歴史 1 Page > Little Korea

K-HISTORY

Meaningful Days of Korean History

  • 2010.8.15
    復元日
    光化門は景福宮の南にある正門だ。 「王の大きな徳が国中を照らす」という意味だ。

    1395年に建てられたもので、2階建て楼閣の光化門前の両側にはヘチの彫像が置かれている。 光化門の石垣部には三つのアーチ門がある。 真ん中の門は王が通っていた門で、残りの左右の門は臣下が通っていた門だった。

    光化門の中央の門の天井には朱雀が描かれている。 光化門は朝鮮戦争で2回焼失し、月台とヘテなどを除く一部復元工事が完了し、2010年8月15日に公開された。

    現代では「光化門」という名称自体が、城門としての光化門のみならず、世宗大路、光化門広場などを含む法定洞世宗路およびその周辺を通称する地名としてより多く使われている感がある。

    世宗大路と鍾路、新門眼路が交差する世宗大路十字路も、光化門からは約600~700m離れているが、「光化門十字路(十字路)」と呼ばれる。

    議政府(ウィジョンブ)と六曹(ユクジョ)の官庁が建てられ、朝鮮時代から核心的な行政機能を遂行してきた地域で、崇礼門(スンレムン)などとともにソウルの歴史が含蓄された場所の一つといえる。

    つまり、ソウルのランドマークの一つである。
  • 1973.8.23
    発見日
    慶州天馬塚<チャンニ天馬図>は馬の鞍の両側に吊るした障泥に描かれた馬(天馬)の絵である。

    横75センチ、縦53センチ、厚さ約6ミリで、1973年慶州·皇南洞古墳155号墳(天馬塚)から発見された。

    5~6世紀の新羅時代に描かれた天馬図の姿及び縁の蔓の模様は高句麗舞踊塚や古墳壁画の模様のような様式で、新羅絵画が高句麗の影響を受けたことが分かる。

    また、新羅の絵画として現存するほぼ唯一の作品であり、その価値は高い。
  • 2000.9.10
    指定日
    ソウル曹溪寺大雄殿は、ソウル特別市鍾路区堅志洞(チョンノグ·キョンジドン)、曹溪寺にある朝鮮時代の大雄殿だ。 2000年9月10日、ソウル特別市の有形文化財第127号に指定された。

    韓国仏教を代表する曹渓宗の総本山で、大衆と共に生きる世界を追求する大乗の菩薩精神が息づく空間だ。

    また、韓国近現代史の激動期を私たち民族と共にした歴史の現場に、とくに、ゆううつだった日本の統治下時代を克服した民族自尊の空間だ。

    曹渓寺は、国際文化都市であるソウルの都心、鍾路の真ん中に位置する唯一の伝統寺院で、休息と余裕が感じられる場所である。

    http:/
  • 1981.9.25
    史跡指定日
    この建物は1922年に着工され、1925年に京城駅舎として竣工した鉄道歴史の建物で、独立後1947年にソウル駅となった。

    日帝強占期当時、物資と人力の需給など戦争物資供給のための基本運送手段としての役割を向けて日本が建てた駅舎で、斎藤実字を受けて作ったことが確認されるチョンチョソクが設置されており、中国大陸侵略の足場として日本が行なった韓国侵奪の歴史を証言している。

    1981年に史跡第284号に指定された。

    地下1階、地上2階の石材混合煉瓦造りの建物として日本人が設計し、ソウルの中心鉄道施設としての役割を果たしてきたが、2003年に統合民資駅舎に駅務機能が移管されたことで、これ以上駅舎として使われなくなり、復元を経て現在は複合文化空間として利用されている。

    1階はルネサンス宮殿建築技法で処理し、1階の上の部分と2階は赤いレンガで積み上げ、部分的に御影石を装飾して仕上げ、韓国最古の鉄道建物という点で建築史的価値が高い。
  • 1991.10.25
    史跡指定日
    ソウル鐘路(チョンノ)に位置する史跡公園です。 1991年パゴダ公園からタプゴル公園に改称、史跡354号に指定されている。

    タプコル公園が韓国の近現代史で重要な理由は、ここが1919年の3·1運動当時、独立宣言文を朗読し、独立万歳を初めて叫んだ3·1運動の発祥地だからだ。

    1919年3月1日、人々はここに集まって独立宣言書を聞いて3·1運動に出た。 そのため、日本による植民地時代 パゴダ公園は国を失った悲しみを慰めるために多くの人が訪れる場所でもあった。

