キム·ジュクパジェ、チュル風流 - カヤグム、イスルギ、大金、キム·ジョンスン、チャング、キム·チョンマン

K-TRADITIONAL MUSIC

5,000 Years of Korean Soul

キム·ジュクパジェ、チュル風流 - カヤグム、イスルギ、大金、キム·ジョンスン、チャング、キム·チョンマン +

2020.8.1
オススメ音楽
[ノリノリ、チュル風流]

「霊山会相」または「チュル風流」として知られる弦楽霊山会相は、朝鮮後期のソンビ(儒者)の風流房から発展し、今日まで伝承されたが、伝承地域及び形態によって国立国楽院の風流と地域風流及び散調名人の風流に分けられる。 国楽院の風流は法琴を使いソウルを中心に伝承され、その他の地域の風流と散調名人の風流は散調伽椰琴を使い各地方で演奏された。

伽倻琴の名人である金昌祖(キム·チャンジョ)、韓淑求(ハン·スクグ)、それ以降の世代である韓守東(ハン·スドン)、韓成基(ハン·ソンギ)、崔幕東(チェ·マクドン)、沈相健(シム·サンゴン)、金允徳(キム·ユンドク)、成金宴(ソン·グムヨン)に至るまで、散調の名人はまた風流にも精通していたが、竹坡(チュクパ)もまた風流の名人である。

竹坡は「風流の演奏手法は原則的に散調と同じだが、濃弦を深めたりしないので乱雑にならないようにしなければならず、また清く演奏しなければならない」と言った。 今日演奏されるキム·ジュクパジェ風流はキム·チャンジョ-キム·ジュクパ-ムン·ジェスクに伝承された風流の中で「タスル-下弦-念仏-打令-軍楽」と後風流の「界面-グルゲヤンチョン-羽調-クッコリ」が演奏される。 '非非非非非非非稀'といい、人間の喜怒哀楽、一つの感情に偏らず観照的で節制された視線で'風流'を眺めようとした昔の名人たちの精神に出会うことができる。

○カヤグムイスルギ、大金キム·ジョンスン、チャングキム·チョンマン


○主催·撮影国立国楽院[National Gugak Center]