大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 2020.5.29
    発売日
    「賢明な医師生活」OSTの最後を飾る「君に僕は、僕に君は」は最終回の12回目のテーマ曲であり、来シーズンを約束する歌だ。

    純粋で暖かい歌詞とメロディーが印象的で、20年来の友人医大5人組の暖かい友情と愛が込められている。
  • 2019.5.30
    発売日
    80年代の歌謡曲であるハン·ヨンエの「誰もいない」(作詞曲ユン·ミョンウン)をオマージュした曲で、インド風の異国的なサウンドの上にメロディーと反転する韓国的でレトロな歌詞が加わった。

    寂しさに耐えて直接あなたを訪れる荒涼とした心を挑発的かつ率直に表現して、イ·ハイの新しい魅力を垣間見ることができるだろう。

    ファン·ジニの始祖『冬至の長い夜』を引用して、新しい恋を待つ心を淡々と表現し、iKONのB.Iがラップメイキングと共にフィーチャリングに参加して曲にリズム感を加えた。

    また華麗なフィーチャリング軍団と息を合わせた収録曲はリスナーにとっては楽しみを与えるだろう。
  • 2019.5.30
    発売日
    「リアルセッション」で録音された楽器演奏を通じて豊かなサウンドを満喫できるアコースティックバラード曲で、歌詞には熱いときめきを越えて、慣れと安らぎに入った恋人の心を涼しい夏の夜に喩えて表現して共感を呼び、フィーチャリングで参加した歌手20歳とユナのボーカルが調和を成して曲の感性的な雰囲気を極大化した。
  • 2021.5.31
    発売日
    2003年に発表された歌手パク·ヘギョンの「こんにちは」をリメイクしたモダンロックジャンルの曲。

    大変だった過去は忘れて新しい今日を迎えようという希望的な歌詞とジョイの爽やかなボーカルが調和を成している。

    軽快なブラス演奏にスピード感のある編曲が加わり、原曲とはまた違った魅力を感じるのに十分だ。
  • 2021.5.31
    発売日
    02年発表された歌手ソン·シギョンの曲を男女デュエットバージョンでリメーク。

    清涼なサウンドのバンド編曲とソフトなフルート演奏が特徴的だ。

    ポール·キムの甘美な音色とジョイの澄んだボーカルが調和した甘いハーモニーが哀切でロマンチックな雰囲気を醸し出す。
  • 2018.6.5
    発売日
    現実的でロマンチックな時代相を反映した2018年シティポップ。

    慌ただしい都市の中の男女の感情を歌うと同時に相手に堂々と表現を要求する'都市女性'の姿を見事に描き出した。

    サウンドは重厚なベース、高まったドラム、和声、歌い方などすべての要素を徹底的に計算して構成しており、シンプルだが耳によく入ってくるメロディーが特徴だ。
  • 2017.6.8
    発売日
    成長痛を感じる普通の大人たちと同じ悩みと孤独を抱えて生きていく人間'クォン·ジヨン'の率直な姿が見える。
  • 2021.6.11
    発売日
    曇った天気が好きな趣向を持っている方々に、 もっと楽しく聞いてほしいです。

    「男性の方たちがカラオケで一度面白く歌ってみてくださいと、『なぜこの感じがしないのか』という気持ちで裏声を多く入れました。
  • 2019.6.13
    発売日
    チョン·ソミとはアーティストを最もよく表した曲であり、様々な魅力をそのまま盛り込んだダンスヒップホップ曲である。

    打撃感あふれるドラムサウンドから弾むリードシンスで満たされたドロップパート、強烈なブラスサウンドで豊かになったアウトローまで。 THE BLACK LABELを代表するプロデューサーTEDDYのプロデュースによって作られた「BIRTHDAY」は、退屈する暇のない完成度の高いトラックだ。

    速いテンポのビートの上にリズミカルなラップとパワフルなボーカルが加わり、爆発的なエネルギーを与える。 軽快なムードの中で、果たしてどのようなパフォーマンスが披露されるのか、多くの期待を集めている。
  • 2017.6.13
    発売日
    多くの人が共感できる'歌'を素材に、"どんなに耳を塞いでみても何度も回りたくなく、もがいても毎日聞く歌"という歌詞からも感じられるように、別れた人なら誰もが共感できる大衆的な歌詞の言葉と日常的な表現が与えてくれる感動を感じることができる。

    楽なピアノ旋律と華やかなストリング編曲が加わり、そこにファン·チヨルが与える淡々としながらも訴える力の濃い声まで加わり、歌に感動を倍増させる。
  • 2021.6.15
    発売日
    GOT7ベンベンが、初のソロミニアルバム。

    簡単で中毒性のあるメロディーラインと希望的な歌詞が目立つ曲で、これまで見られなかったベンベンの新しい魅力をいっぱい盛り込んでいる。

    ベンベン特有の明るくて愛らしいエネルギーは曲の魅力を極大化させた。
  • 2020.6.17
    発売日
    「いつでもどこでも」は当たり前で大切さを忘れたことに対する懐かしさと、いつでもどこでもこのメロディーが触れ合い一緒に歌える日が来ることを願う気持ちを込めた曲だ。

    イントロピアノ旋律からさわやかな初夏の雰囲気を漂わせ、ときめきを与える曲は、まるで一本の音楽映画を耳で聞いているような構成で、後半部に進むにつれその没入度を高める。

    チョン·スンファンの繊細で力強いボーカルとバンド、オーケストラが作り出す幻想的な調和を真似て聞いていると、広大に広がる自然を思い浮かばせるインタールードの「アイリッシュホイッスル」の音と後半部の合唱パートが感動的な響きを与え、劇的な叙事を完成させる。
  • 2020.6.19
    発売日
    楽な夢を見るような楽器演奏とともに、哀切ながらもときめく雰囲気が共存するメロディーと歌詞が調和して新鮮な雰囲気を演出する。

    これに大勢のアイドル「カンダニエル」の合流は、従来のカンダニエルが披露した音楽の雰囲気とは違って、穏やかで甘美なメロディーで初めて恋を始める、慎重でときめく心を表現したセレナーデという点で注目に値する。
  • 2016.6.21
    発売日
    "いつの間にか雨が降る. そのように準備なしに雨に降られる. だんだん激しくなる雨が怖い。 しかし、この雨もすぐやむだろう。" - ポールキム
  • 2021.6.22
    発売日
    ある状況とある必要と、ある人に適切に 届く歌を作りたいという気持ち。

    変わった点は私が予測できる「誰か」の範囲が少し広くなったな程度です。

    相変わらずですが、少しは変化の兆しを、『聞かせてあげたかった』という歌にしたかったのです。