伝統音楽 1 Page > Little Korea

K-TRADITIONAL MUSIC

5,000 Years of Korean Soul

  • 2020.12.3
    オススメ音楽
    徐龍錫流大琴散調は、朴鍾基流大琴散調の伝統を受け継いだ韓周煥(ハン·ジュファン)、韓範洙(ハン·ボムス)に続いて伝えられたものだ。

    多様な調の変化とまとまりのある調べで構成された「鼠用石流大琴散調」は、散調の音楽性を忠実に感じようとする人々に愛好される音楽として位置づけられている。

    旋律的な面の他にチャング拍子とリズム構成の緻密さは、ソ·ヨンソク流大琴散調の特徴だ。

    「薯龍石榴大琴散調」を長く演奏すれば、晋陽(チンヤン)、チュンモリ、チュンジュンモリ、チャジンモリ、オットモリ、ドンサルプリまで1時間を超えて、労力がたくさんかかる。

    今日の公演では、ジンヤン-チュンモリ-チュンジュンモリ-チャジンモリまで演奏する。

    晋陽は、「友鳥」と「界面鳥」に変わる変化の醍醐味を味わうことができる部分だ。 晋陽だけが持つ旋律のユ·バラが、青の響きを通じてよく表われている。

    チュンモリは曲の中間に終止形が頻繁に出てくるため、大きな流れを表すよりは、簡略で細やかな雰囲気を醸し出している。

    チュンジュンモリ初盤部の本庁羽調部分は豪放で荘厳な美しさを持つ。 小さな箔一つまで細かく表現しており、まるでシナウィを聞くように緊張と弛緩の妙味を加えている。

    チャジンモリは、西龍石流の大金散調のうち、最もパンソリと似ている部分だ。 正弦台で着々と曲調を積み上げて緊張感を高めたり、拍子を垂らして弛緩させ、また正弦を訪れて緊張を要する技法がよく使われる。
  • 2020.12.3
    オススメ音楽
    奚琴散調は、朝鮮末期に池龍口によってはじめて姿を現したが、当時はこれを散調と言わず「支那位」と称した。

    その後、1960年代初めにチ·ヨンヒとハン·ボムスによってヘグム散調の両大山脈が形成され、今日まで伝承されている。

    京畿道(キョンギド)巫俗リズムに基づいたチ·ヨンヒ流が明瞭で軽快なリズムが多いのに比べ、南道(ナムド)音楽に基づいたボムス流は界面性が強いが、正拍が多く使われるため淡泊な味がする。

    忠清道礼山(チュンチョンナムド·イェサン)で生まれた韓範洙(ハン·ボムス、1911-1980)は、大金とトゥエの名手として大金散調、トゥエ散調も残した。

    寒凡水流の奚琴散調には、自分の大琴散調の調べが多く見られるが、これは大琴散調完成後に奚琴散調を作ったためと考えられる。

    チャンダンの構成は、晋醸造-チュンモリ-チュンジュンモリ-チャジンモリで構成されている。
  • 2020.12.4
    おすすめ舞踊
    別名「シンカルデシンム」というこの踊りは、シンカルという長い竹の両端に韓紙を張り出し、両手に持って踊る。

    今はあまり踊らないこの踊りは男寺党牌で活動された故李間、先生から伝授され、文一志先生によって再確立され、その後、国立民俗国楽院でケ·ヒョンスンによって再現された。

    霊魂を慰め、空中に止まるような知典の豊かな動きは、まるで天に向かうように端麗で清潔感があり、力があるのが特徴だ。

    ○ダンスケ·ヒョンスン、音楽監督ユ·インサン、ストーリーテリングキム·拒否
  • 2020.12.5
    オススメ音楽
    沈清歌の中で最も白眉に数えられるくだりで、沈清歌の切ない感情を盛り込んでいる。
  • 2020.12.5
    オススメ音楽
    李夢竜(イ·モンリョン)がビョン副使の誕生日パーティーに出廷し、死の危機に瀕した春香を救援する場面。

    御史の出頭を通じて危機に瀕した春香が救われるので、春香歌の核心部分の一つだ。
  • 2014.12.5
    公演日
    2014年12月5日、ソウル国立国楽院の芸楽堂で「2014大韓民国アリラン大祝祭」が開かれた。

