伝統音楽 1 Page > Little Korea

K-TRADITIONAL MUSIC

5,000 Years of Korean Soul

  • 2021.3.3
    オススメ音楽
    鉄現金は、1940年代に男寺党の綱渡りの名人だった金ヨンチョルが考案した新種の国楽器。 8本の鎖を術どおりに回したり、離して演奏する。

    琴やカヤグム、あるいは西洋のギターが一つになったような妙な音響が独特だ。

    琴の演奏者として活躍していた柳京和(ユ·ギョンファ)は、安享年(アン·ヒャンニョン)先生が琴の名人だった林東植(イム·ドンシク)先生と二重奏で演奏した録音資料を聞いて、その時から琴を私の運命として受け入れたという。

    鉄現金:ユ·ギョンファ
    チャング:イテベク
  • 2021.3.7
    オススメ音楽
    金竹坡(キム·ジュクパ、1911~1989)名人は全羅南道霊岩(チョルラナムド·ヨンアム)出身で、本名は蘭、芸名は雲仙(ウンソン)で、19世紀末に伽椰琴散調を初めて作ったという金創造名人の孫娘として生まれ、幼い頃祖父から伽椰琴を学び、その弟子である韓成基(ハン·ソンギ)名人から風流と散調、並唱を身につけた。

    金竹派はその後、祖父と韓成基(ハン·ソンギ)名人から学んだ伽椰琴散調調べを整え、自分だけのリズムとリズムを加えて約55分ほどの金竹派流伽椰琴散調を完成させた。

    金竹巴流伽椰琴散調の特徴は男性から出た調べだが、長年にわたって女性である金竹巴の名人によって磨かれた柔らかくて安定感のある音色と繊細で奥深い農弦にある。

    現在最も多くの演奏者が演奏している歌で、1978年に重要無形文化財第23号に指定された。 今日は金竹坡-文在淑名人による「二重聴調弦法」を用いて演奏する。

    ○カヤグムイスルキ、チャングキム·チョンマン
  • 2021.3.13
    オススメ音楽
    「韓甲得流」、「コムンゴ散調」は絶妙な調の変化と躍動感あふれる声音、自由な感性が際立つ散調といわれています。
  • 2021.3.17
    オススメ音楽
    非常に粘り強く荘重な印象を与え、男性的な印象の力強いタッチが特徴です。

    特に即興性の強い演奏で、現在は姜貞淑(カン·ジョンスク)名人によって伝承されています。
  • 2021.3.23
    オススメ音楽
    姜泰弘が金昌祖から師事を受け、自ら調べを加えている。 リズムはジン醸造·チュンモリ·チュンジュンモリ·チャジンモリ·フィモリで構成されていたが、1950年以降、セサンジョシ(別名ダンモリ)が添加された。

    ほとんどの右調のリズムで構成音のうち便宜上西洋音楽の音名で表示するなら、「지(e)」を「지(f)」で出す点と界面調では「 꺾」を高く押して一つの音または一つの音盤を高く出す点などによって他の散調に比べて軽快な感じを与える。

    リズムが複雑で不規則で、すれ違う点が特徴だ。
  • 2021.3.27
    オススメ音楽
    散調は民俗器楽独奏曲の形式を指す用語で、各楽器ごとに様々な種類の曲が伝わるが、その曲を作った人の名前をとって「O類」、「O制」と呼ぶ。

    1960年代に入って韓一燮(ハン·イルソプ、1929-1973)が牙箏散調を演奏し始めた。 ハン·イルソプの調べはパク·ジョンソンに伝わるようになったが、その他にチョン·チョルホの調べがソ·ヨンソクに、チャン·ウォルジュンの調べがキム·イルグに伝わって演奏されている。

