伝統音楽 1 Page > Little Korea

K-TRADITIONAL MUSIC

5,000 Years of Korean Soul

  • 2021.6.29
    オススメ音楽
    「海女の歌-イオドサナ-」は海女たちが済州島特有のいかだであるテウに乗って船出をしたり、仕事を終えて帰る時に櫓を漕ぎながら歌った歌である。

    家族のために命をかけて海に出なければならなかった海女たちの哀歓がよく表現された歌だ。
  • 2021.6.30
    オススメ音楽
    作曲ㅣ パク·ガンヒョン
    作詞 ㅣ パク·ガンヒョン
    編曲 ㅣ キム·チャンファン
    歌 ㅣ コ·ウンチャン、キム·イソ、キム·テリン、イ·ジェヨン、イム·スア、ハン·ウジュ、ホン·ヒョジュン
  • 2021.7.1
    オススメ音楽
    チェ・テフン - 2016第36回韓国国楽コンテスト大統領賞受賞
  • 2020.7.1
    オススメ音楽
    クラウン-ヘテ製菓が主催する「ハニーデイ愛ハンマダン」公演は、「二人が一つになる日」という意味の毎月「21日」愛をテーマに公演を観覧し、恵まれない人々を助ける暖かい公演です。

    「正楽合奏(水延長之曲)」は、清州市立国楽管弦楽団が演奏し、曲名からも分かるように、王の長寿を祈る曲で、朝鮮時代の宮中年例楽および浄財の伴奏音楽として使われました。
  • 2021.7.2
    オススメ音楽
    フュージョン国楽グループ「絹」はユネスコ登録遺産をはじめ、誇らしい韓国の文化遺産を素材に歌を作り、ドキュメンタリーとミュージッククリップを組み合わせた現代国楽公演を演出している。

    この曲は勧善懲悪を実践する絶対者であり、親しい友達として韓民族の歴史と共に歩んできた鬼の物語を歌っている。
  • 2021.7.4
    おすすめ舞踊
    民俗踊りの一つで体をほぐすという意味の踊り。

    タオルで無数の線を描くのは、原初的に肌をほぐすためのもがきから生まれたとされ、妓房芸術としてタオル遊びは女性の恨みを晴らしたものだという。

    韓国伝統舞踊の特徴である「精·中·動」の形式と内容がよく表現されており、韓国舞踊の美的要素である粋、興、韓、汰をすべて取り揃えた代表的な伝統舞踊だ。
  • 2021.7.5
    オススメ音楽
    「ソウジェソリ」は済州島民謡である。

    本来、済州道においてヨンドウグッなどの儀式の際に歌われた。

    すなわち、巫歌の一種である。

    しかし、一般化し、草取りや海仕事をする時、または遊興歌として自由に歌う歌に変化した。

    社説にも本来の「ヨンドゥングッ」歌詞があり、他の活動に転移した後の歌詞もある。
  • 2021.7.6
    オススメ音楽
    京畿道ソンソリで下りてくる「カエルタリョン」を再構成した曲で、3分拍と4分拍の絶妙な調和が特徴で、この日披露された「カエルタリョン」は従来のクァク·ドンヒョンのアルバムとは違い、バンド音楽に合わせて披露された。
  • 2021.7.9
    オススメ音楽
    春香歌の中で御史になって南原に到着した李夢竜が春香の家を訪れて月梅と会う内容のくだり。
  • 2021.7.10
    オススメ音楽
    作曲ㅣ チェ·ユギョン
    作詞 ㅣ ハン·ウンソン
    編曲 ㅣ キム·ベクチャン
    歌 ㅣ シン·ソリン
  • 2021.7.11
    オススメ音楽
    国立国楽院正楽団指導団員
  • 2020.7.11
    オススメ音楽
    「吹奏打」とは、「吹いて弾く音楽」という意味から付けられた名前だ。

    軍隊の行進曲である大吹打の太平簫の旋律を管弦楽曲に編曲したもので、行進曲の持つ勇ましく闊達な気概と管弦楽器の持つ雄大な美しさを同時に感じることができる。

    朝鮮時代の宮中で恒例の音楽として使われ、別名を「」という一万種類の波を静める。「」は、万波正式之曲と呼ばれる。
  • 2021.7.12
    オススメ音楽
    珍島の洗口をもとに構成した曲。

    演奏:アンサンブル·シナウィ(打楽:鄭俊浩)
    牙箏 - シン·ヒョンシク カヤグム、ソリ - キム·ヤンファ ピアノ、ヤングム - チョン·ソン
  • 2021.7.14
    おすすめ舞踊
    伝統舞踊の基本といえる。女性の外向的美しい形と繊細さを交泰美が調和を成す技巧と踊りで構成し、即興的に表現する妓房舞踊芸術の代表的な作品として伝承されてきた。

    ○出演アン·サンファ、ソ·ヨンジュ、イ·ウニョン、ハン·ジョンミ
  • 2021.7.15
    オススメ音楽
    [ウサギの腹を切る部分]

    別主婦に騙されて水宮に入ったウサギが肝臓を山中に出してきたと竜王を騙す場面。

    自分の腹を割って肝臓がなければどうするのかというウサギの主張に対し、竜王はウサギの言葉がとんでもないと叱る。

    ウサギがとんでもない詭弁を並べ立てているのに対し、竜王は義書や万物の理を根拠にウサギの詭弁を攻める内容が主に行われている。

    [水宮風流]

    「肝臓を山中に置いてきた」というウサギの嘘にだまされた竜王が、ウサギを慰めようと水宮の風楽を鳴らしながら宴を開いているところ。