    同日、安淑善(アン·スクソン)名唱、ジャズボーカリストのウンサンが珍島(チンド)と尚州(サンジュ)の伝統アリランを一緒に歌った。
  • 2020.12.6
    オススメ音楽
    チョ·ヘリョン奚琴独奏会<カヤグム:ソ·ウニョン、打楽:ソ·スボク>

    趙源行(チョ·ウォンヘン)作曲「鎮魂」は、故金壽煥(キム·スファン)枢機卿を追悼するために書かれた作品だ。

    あの丘を越えてこの世の最後の一歩を
    踏みしめて 明るい笑顔で 手を振る 君よ

    つまらない人生の執着と欲のくびきを払いのけて
    新しい世界のときめきを嬉しく迎える方よ

    今日もあなたの痕跡がひたすら懐かしいです。
  • 2020.12.6
    オススメ音楽
    「霊岩アリラン」は1972年、コ·ボンサン氏が作曲し、白岩氏が作詞した歌で、歌手の河春花(ハ·チュンファ)が歌い、大きな人気を集めた不朽の名曲であり、10年、霊岩·月出山(ウォルチュサン)裾のキチャンランドに歌碑が建てられた。

    この歌を民謡歌い手「イソナ」が歌い、高い人気を集めた。
  • 2020.12.6
    オススメ音楽
    キム·ヨンジャは韓流という言葉が出る前から韓服を着て日本の舞台に立った歌手だ。

    日本で「演歌の女王」と呼ばれ大成功を収め、これにより日本国内で認知度が高い韓国歌手である。

    韓国に帰ってきて「アモルファティ」という曲で大ヒットした。
  • 2020.12.7
    オススメ音楽
    西龍石流奚琴散調は、大琴と牙箏の名人である西龍石が口音で伝授した散調である。

    これは非常に異例のことで、演奏者ごとに解釈が異なり、表現や奏法が異なる。

    ジンヤンジョ、チュンモリ、チュンジュンモリ、早いチュンジュンモリ、チャジンモリ、オッモリの6つの拍子で、ソ·ヨンソク自身が体得した豊かな南道旋律をもとに奚琴散調が構成され、特に界面調のリズムが多いのが特徴で、ジンヤンジョの界面調とチャジンモリでのそそっかしさが白眉と言える。
  • 2020.12.7
    オススメ音楽
    全羅南道立国楽団は、伝統芸術の発展のために献身的に努力した先人の優れた精神と技量を伝承することに力を注いでおり、国内外の主な招待行事に多数参加して南道国楽の優秀性を広く広報し、定期公演、土曜常設公演など、積極的な国楽普及活動を通して大衆の健全な余暇文化づくりを先導しています。

    また、伝統国楽に現代的要素を加えた新しいジャンルのフュージョン国楽を創造し、新世代が国楽に簡単に接近し、共感できる根幹を設けました。
  • 2020.12.8
    オススメ音楽
    サムルノリの名人、キム·ドクス先生のチャング演奏と公演芸術アンサンブル·ダリョム代表、パク·ジョンホのソリの出会い
  • 2020.12.9
    オススメ音楽
    樽碑は沈清が仁堂水に落ちた後、沈ボンサは沈清が死んだと思って毎日沈清の墓碑の前で泣く。 娘を失った父の心、沈清歌の中で一番悲しいところだ。

    コンドクおばさんは時々刻々と性格が行ったり来たりする気まぐれな人物。 それに奉仕で一緒に暮らせるほど目を開けては見られないほど不細工で、他人のものまで奪ってやたらに使ってしまうほど意地悪で欲張りな性格。
  • 2020.12.9
    オススメ音楽
    3·1運動と大韓民国臨時政府樹立100周年を迎え、国立伝統芸術高等学校が準備した舞台。

    烈士の人生をパンソリに乗せて送る芸術劇で、光復後「烈士歌」系統の創作パンソリを作って愛国心を鼓吹させようとした朴東実名唱の柳寛順烈士歌をベースに作られた作品である。
  • 2021.12.10
    オススメ音楽
    作詞 チョン·ギョンア
    作曲 リュ·ヒョンソン
    編曲 シン·チャンリョル
    歌 キム·ミンギョム
    コーラス ソン·ダギョン、アン·ジョンア、来孫小学校児童合唱団
    映像監督 チョ·ジョンレ(JOエンターテインメント)