    長月中線の調べは短いダスム-ジンヤンジョ-チュンモリ-チュンジュンモリ-チャジンモリで構成されており、朴ジョンソンの調べより清が頻繁に変わる。
  • 2021.4.3
    オススメ音楽
    韓一摂流は現在、朴ジョンソン、ユンユンソクに伝わり、韓一摂帝朴ジョンソン流牙箏散調と呼ばれるが、韓一摂先生の生前の音源を通じて再び復元し、16分にまとめて演奏した。
  • 2021.4.13
    オススメ音楽
    シナイの調べは、大体いくつかの散った界面朝鮮律で、絞ったり解いたりしながら自由に演奏していく形式だ。
    散調と似ているが完結した構造を持たず、緩めたりする妙味をもっと強調するのがシナウィの趣だ。
    複数の楽器が一緒に演奏するシナウィで主導的な楽器は牙箏だ。
    哀傷的な感じが最も強い牙箏が、シナウィの情緒に合うからだ。
    概して最初はいくつかの慣れたメロディーが演奏された後、感情がある程度成熟して初めて即興のリズムが登場する。
    メランコリーながらも華やかに鳴り響く旋律は、即興演奏でのみ感じられる醍醐味だ。
    この即興リズムは演奏者の状態を推測させてくれて、彼の情緒を推測する時、初めて演奏者と鑑賞者が出会う場が設けられるのだ。
    シナウィはまさに調和の音楽だ。 拍子と調和した姿が絶妙だ.
    特にフクベを待って入ってきたり、フクベに先立って割りこむ技巧はとても素敵だ。
    どっちつかずになったり、拍子をかけて倒れる姿に合いの手が出る。
    牙箏は、弓で音を出して音が続くため、拍を待ってから入ってくるという表現は似合わない。
    しかし、音を出しながらも、それが音ではないという逆説の構造を持っている。
    それで一拍を食べて、やっと音を出すという言葉が成り立つのだ。
  • 2021.4.17
    オススメ音楽
    パク·チョンソン流牙箏散調は、チンヤンジョ、チュンモリ、チュンジュンモリ、チャジンモリで構成されているが、よく「ソリジェ散調(パンソリの影響をより多く受けた散調)」と呼ばれる。

    名人パク·ジョンソンはハン·イルソプから修業を受ける前から自分なりの散調を演奏しており、24歳の時ハン·イルソプから多様な調を学んだ後、自分だけの調を追加して師匠から学んだ散調よりほぼ2倍程度演奏時間が増えたパク·チョンソン流牙箏散調を今日演奏している。
  • 2021.4.17
    オススメ音楽
    「ヌンゲ」とは、酔っぱらいたちが演奏する行進音楽で、農家や村の大きな行事の際に歌われ、軽快ですっきりとした特徴がある。

    たいていの戸籍風流が男徒弟であるのと違い、この曲は太平簫の演奏曲が忘れられる前に後学に残したくて崔京万名人が直接創案した京畿制太平簫の戸籍風流だ。
  • 2021.4.23
    オススメ音楽
    「戸籍風流」とはサムルノリや風物に添えられる太平簫(テピョンソ)シナウィリズムで、これを器楽伴奏に合わせて担ぎ合う方式に再編成したものが今日披露される太平簫協奏曲戸籍風流である。

    たいていの戸籍風流が事物伴奏に南道制太平疏シナウィを演奏する。
  • 2021.4.27
    オススメ音楽
    李ゴンヨン作曲の「韓五百年」は、25弦伽椰琴独奏の代表曲として協奏曲としても多く演奏されている。

    民謡「韓五百」は、テーマの旋律を多彩な形式で変奏した作品で、25弦の伽椰琴の多様な奏法と技巧を発揮する演奏者の技量が引き立つ作品だ。

    演奏は2020年度国立国楽院創作楽団企画公演「青春チョンオラム」の協演者に選ばれたムン·セミ伽椰琴演奏者が担当した。
  • 2021.5.3
    オススメ音楽
    金東進流大金散調

    カンベクチョン - 金東進 - ムン·ドンオクと続く「金東進流大金散調」は、朴鍾基とともに大金散調の母胎として知られるカンベクチョンの大金リズムに金東進特有の真界面の哀願性と空力のある声音、節度のある調べを加えて作られた大金散調である。

    総演奏時間が25分ぐらいある音楽だが、これ。映像では9分弱の短い散調で演奏される。
  • 2021.5.7
    オススメ音楽
    チョン·ジェグク流の笛散調は、正楽名人のチョン·ジェグクが李チュンソンとオ·ジンソクの調べの基盤として誕生させた笛散調だ。

    正楽の影響を受け、屈強な力と勇壮さを持っており、南道の民俗、土俗的な味が濃く染み込んでいるのが特徴である。

    伽耶琴と舞を加えてユニークな響きで構成してみた。
  • 2020.8.3
    オススメ音楽
    カヤグムキム·ヨンオン、コムンゴイム·ヨンラン、ヘグムオ·ジョンム、テグムイ·ミンジュ、ピリキム·ジョンギュン、牙箏チョ·スンヒ、チャングカン·ウンジン

    散調は、主に民間で行われていた歌楽をもとに、伽倻琴(カヤグム)、コムンゴ(琴)など、楽器別に独奏曲として再編成して演奏されていた音楽である。

    今回の全州市立国楽団で披露された散調調奏は、独奏では感じられなかったそれぞれの楽器の特色とその楽器の調和、そして優れた演奏者たちの技量をうかがうことができる。