大衆音楽 9 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2021.10.5
    発売日
    強烈なアタック感のドラム、ベースを中心としたトラップジャンルの曲で、個性的なラップとパワフルなアドリブはもちろん、中毒性のあるフックと合いの手が引き立つ。

    エスパーならではの世界観をもとに、エスパーとアバター「ae」が助っ人「naevis」の助けで広野に進み、「Black Mamba」と立ち向かうストーリーを興味深く描いた歌詞が印象的だ。
  • 2020.10.7
    発売日
    好きな異性を見てワクワクする気持ちを込めたアップテンポダンス曲だ。

    楽しいビートと明るく爽やかな曲の雰囲気が特徴の「Pump It Up」は、特有の気の利いた歌詞と聞いただけで舞台が連想される曲構成がGolden Childならではの爽やかな魅力をさらに極大化させる。
  • 2019.10.8
    発売日
    雄大で強烈なリードブラスとドラムサウンドが主なテーマで曲をリードしており、休まず走り続ける曲の構成は、終わりが待つ始まりに向かって行進するメンバーたちの姿を連想させる。
  • 2018.10.8
    発売日
    中毒性の強いレゲトンラテンリズムを主軸に,多様なギターサウンドが加わり,楽しいグルーヴが引き立つ

    目の前の今を逃したくない瞬間を思いっきり表現した歌詞が印象的な曲で、ラテングラミーアワードグループ部門ベストポップアルバム部門受賞歴のあるグループREIKが参加して注目を集める。
  • 2020.10.8
    発売日
    グルービーなリズムと魅力的なベースライン、そして爽やかなシンセサウンドのダンス曲で、既存のスタイルと決まった枠から脱して新しい姿のウィキミッキーを見せるという堂々とした抱負と自信を歌詞で表現した。
  • 2019.10.9
    発売日
    靴紐を2度きつく結んで進むという決然とした抱負が感じられる曲だ。

    どこへでも去ることができるという覇気を強烈なメロディーに溶け込ませた。
  • 2016.10.10
    発売日
    全世界のPOP市場で人気を博しているMoombahton Trapジャンルの曲で、これまでBTSが見せてくれた荒々しく強烈なイメージから少し力を抜いてセクシーな魅力をアピールすることに重点を置いた。 私のすべてを意味する「血、汗、涙」を持って行けという歌詞や「知りながら飲み込んでしまった毒入り聖杯」のような歌詞には拒否できない誘惑に陥った少年の混乱した気持ちがよく表れている。 人生で一度は必ず出会う悪の影と他人及び外部世界との葛藤など、成長過程について歌った「WINGS」アルバム全体の主要テーマをよく表現している。
  • 2016.10.10
    発売日
    デビュー4年目に入ったBTSがファンに伝えるファンソングだ。

    「2!3!」は2013年6月のデビュー以来、現在まで使っている挨拶の言葉で、BTSとファンをつなぐ特別な意味を持っている。

    「2!3!」には一緒に経験した過去のことや、いつも大きな力をくれるファンに伝えきれなかった気持ちが込められている。

    使用された楽器やリズムなど全てが華やかではないが、どの曲よりも暖かい心が感じられる曲で、ファンに対するBTSの愛が確認できる。
  • 2016.10.10
    発売日
    BTSの初期時代を思い浮かばせる「21世紀少女」はBTS万のパワフルなエネルギーとウィットに富んだヒップホップ曲だ。

    21世紀を生きている私たちは皆美しくて大切で、愛される資格のある人だという肯定的なメッセージを盛り込んでいる。

    パートごとにサウンドの変化を与えたおかげで、退屈を感じる暇がなく、あっという間に曲が終わってしまうような経験をさせる。
  • 2016.10.10
    発売日
    その間、"No More Dream"、"男前"、"I NEED U"、"Dream"、"ダルマエナジー"、"Save ME"などBTSアルバムでミックス作業を行ってきたSam Klempner, James F. ReynoldsとJosh Wilkinsonが特別にBTSのためにプロデューサーとして出た。

    カントリー調のギターとハーモニカサウンドが魅力的な曲で、洗練された味わいのヒップホップ曲である。

    "Am I Wrong"には最近の世相に対するBTS万の率直な視線が込められている。

    先に発表した「DOPE」、「ベプセ」と同じ脈絡の曲で、もどかしい現実を赤裸々に皮肉るストレートな歌詞が見事に感じられる。
  • 2016.10.10
    発売日
    Rihannaの「Umbrella」、Beyonceの「Single Ladies」、Justin Bieberの「Baby」、Mariah Careyの「Touch My Body」など世界中のスーパースターの数多くのヒット曲を製造したプロデューサーTricky Stewartが特別にBTSのために今回のサイファーのトラックを作り、現在米国で最も人気のあるミキシングエンジニアのJhayが一番人気者である。

    これまでのサイファーシリーズではラッパーラインのラップの実力を見せることに重点を置いたが、今回は力を少し抜いて曲のメッセージとスタイルを伝えることに集中した。
  • 2016.10.10
    発売日
    これまでBTSが一度も聞かせたことのないハウスグルーブを基盤にしたヒップハウス(HipHouse)ジャンルの曲だ。

    自分自身に対する強い信頼と、前に進もうとする少年たちの固い意志を翼になぞらえて表現した。

    アルバムの最後の曲だが、これからBTSが見せてくれる音楽的変化を予告する曲で、グループの次の歩みと未来に対する期待感を呼び起こす。
  • 2016.10.10
    発売日
    これまでのBTSアルバムの中のOutroでしか収録されなかったボーカルラインのユニット曲で、Rap Monsterが作詞に参加した。

    道に迷っている少年たちの心境を「アリ」になぞらえて表現した独創的な視線が引き立つ。

    [I NEED U]、[Save ME]などから感じられるBTS万の叙情的で強烈なエネルギーを鑑賞できる。
  • 2016.10.10
    発売日
    j-hopeのソロ曲「MAMA」は、プロデューサーとして参加したプライマリー特有のjazzyなオールドスクールヒップホップの感性がよく表現されている。

    リズミカルなビートと夢幻的なシンス、DJ Frizのスクラッチなどが調和して独特なムードを作り出す。

    j-hopeの希望的な感性とエネルギーが目立つ曲で、頼もしく成長した息子が大変だった母親の過去を振り返りながら伝える心のこもったメッセージが感動を呼び起こす。
  • 2016.10.10
    発売日
    Rap Monsterが新しくプロデュースしたPBR&Bヒップホップ曲である。

    シンプルなビートの上にのせられた夢幻的なシンスサウンドが耳を引く。

    導入部には、Rap Monsterがよく訪れるトゥクソムで直接録音したアンビアンズが挿入されて共感を形成する。

    強烈なラッピングを主に聞かせたRap Monsterは、今回の曲でゆっくり詠むようなラッピングで、メロディカルながらもビンテージな曲の雰囲気を極大化した。