書道雑歌の中で梨追い、自陣の梨追い - クァク·ドンヒョン、笛のイ·ホジン、チャング·イ·ギョンソプ

K-TRADITIONAL MUSIC

5,000 Years of Korean Soul

書道雑歌の中で梨追い、自陣の梨追い - クァク·ドンヒョン、笛のイ·ホジン、チャング·イ·ギョンソプ +

2021.5.9
オススメ音楽
書道雑歌は、社説が長く、通節になっており、最後を水深可照に仕上げているというのが特徴である。 歌詞の内容も漢文が多かったり、原典のある歌詞をほとんど使うという点で民謡と区分される。

つまり、左唱は音を専門とする芸能人集団によって伝承されたものと考えられる。

その享有層も民謡とは異なり、両班士大夫の階級であったか、それに匹敵する経済的基盤を持った集団であったと推定される。

その中で船乗りと自主船乗りは船乗りが波浪に遭い、紆余曲折の末に生きて家に帰るという内容で、船乗りの哀歓が込められている。

Comments