大衆音楽 1 Page > Little Korea

K-POP & TROT

Explore the World of K-Pop

  • 1989.8.10
    発売日
    1978年、第2回MBC大学歌謡祭に出場し、「遠回りの道」で金賞を受賞し、華やかなデビューを果たした。

    1989年にリリースされたセカンドアルバム収録曲「出会い」が翌年の1990年、歌謡トップテンゴールデンカップまで受賞し、それこそ国民歌謡に登場した。 脱北者が最も好む人気曲としても知られている。
  • 1983.8.15
    発売日
    [1992年のコンサート動画]

    まるでパンソリを連想させるキム·スチョルの「別離」は「咲き残った花一輪」とともに1983年発表されたファーストアルバムの名曲として知られている。

    グループ「小さな巨人」時代に歌った「七色の虹」などとは全く違う歌だ。

    彼がロック音楽に韓国的な情緒を溶け込ませる試みの末に誕生した国楽歌謡だと言える。
  • 1983.8.16
    発売日
    70年代末、大学グループ『小さな巨人』で大衆の前に現れ、小さな体格に情熱的なサウンドと舞台マナーで多くのファンを熱狂させ、80年代にはソロ歌手として数多くのヒット曲で絶頂の人気を博した。

    様々なジャンルの音楽を試み、映画音楽、国楽作曲集、舞踊音楽、ドラマ音楽、八万大蔵経音楽、86アジア競技大会音楽、88オリンピック音楽、2002韓日ワールドカップ開幕式など、国際的な行事音楽の作曲と音楽監督を通して彼の独自の音楽世界を築き上げた。

    作曲家、歌手、演奏家、音楽監督、文化委員、国楽家でもあるキム·スチョル、このどれかの名称だけでは描写できない音楽家のキム·スチョル、彼は韓国の音楽史に永遠に残る真の「小さな巨人」だと言える。

    キム·スチョルホームページ▶http://www.kimsoochul.co.kr
  • 1985.9.10
    発売日
    「行進」は1985年9月10日に発売された韓国のバンド、トゥルグクファの初の正規アルバムだ。

    1985年に発売され、1991年にCDとして再発売された。

    「80年代の新しい音楽の始まり」、「80年代の中·後半に韓国大衆音楽のルネサンス」を切り開いたという評価を受けている。

    45人の選定委員から207点が授与され、韓国大衆音楽100大名盤1位に選ばれた。

    アルバムは約180万枚が売れたものと推定される。
  • 1988.9.14
    発売日
    歌手コリアナが歌った1988ソウル五輪の公式テーマ曲だ。

    全世界1700万枚のシングル販売額を記録したと推定され、ドイツ、日本、香港、スイス、スペインをはじめとする17カ国で1位を占めた。

    オリンピック期間中、ラジオ放送リクエスト1位を走るなど、素晴らしい記録と名声を博したおかげで、現在までも世界中の多くの人々がこの曲を最高のオリンピック公式テーマ曲の一つと考えているという。

    「コリアナ」は1970~80年代当時「アリランシンヤーズ」という名前でヨーロッパでかなり人気を博したグループだ。

    1980年当時、西ドイツのARD人気番組「ムジクラデン(Musikladen)」でヨーロッパの音楽グループTop 10に選ばれた。

    当時、海外では名声も高く、音楽性も認められているグループだったので、世界の人々のお祭りであるオリンピックのテーマ曲を歌うのに決して劣らない名声と実力を持ったグループだった。
  • 1984.9.25
    発売日
    大韓民国の歌手でシンガーソングライターだった。 (昭和33年2月18日~平成2年11月1日)

    代表曲に『雨のように音楽のように』、『私の愛、私のそばに』、『思い出作り』、『愛しました』などがある。

    1980年代のアンダーグラウンドの代表的な歌手である。

    1990年11月1日、肝硬変のため32歳の若さで夭折してしまった。
  • 1979.10.1
    発売日
    ナミは、父が東豆川米軍部隊の前でレコード店をしていたので、幼い頃から音楽に親しかったという。

    鼻声が入ったハスキーな声で1980年代から90年代初めまで活動し'くるくる'、'インディアン人形のように'、'永遠の友達'、'悲しい絆'、'誘惑しないでください。「」、「」あなたのそばを離れます。「」、「憎い情」、「」、「最後の挨拶」、「愛とは妙なものだ」、「」、「憎しみか懐かしさか」、「あなたの季節」などが大ヒットし、多くの愛を受けた。
  • 1984.10.1
    発売日
    この歌は元々健全歌謡。 コンピレーションアルバム 《ああ!》 大韓民国」に新人歌手のチョン·スラとチャン·ジェヒョンのデュエット曲として収録されたが、チョン·スラの独集で商業的にも大成功を収めた。

