伝統音楽 1 Page > Little Korea

K-TRADITIONAL MUSIC

5,000 Years of Korean Soul

  • 2021.2.5
    オススメ音楽
    「農夫歌」は農民たちが歌った土俗南道民謡である。

    嶺南の歌など、南道地域に広く歌われた民謡で、特に全羅道地域で発達した歌を「農夫歌」という。

    農業に関する様々な歌詞が出てくる。
  • 2021.2.5
    オススメ音楽
    韓国の代表的民謡の一つ。サビにアリランという言葉が入っている歌だ。

    ○ ソリチョ·ギョンヒイ·グムミキム·ミンギョンチャン·ヒョソンヤン·ミョンヒイ·ジュウン
    ○笛チャン·スホ、テグムムン·ジェドク、奚琴キム·ソング、カヤグムパク·ジュンホ、コムンゴイ·ソンファ、牙箏バロン、チャンゴカン·ヒョンス
  • 2021.2.6
    オススメ音楽
    2007年21C韓国音楽プロジェクト大賞曲(プロジェクトロック)で、パンソリ「水宮歌」をモチーフに作った曲だ。

    竜王の病気を治すためにウサギの肝臓を助けに一度も行ったことのない陸地に行かなければならないビョルジュブの心を新世代の感性に合わせてコミカルに再構成した曲だ。 [作詞·作曲シム·ヨンソプ]
  • 2021.2.6
    オススメ音楽
    シンパラム - 浮かれてそわそわする気運を、童話ならではの個性的な色で表現した演奏曲で、肩を踊らせる伝統リズムを活かし、韓国民族の興趣を込めています。

    新しい道-詩人ユン·ドンジュの作品「新しい道-」にその雰囲気に合うメロディーを付けた曲で、常に留まることなく新しい道の上で新しい意味を模索していく人生の物語が描かれました。
  • 2021.2.7
    オススメ音楽
    オンヘヤ。冷たい気派。 「約500年、氷氷(パク・スンア)」「パク・イスル、シン・ヘミ」。 窮打令の趣
  • 2021.2.8
    オススメ音楽
    「沙下挽き唄」は釜山沙下区多大洞で収穫した穀物の皮を剥き、정이を選んで卵穀を濾すために臼を搗く際に歌う穀物の労働歌または製粉の精米歌である。 特に踏み臼を搗くとき、拍子による動作の統一性と仕事の手間を省くために「サハ踏み臼の音」を歌う。
  • 2021.2.9
    オススメ音楽
    [ソリヒョン、カヤグム併唱団]

    中央大学芸術学部の卒業生で構成された伽倻琴瓶創立団

    パク·ヘリョン キム·ヨンア キム·ミソン キム·ミンジェ イ·ジヨン キム·ジヨン イ·ミニョン
  • 2021.2.9
    オススメ音楽
    ○民謡キム·ミジン、シン·ヒョンジュ、シン·ジンウォン、キム·ヨンシム
    伴奏
    - 笛キム·スラ、大金ソン·ジヨン、奚琴ハ·ジェウォン、牙箏チョン·ソンギョム、伽倻琴イ·オンファ、コムンゴユ·ヨンジョン、チャングイ·ジンヒ
  • 2021.2.10
    オススメ音楽
    環境汚染で病気になった竜王に特効薬というㅁウサギの肝臓を探しに陸地に上がったスッポンがウサギに訓練隊長をさせると嘘をついてウサギを竜宮に連れてくる。
  • 2021.2.11
    オススメ音楽
    羽調二数大葉_2010年にユネスコ世界人類無形文化遺産に登録された'歌曲'の中でも最も代表的な曲で、43文字の始祖時を10分程の長い呼吸で歌う歌である。 朝鮮後期の宮中及び上流の民間で広く歌われた歌で、管弦楽伴奏を備えて歌われる悠長な趣が込められている。

    伽倻琴、ソン·インギル、コムンゴ、イ·オギュ、大金キム·ウンソ、笛キム·グァンヒ、奚琴キム·ギドン、チャング、パク·ムンギュ
  • 2021.2.11
    放送日
    飴打ちは飴売り手が飴を売りながら飴を宣伝し、客を集めるために鋏の音に合わせて歌った。
  • 2021.2.12
    オススメ音楽
    時間の流れでいくつかのかけらになってしまった記憶の破片を一つ一つ集める。

    「すべては忘れられるもの」という真理にわざと背を向ける私の姿だろうか?

    今日も記憶のかけらを一つ一つ集めて絵を作る。 また散らばるかもしれないその絵を…
  • 2021.2.13
    オススメ音楽
    鉄現金は、1940年代に男寺党の綱渡りの名人だった金ヨンチョルが考案した新種の国楽器。 8本の鎖を術どおりに回したり、離して演奏する。

    琴やカヤグム、あるいは西洋のギターが一つになったような妙な音響が独特だ。

    琴の演奏者として活躍していた柳京和(ユ·ギョンファ)は、安享年(アン·ヒャンニョン)先生が琴の名人だった林東植(イム·ドンシク)先生と二重奏で演奏した録音資料を聞いて、その時から琴を私の運命として受け入れたという。

    新沙哲歌は四季の景色を歌う曲目で、今回の演奏では器楽を中心に演奏されている。
  • 2021.2.14
    おすすめ舞踊
    韓国の脈拍の音で誕生した太鼓のリズムと大小の筆の饗宴、太鼓の拍子とソリ高低、大きさによって変貌する踊りの色を最大限に発揮させている。
  • 2021.2.15
    オススメ音楽
    イムヒャン様名唱はヨモギの茎頭のドンジン、イム・バンウル名唱孫娘であり、国立劇場唱劇団で舞台活動してきた唱劇女優や強酸制宝城の音、春香歌、パクロクテーマ興夫歌、ドンチョジェ、パンソリなどを継承している、今の時代の名唱の一分。

    この映像は、1993年に国立劇場で開かれた「林香様の名唱」「完唱パンソリ」「興甫歌」の第2弾で、「金打令(ドンタリョン)」のシーンから興甫が家に帰ってくるシーンまでの公演実況が収録されています。