    現在、公園の境内には独立運動烽火に火をつけた八角亭を中心に国宝第2号の円覚寺址10重石塔、宝物第3号の円覚寺碑などの文化財と三·一運動記念塔、三·一運動壁画、義巌·孫炳熙先生の銅像、韓龍雲先生記念碑などがある。
  • 1977.11.22
    史跡指定日
    通称明洞聖堂は、大韓民国ソウル特別市中区明洞2街にあるカトリックソウル大教区の大聖堂で、名実ともに韓国カトリック教会の象徴であり心臓だ。

    ここは韓国教会共同体が初めて誕生した所であり、多くの殉教者の遺体が安置された所でもある。

    韓半島で初めて建てられた大規模なゴシック様式のカトリック教会であり、韓国初の本堂(司祭が常駐して司牧する聖堂)である。

    1977年11月22日、大韓民国の史跡第258号に指定された。

    ホームページ▶http:/
  • 1962.12.3
    指定日
    全羅南道珍島郡一帯で先祖たちが昔から飼っている韓国を代表する在来犬である。

    珍島犬の背丈は雄が50~55㎝、雌は45~50㎝で、頭と顔は正面から見て八角形をしており、しっかりした顎を持ち、全体的な印象はおとなしい。

    耳は前傾して硬めに立っており、目は三角形で濃い黄色や灰色を呈する。

    鼻はほとんど黒で、淡紅色のものもある。

    珍島犬は性格が大胆で嗅覚と聴覚が非常に鋭敏で狩りに適している。

    また、忠直で賢く、住んでいたところから遠く離れた場所に戻ってくる性質に優れ、ペットや家の守りに適した犬である。

    1962年12月3日、天然記念物第53号として指定·保護されている。

    1995年珍島犬は国際保護育成動物に公認指定された。
  • 1962.12.20
    国宝指定日
    陜川海印寺大蔵経板または八万大蔵経、高麗大蔵経、高麗大蔵経、Tripitaka Koreanaトリピタカコレアナは慶尚南道陜川郡の海印寺にある、高麗がモンゴルの侵入を仏力で防ぐため1236年(高宗23年)江華郡で造版に着手し、15年が過ぎた1251年(高宗38年)までの計16年にわたり完成した。

    1962年12月20日に大韓民国国宝第32号の海印寺大蔵経板に指定されたが、2010年8月25日に現在の名称に変更された。

    現存する世界の大蔵経の中で最も古いものであるだけでなく、滞在と内容も最も完璧だと評価されている八万大蔵経は、2007年に世界記録遺産に指定された。
  • 1965.12.20
    国宝指定日
    高麗磁器は高麗時代の陶磁器で、青紫·白磁·黒釉子·鉄釉子など高麗時代に製作された磁器をいうが、一般的には高麗青磁を指す言葉として認識されてきた。

    高麗青磁は宋の陶磁器の影響を受けて発達したが、宋のそれよりも技法がはるかに優秀で、宋の人もこれを天下の第一品だと賞賛した。

    高麗青磁の優れた点としては、まずそれが持つ美しい色を挙げることができる。 黄緑色や黄褐色のものもあるが、特に肌色のものは美しい。

    その時代を代表する国宝第115号の青磁象嵌唐草文完がある。
  • 1962.12.20
    国宝指定日
    慶州太宗武烈王陵碑は慶尚北道慶州市西岳洞、武烈王陵にある新羅中期(7世紀)に建立された新羅時代の第29代王太宗武烈王の陵碑である。 武烈王陵碑とも略称される。

    統一新羅時代に建てられた碑は中国唐の影響を受け、台石は亀の形をしており、碑の胴体には龍の形をしているが、太宗武烈王陵碑はこのような様式が現れた最初の例となっている。

    1962年12月20日、大韓民国の国宝第25号に指定された。
  • 1962.12.20
    国宝指定日
    石窟庵は統一新羅時代に慶州·吐含山に建てられた韓国を代表する石窟寺院である。

    優れた建築美、成熟した彫刻技法などが見られる歴史遺跡として国宝第24号に指定されている。

    石窟庵は白色の花崗岩材を使って人工的に石窟を作り、その内部は長方形の前室と円形の主室を通路で繋げた。

    これはインドの石窟形式の寺院を具現化しようとしたものであるが、韓国は花崗岩であるため石窟が掘られていないため、人工で石窟を作り、そこに仏像を安置したのである。

    彫刻は東洋と西洋の美術が組み合わさったガンダーラ美術の影響を受けている。 主室は360余りの平たい石で作られた弓隆(dome型)天井であり、新羅人の精巧でありながら発達した科学的な建築技法が示されている。

    石窟庵は世界唯一の人工石窟である。
  • 1962.12.20
    国宝指定日
    朝鮮時代のハニャン(漢陽)都城の正門として南側にあることからナムデムン(南大門)とも呼ばれた。 現在ソウルに残っている木造建物の中で最古のものであり、太祖5年(1396)に建て始め、太祖7年(1398)に完成した。