    チョン·スラはこの歌で1983年、韓国放送と文化放送の年末授賞式で女性新人歌手賞を受賞した。
  • 1986.10.3
    発売日
    [作詞及び作曲:ヤン·ホンソプ、編曲:キム·テウォン]

    1986年10月3日にリリースされた復活のファーストアルバム「Rock Will Never Die」の収録曲である。

    デビューアルバムで大ヒットした2曲のうちの1曲だ。 もう一つは'雨とあなたの話'。
  • 1999.10.9
    発売日
    1996年に映画『花びら』で映画界にデビューした後、1999年にはファーストアルバム『Let's Go to My Star』で歌謡界にもデビューした。

    1stアルバムの収録曲『わぁ』がセンセーションを巻き起こし、韓国のテクノブームの主役となった。

    その後も<君>、<くれる>、<狂い>、<バン>、<アリアリ>、<甘い>、<Summer Dance>など多くの曲をヒットさせ、アメリカのレディー·ガガよりも10年近く先に独創的で華やかな舞台パフォーマンスを披露した芸術家という評価を受けるなど、韓国歌謡の歴史に一線を画した。

    演技者としても青龍映画賞新人賞と主演賞を全て受賞した数少ない俳優の一人で、大韓民国の代表的な「マルチエンターテイナー」に挙げられる。
  • 1992.10.20
    発売日
    デビューアルバムのタイトル曲「寝入ってから」は歌謡チャート17回1位(KBS歌謡トップテン4週連続1位、MBCの皆さんの人気歌謡7週連続1位など)を獲得した。

    1990年代の代表的スターとしてまさに一時代を風靡し、「カウントダウン」をはじめとする広告モデルとしても旺盛な活動を行い、当時のファッション流行を巻き起こしたほどだった。

    人気絶頂だった1994年に発表した3rdアルバム「君のいない間に」は140万枚を記録し、まさに「キム·ウォンジュンシンドローム」を巻き起こした。
  • 1989.10.25
    発売日
    ビョン·ジソブ - バラードの皇帝。

    1966年、ソウル生まれのビョン·ジソブは慶熙大学校時代サークル「タルムード」5期メンバーとして音楽活動を始め、1987年にMBC新人歌謡祭に参加し受賞したのがきっかけで芸能界デビューした。

    希望は1989年に発表され1990年の最高ヒット曲となった.

    1990年にはビョン·ジソブが「歌手王」に輝き、最高人気歌手になった。

    (ノ·ヨンシム作詞作曲)
  • 1989.10.28
    発売日
    映画「雨の日水彩画」1作目のOSTアルバムである。 腹違いの兄妹の叶わぬ愛を描いた映画は、1990年2月に公開されたが、興行には失敗した。 反面、音楽監督のカン·インウォンは驚くべき音楽的成果を得た。

    1990年、第26回百想芸術大賞映画主題歌賞、第10回韓国映画評論家協会音楽賞、日刊スポーツゴールデンディスク賞、KBS歌謡大賞作詞賞、韓国歌詞大賞など、7つの歌謡関連賞を総なめし、1990年代を代表する名曲になった。
  • 1980.11.5
    発売日
    ケ·ウンスクは1977年に大韓民国で広告モデルとしてデビュー、1978年にユニバーサルレコードで歌手デビューした。

    1980年、「歌って踊って」、「待つ女心」を発表し、その年のMBC「10代歌手です。「第」新人賞を受賞した。

    1984年、日本の作曲家浜圭介に師事し、翌年7月20日に「大阪髪色」(大阪髪色)で日本デビューした。

    その後、数多くの曲をヒットさせ、特有のハスキーなボイスが人気を博し、「演歌の女王」と呼ばれた。
  • 1980.11.5
    発売日
    1977年に大韓民国で広告モデルとしてデビューし、1978年にユニバーサルレコードで歌手デビューした。

    1980年、「歌って踊って」、「待つ女心」を発表し、その年のMBC「10代歌手です。「第」新人賞を受賞した。

    1984年、日本の作曲家浜圭介に師事し、翌年7月20日に「大阪髪色」(大阪髪色)で日本デビューした。

    その後、数多くの曲をヒットさせ、特有のハスキーなボイスが人気を博し、「演歌の女王」と呼ばれた。