco Burratto)が「Danger」のセッションで参加し、レベルの高いサウンドを作り出した。

    BTSは米国で録音を進め、現地のヒップホップの雰囲気を生かすことに重点を置いた。
  • 2018.8.20
    発売日
    ハイエナジージャンルの曲で12人集まったときの心地よいエナジーを発散する。

    愛しているが跳ねたくなる感情をメンバーだけのキャラクターを通じて歌詞に盛り込んだ。

    ヒジンは「私の愛を簡単に与えたくない」と話し、ヒョンジンは「私はきれいな子だから」、チェリは「駆け引きではないが、男の杯に用心」と少女たちの感情表現を率直に打ち明ける。

    疾走するように速いbpmにあふれ出るメロディーと華やかなトラック構成は、息をする暇もなく音楽に集中させる。
  • 2020.8.21
    発売日
    2003年にリリースされたBoAの正規3集アルバム収録曲で、BoAのエネルギッシュなボーカルと爽やかなバンドサウンドが調和した「ボア印」サマーソングとして大きな人気を集め、原曲を手掛けたヒットメーカーのKENZIEが自ら編曲を担当し、さわやかな雰囲気のジャズポップとして再誕生させただけにさらに期待感を高めている。

    今回の曲はRed Velvetの5人のメンバーが調和したボーカルが際立つ華やかなアカペラとジャズスキャットが調和して原曲に豊かさを加え、「サマークイーン」Red Velvetの愛らしくて清涼な音楽感性に触れることができるので世界のファンの熱い関心が期待される。
  • 2021.8.23
    発売日
    noiseを持った「やかまし屋」と歌う「やかまし屋」という二重的な意味を一つの単語にして、他の人々がやかましやかましやかましやかましやかましやかましやかましやかましやかましや、言うべきことは言い、主体を守るというメッセージを表現した。

    小言を絶え間なく言う「やかまし屋」たちと、これに屈せず言いたいことは言い、最後まで私たちだけの音楽をするという堂々たる「やかまし屋」Stray Kidsの姿が対比される。

    壮大なメロディーに伝統国楽の華やかで多様な音を加え、聞く楽しさを高め、「ゴロゴロ」「パンパン」など合いの手がStray Kidsならではの興の頂点を完成させる。
  • 2021.8.23
    発売日
    Glitchhopとミッドテンポジャンルの要素を加味した曲で、ユニークで中毒性の強いイントロシグネチャーサウンドとTextureサウンドが引き立つ曲だ。
  • 2020.8.24
    発売日
    'Dynamite'は明るくて軽快な雰囲気のディスコポップジャンルで、'大変な状況だがそれぞれできることをしよう。 踊りと歌を通じて自由と幸せを見つけよう」というメッセージを込めた。

    コロナ19が引き起こした無力感と虚脱感に打ち勝つ「突破口」として防弾少年団はデビュー以来初めて英語で曲をこなす新たな挑戦に乗り出した。 中毒性の強い楽しいリズムに、愉快でダイナミックなパフォーマンスを加えた<Dynamite>の振り付けは、曲の雰囲気とマッチする洗練されて軽快な印象を与える。

    「Dynamite」はアルバムを出すたびに自分たちの話で世界中の人々から共感を引き出す防弾少年団(BTS)がみんなに贈る「ヒーリングソング」だ。
  • 2018.8.24
    発売日
    SAVE ME の筆記体を逆にしたときに I'MFINE が現れることに着目し、実際にSAVE ME のメインテーマを逆にリバース(REVERSE)させた後に出たテーマをサンプリングして作った。

    SAVE MEの歌詞の一部を借用して意味を覆した歌詞が含まれており、BTSの叙事に従ってきたファンとしては感動を倍に感じることができる。

    これまでBTSが試みたことのない英国エレクトロミュージックの代表ジャンルであるブレイクビート(BREAKBEAT)基盤のドラムアンドベースジャンルの曲だ。 ドラム·アンド·ベース特有のダイナミックでスピード感のあるビット感は,リスナーを興奮させる
  • 2018.8.24
    発売日
    ポップロックジャンルでボーカルラインの最後の∞を象徴するJINのソロ曲だ。

    起承転結をそれぞれ代表する「Euphoria」、「Serendipity」、「Singularity」、そして「Epiphany」まで、ボーカルラインの感性を一つにつなげている。

    ジンのボーカルは「LOVE YOURSELF」シリーズの最後であると同時にもう一つの始まりであるAnswer、まさに「LOVE MYSELF」のすべての秘密を解く鍵を提供する。
  • 2018.8.24
    発売日
    「Trivia転任」「Seesaw」は、シンスポップ(Synth Pop)とディスコパンク(Disco-Funk)ジャンルが組み合わさったシュガーのソロ曲だがある.

    愛の幸せと痛みを「上がったり下がったりするシーソー」に喩えた歌詞内容をはじめ、アナログシンディサイダー、ボコーダーなどのサウンドがシュガーのラップと出会ってさらに心の片隅に触れる歌を完成した.

    特に、コーラスパートでシュガーがメロディカルな歌を演じ、これまで知らなかったシュガーの新しい魅力も感じることができる。
  • 2018.8.24
    発売日
    愛が始まる時に感じるときめきをRMの方式通りに表現した曲だ。

    LAで直接録音したブラスセッションとピアノが主軸になったヒップホップ曲である。

    恋を始めながら感じるときめきと幸せな良い感じを「愛」というストレートな歌詞で表現しており、曲のブリッジ部分では幸せの片隅に感じられる心配と不安が一緒に込められている。

    「愛、愛、愛、愛」「人、人、人、人」「自慢自慢」といった歌詞部分は中毒性が濃いだけでなく、この曲のムードとストーリーをすべて見せてくれる。
  • 2018.8.24
    発売日
    ジェイホープのミックステープ収録曲「Hope World」、「Daydream」などのヒップホップハウスのリズムが ハイブリッドされたジェイホープのソロ曲だ。

    もう一度ジェイホープだけの音楽的カラーを確認できる「ツーステップリズム」をベースにした「フューチャーハウス(FutureHouse)」ジャンルの曲だ。 各パートごとにリズム形態が多様に変わりながら、ジェイホープ特有のウィットあふれるラップと歌を楽しむことができる。

    恋が始まりつつある初々しい感情を踊りになぞらえ、踊りを始めてから感じた愛と踊りを一緒に踊っていた異性へのときめきが込められている。