歴史 2 Page > Little Korea

K-HISTORY

Meaningful Days of Korean History

  • 1980.5.18
    法定記念日
    1980年5月18日から27日まで光州広域市と全羅南道地域の市民が繰り広げた民主化運動である。

    戒厳令撤廃と全斗煥(チョン・ドゥファン)保安司令官を含む新軍部勢力の退陣、金大中(キム・デジュン)釈放などを要求した。

    1950年6月25日の韓国戦争以降、最も多くの死傷者を出した政治的悲劇であり、韓国の民主化過程における最大の事件の一つであった。

    1980年の勃発当時は、極めて少数の不純分子と暴徒による暴動(光州事態)とされたが、第六共和国発足後の1988年4月1日、民主化推進委員会において「光州民主化運動」と正式に規定された。

    1997年5月に「5・18民主化運動記念日」が法廷記念日に制定され、2011年5月には、5・18民主化運動関連ドキュメンタリーがユネスコ世界記録遺産に正式に登録されました。
  • 1957.5.19
    開催日
    1957年5月19日にソウル特別市チュン(中)区のソウル市立劇場で第1回ミスコリア大会が開催された。

    本選には予選を通過した7人が参加し、初大会で負けたパク·ヒョンオクはミスユニバースに参加した。
  • 1442.5.19
    発明日
    「発明の日」は発明思想を高揚し、技術の進歩を図るために定めた日で、毎年5月19日である。

    これは1441年(世宗23年)、蒋英実が世界で初めて測雨器を発明した後、1442年5月19日、世宗大王が測雨器を公式に使用し始めた日を記念して1957年に制定されたものである。

    発明の日は1973年3月「各種記念日等に関する規定」により「商工の日」に統廃合されたが、1982年に韓国特許協会が韓国発明特許協会に拡大·改編されたことにより復活した。

    一方、朝鮮時代に発明された測雨器は、農業のための干ばつや洪水に備え、より科学的な方法による測雨方法の必要性が高まりながら製作されたものである。

    これは深さ241cm、直径16cmの鉄製円筒と石製測雨台で構成されているが、筒の中にたまった雨水を主尺で測量した。

    特に、朝鮮の測雨器は1639年にイタリアのB·ガステリが発明した測雨器より約200年も前のものだった。
  • 2021.5.19
    生誕日
    釈迦牟尼の誕生を記念するために制定された法定記念日だ。

    韓国の法定休日の一つで、旧暦4月8日だ。

    太陽暦の日付は毎年変わり、主に太陽暦の5月初旬に訪れる。
  • 1984.5.22
    開通日
    1984年5月22日、ソウル地下鉄2号線の全区間が開通した。

    ハンガン(漢江)の南北を結ぶ2号線の開通により、ソウルは本格的な地下鉄時代を迎えた。
  • 1592.5.23
    壬辰倭乱勃発日
    文禄·慶長の役は1592年5月23日から1598年12月16日までの約7年間、朝鮮と明代日本の間で起きた戦争である。

    東アジアにおける韓中日のいずれもが参戦した戦争であり、戦争の主な舞台だった朝鮮のみならず、明や日本にも多大な影響を与え、16世紀~17世紀の東アジアの歴史を揺るがした国際戦だった。

    日本の立場からはたとえ「朝鮮征服·大陸進出」という本来の目的は果たせなかった敗戦や、各種人的·物的資源を朝鮮から略奪し、陶磁器製造技術や金属活字の略奪、性理学の流入など文化的利得も得ることになった。

    また、7世紀の白江の戦い以来千年ぶりに東アジアの国際情勢において主要プレイヤーとして再登場した。 東アジアで絶対的な覇権国家として君臨してきたが、徐々に衰落していった明の没落の序幕も壬辰倭乱をはじめとする外患だった。

    この戦争により朝鮮国土は焦土と化したと言っても過言ではないほどの被害を受けた。

    聖雄と崇められる李舜臣はもちろん、各種義兵長に関する伝説も全国各地に多く残っており、現在も語り継がれている。
  • 1973.5.25
    開催日
    1973年5月25日、国技院で19カ国の男子選手と役員200人が参加し、第1回世界テコンドー選手権大会を開催した。

    大会に参加した19カ国35人の代表が集まり、1973年5月28日世界テコンドー連盟を創設した。

    1985年の第7回までは男子大会だけを行ってきたが、1987年の第8回大会に初めて女子選手が参加したことで、第1回世界女子テコンドー大会が同時に開かれるようになった。
  • 1961.6.1
    創設日
    1961年6月1日から全国16大学ROTC(学生軍事訓練団)1期生の募集が始まった。

    ROTC制度は効率的な初級将校の充員のためのもので、米国の学区制度をモデルにしたものだ。

    1期生は3対1の競争を勝ち抜いて2,642人が合格したが、このうち1,768人が1963年に任官された。
  • 2010.6.1
    法定記念日
    義兵の日は、大韓民国行政安全部主管で義兵の崇高な犠牲精神を称え、国民の愛国精神を鼓吹できる行事を開催する大韓民国の記念日で、毎年6月1日だ。

    2010年5月に法定記念日に制定され、 2011年から記念している。
  • 1986.6.2
    競技日
    全世界数十億の人口に対する深い関心の中で開幕したメキシコワールドカップサッカー大会が開かれました。

    「32年ぶりにW杯本大会に進出した韓国代表チームは、世界のトップたちと血戦を繰り広げました。

    アルゼンチンとの大田(テジョン)戦で序盤3ゴールを奪われたが、最後まで試合を諦めずに最善を尽くしました」

    とうとう主将のパク·チャンソン選手が1ゴールを挽回し、韓国のワールドカップサッカー史上初ゴールを飾りました。
  • 1990.6.4
    会談日
    1990年6月4日、米国を訪問中だった盧泰愚(ノ·テウ)大統領とソ連のゴルバチョフ大統領がサンフランシスコで初めて首脳会談を行った。

    同日の会談で両首脳は、両国関係を国交正常化関係に発展させることで合意した。

    その後、モスクワ(1990年12月)と済州道(チェジュド、1991年4月)で両国首脳会談がさらに開かれた。
  • 1956.6.6
    法定休日
    「顕忠日」は国権回復のために献身·犠牲になった殉国烈士と戦没護国勇士の崇高な愛国·愛族精神を称え、冥福を祈るために1956年に制定された記念日である。

    護国英霊の冥福を祈り、殉国先烈や戦没将兵の崇高な護国精神や偉勲を追悼する行事を行い、弔旗を掲げる。
  • 1975.6.7
    勝利日
    1975年6月7日、ユ·ジェドゥ選手が日本で行われたWBAジュニアミドル級選手権争奪戦に臨んだ。

    同日、柳済斗選手は日本の輪島功一に7回KO勝ちで勝利し、新たな世界チャンピオンとなった。
  • 1973.6.8
    記念日
    1973年6月8日、浦項(ポハン)製鉄の溶鉱炉に火をつける火入れ式(溶鉱炉に初めて火をつける儀式)が行われた。

    この溶鉱炉は国内初のもので、浦項製鉄は本格的な総合製鉄工場としての面貌を備えることになった。
  • 1994.6.10
    開館日
    1994年6月10日、殉国烈士の偉業を称えるために建てられた戦争記念館の開館式が行われた。

    ソウル市龍山区(ヨンサング)の旧陸軍本部の跡地に建てられた戦争記念館は、地下2階~地上4階で、6つの展示室を備えている。

    アジア最大規模の戦争兵器博物館であり、珍しい軍事遺物が多く、外国人観光客も多く訪れている。