潘基文、第8代国連事務総長に選出

K-HISTORY

Meaningful Days of Korean History

潘基文、第8代国連事務総長に選出 +

2006.10.14
選出日
潘基文(パン·ギムン,1944年6月13日 - )は、韓国の第7代外交通商部長官を歴任した外交官であり、第8代国連事務総長である。

1970年、ソウル大学校を卒業し、外務考試に次席として合格し、外務部に勤務した。 外務省米州局長、外交政策室長などを経て、大統領秘書室、外交安保首席秘書官、外交通商部次官を務め、2004年1月から2006年11月まで盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府で外交通商部長官を歴任した。

2006年10月13日、国連総会で第8代国連事務総長に選出され、2007年1月1日、アナンの後を継いで国連事務総長の任期を開始した。

2011年6月には、潘基文事務総長の続投推薦決議案が安保理の全会一致と地域グループ全員が署名した中で、総会で192の会員国の拍手で可決され、国連事務総長の続投に成功した。

潘基文が2016年12月31日、10年間の国連事務総長の任期を終えて退任し、後任の国連事務総長に選出されたアントニオ·グテーレスが2017年1月1日から任期を開始した。

2017年、国際オリンピック委員会(IOC)の倫理委員長に選出された。
  • 20200916163145_0.jpg

Comments