    この建物は世宗30年(1448)に建て直されたもので、1961~1963年の解体·修理の際、成宗10年(1479)にも大きな工事があったことが分かった。

    その後、2008年2月10日の崇礼門放火火災で楼閣の2階建て屋根が崩壊し、1階建て屋根も一部焼失するなど大きな被害を受け、5年2ヶ月にわたる復元工事の末、2013年5月4日竣工し一般公開されている。

    この門は石を高く積み上げた石積みの中央に虹模様の虹霓門があり、その上に前面5間側面2間の大きさの楼閣の2階建てである。 屋根は前面から見ると台形の形をしており、このような屋根を寄棟造りという。 屋根の軒を支えるために柱の上の部分に装飾を施して織った構造が、柱の上だけでなく柱の間にもある茶包様式で、曲がひどくなく、組まれていることから朝鮮前期の特徴がよく現れている。

    『芝峯類説』の記録には「崇礼門」と書かれた扁額が譲寧大君によって書かれたと記されている。 建てられた年代が正確に分かるソウル城郭の中で最も古い木造建築物である。

    h 崇礼門放火火災(2008.2.10)

    - 2008年崇礼門放火事件は、2008年2月10日から2月11日にかけて崇礼門の建物が放火により焼損した事件である。 火災は2008年2月10日午後8時40分前後に発生し、翌日2008年2月11日午前0時40分頃、崇礼門の楼閣の2階建ての屋根が崩壊した。
  • 1962.12.20
    国宝指定日
    仏国寺は統一新羅·景徳王10年(751)、金大城の発願により創建された寺院で、過去·現在·未来の仏が住む浄土、つまり理想郷を具現しようとした新羅人の精神世界がよく表れているところだ。『三国遺事』には金大城が前世の両親のために石窟庵を、現世の両親のために仏国寺を建てたと伝えられている。 しかし彼が命が尽きるまで建てることができず、その後国が完成し国の福を祈る寺とすることになった。

    多宝塔と釈迦塔(慶州仏国寺三重石塔、国宝第21号)は、韓国の代表的な石塔で、高さも10.29m、10.75mで似ている。 寺内の大雄殿と紫霞門の間の庭の東西に向かい合って立っているが、東の塔が多宝塔である。 多宝塔は特殊型塔、釈迦塔は韓国の一般型石塔を代表するものといえる。 二つの塔を同じ位置に建てた理由は「過去の仏」である多宝仏が「現在の仏」である釈迦如来が説法する時に横で正しいと証明するという『法華経』の内容が目で直接見られるように塔として具現化するためである。

    釈迦塔を見ると、2段の基壇の上に建てられた三重塔であることが分かるが、多宝塔はその層数を数えるのが難しい。 十の字形の平面の基壇には石の階段を設け、八角形の塔身とその周囲には四角い欄干が巡らされている。

    塔が建立された時期は仏国寺が創建された統一新羅景徳王10年(751)と推定される。 木造建築の複雑な構造を斬新な発想で散漫でないように表現した優れた作品で、4角、8角、円を1つの塔で構成している点、各部の長さ幅、厚さを一定に統一させた点などから8世紀統一新羅美術の精髄を見せてくれる。

    残念ながら多宝塔には、日帝に国を奪われた悲しみがそのまま伝わってくる。 1925年頃、日本人が塔を完全に解体·補修したが、これに関する記録がまったく残っていない。 また、塔の中にあったはずの舎利装置、その他の遺物がすべて消え去り、行方が分からなくなってしまった。 そして基壇の石段の上に置かれていた4頭の石獅子のうち、3頭が日本により略奪され、それを取り戻すための努力がずいぶん前から続けられているが、いまだに行方は分かっておらず、現在1頭の石獅子が残っている。
  • 1962.12.20
    国宝指定日
    ソウル円覚寺址十重石塔はソウル特別市鍾路区塔骨公園にある朝鮮時代の石塔で、大韓民国の国宝第2号である。

    石塔は1467年(世祖13年)に建てられたもので、3層の基壇と10層の塔身となっており、人物と草花の文様などが両刻されている。

    最上の3階は長い間崩れ落ちていたところを(鳥の糞で腐食した。

    1947年に元通りに復旧した。 00年には表面の毀損が深刻で、ガラスの保護膜をかぶせている状態だ。
  • 1962.12.20
    国宝指定日
    ソウル北漢山(プッカンサン)新羅(シルラ)真興王巡狩碑は新羅の真興王が新たに攻略した国境地帯を巡視した後に立てた碑である。

    北漢山の碑峰にあったが、保存のため景福宮に移設され、1970年から国立中央博物館が所蔵している。

    1962年12月20日、大韓民国の国宝第3号に指定された。