朝鮮最高の医学書籍、『東医宝鑑』完成

K-HISTORY

Meaningful Days of Korean History

朝鮮最高の医学書籍、『東医宝鑑』完成 +

1610.9.22
歴史的な日
『東医宝鑑』は許浚(1539~1615)が宣祖の命を受け、中国と韓国の医学書籍を一つに集めた百科事典である。

1596年(宣祖29)から編纂され、1610年(光海2)に完成した医学書で、当時の医学を集大成したという評価を受けている。

今日まで世界的な医書として評価される「東医宝鑑」である。

2009年7月、東洋医学書としては初めてユネスコ世界記録遺産に登録され、刊行402年目の2015年に国家「宝物」から「国宝」に昇格した。
  • 20201026122439_0.jpg
  • 20201026122439_1.jpg
  • 20201026122439_2.jpg