Search Result > Little Korea

SEARCH CONTENT

Search for content in Little Korea

Search Keyword : 2001

K-Pop & Trot (5)

  • 2008.2.20
    発売日
    パク·ジョンア(リードボーカル)、ソ·インヨン(サブボーカル)、ハ·ジュヨン(ラップ)、キム·ウンジョン(ボーカル)で2001年にデビューし、14年間活動した大韓民国のガールズグループだ。

    ファンダムよりは大衆的な人気に重点を置いた残りの代表曲は「'Again'、'君が大好き'、'Superstar'、'One More Time'」の4曲しかない。

    しかし大衆的な人気は確かなので、「Superstar」が1位を受賞したことを基点に「One More Time」もミュージックバンクで7週連続1位という記録を立て、大賞を受賞する底力を見せた。
  • 2019.3.14
    発売日
    ラテンギターリフが曲の雰囲気を作り出すレゲトンジャンルで、MAMAMOOの低音ボーカルと高音ボーカルの魅力が同時に感じられる。

    夢幻的でありながら重みのあるサウンドに広く広がるメロディーラインで構成が多彩だ。

    2001年に発売したキム·ゴンモの「チャンガ」の中の「ジジベベ鳴くあの鳥たち」も。(中略)」の歌詞とメロディーをモチーフにして作曲し、過ぎ去ったことにこだわらず楽しんでいるMAMAMOOの姿が、見る人をも愉快にさせる。

    ムンビョルのラップ歌詞に「nine slash six, six nineteen」でMAMAMOOのデビュー日を歌詞に溶け込ませることで面白さを増している。
  • 2020.3.27
    発売日
    「Aroha」は2001年に発表された混声グループ「クール」の代表曲の一つで、当時も愛らしい告白ソングで世代を超えた大きな愛を受けた曲だ。

    特に、今回『賢明な医師生活』のラブソングとして新たに誕生した『Aroha』は、劇中の医大5人衆の中で、自称『インサ』と呼ばれるイ·イクジュン役のチョ·ジョンソクが直接歌唱に参加し、さらに意味を深めた。

K-Traditional Music (4)

  • 2020.12.1
    オススメ音楽
    宗廟祭礼は国王の孝心が天と地の助けを借りて国と民が平和であることを祈願する祭り的な儀礼であり、宗廟祭礼楽は宗廟祭礼の儀式を荘厳に行うために演奏する器楽と歌、踊りをいう。

    宗廟祭礼と宗廟祭礼楽は、重要無形文化財第56号と第1号に指定され、保存·伝承されており、2001年5月18日、ユネスコ無形文化遺産に登録された。
  • 2020.12.11
    オススメ音楽
    宗廟祭礼は国王の孝心が天と地の助けを借りて国と民が平和であることを祈願する祭り的な儀礼であり、宗廟祭礼楽は宗廟祭礼の儀式を荘厳に行うために演奏する器楽と歌、踊りをいう。

    宗廟祭礼と宗廟祭礼楽は、重要無形文化財第56号と第1号に指定され、保存·伝承されており、2001年5月18日、ユネスコ無形文化遺産に登録された。
  • 2020.12.21
    オススメ音楽
    宗廟祭礼は国王の孝心が天と地の助けを借りて国と民が平和であることを祈願する祭り的な儀礼であり、宗廟祭礼楽は宗廟祭礼の儀式を荘厳に行うために演奏する器楽と歌、踊りをいう。

    宗廟祭礼と宗廟祭礼楽は、重要無形文化財第56号と第1号に指定され、保存·伝承されており、2001年5月18日、ユネスコ無形文化遺産に登録された。

K-Cultural Heritage (12)

  • 2001.12.20
    指定日
    茶礼とは人または神仏にお茶をいれて捧げる礼儀作法であり、宮中茶礼をはじめとして儒家、仏家、道家の茶礼がある。

    明または布とも書いたお茶は、いつから飲み物として飲み始めたのか、正確には分からない。『三国史記』に車は善徳女王の時からあった。「」という記録から見て、少なくとも7世紀にはお茶が飲まれていたことが分かる。

    また興徳王3年(828)に"中国種の茶の種をもってきて智異山に植え、増え続ける需要に応えた。」という記録がある。<三国遺事>ガラ国の基調で、661年新羅文武王の時、伽耶の宗廟に時代の祭祀である茶礼の料理として餅、果物などと共にお茶が置かれた。「」という記録から、嗜好飲料として飲んだことが分かる。

    高麗時代の王室の茶礼は太后や太子の冊封、王子の誕生祝い、太子の誕生祝いの儀礼の時にお茶を供え、公主が嫁ぐ際にもお茶を供えた記録が『高麗史』にある。

    朝鮮時代の朝廷と王室の茶礼は、使臣を迎える茶礼、王室の茶礼に分けることができる。 花崗とは、皇太子が師匠と侍講院の正一品官吏と賓客を集めて経書と史記を講論したことで、この時に茶礼を行った記録が『世宗実録』にある。 使臣を迎える茶礼は太平館、思政殿、仁政殿、明倫堂などにおいて王や王子が中国の使臣にお茶をもてなす儀礼を行ったもので、高宗の時まで頻繁に行われた。

    保有者の金誼靖の使臣の接待を簡単に紹介すると、次のようになる。

    王の椅子は西壁に向かって設置し、使臣の椅子は東壁に向かって設置し、郷案は北壁に設置する。王と使臣が一つになってから席につく。四準除去1人は茶瓶を捧げ、1人は多種多様、お茶碗の盆を持って入って西に立つ。司옹除去2人は果実盆を奉るが、1人は正使の右側に南向きに立ち、1人は副使の左側に北向きに立つ。

    製造が果実のお盆を受け取り王の右側に北向きに立ち、四準除去が茶碗でお茶を受け、除去がお茶を注いだ後、ひざまずいて王にあげると、王は椅子から立ち上がって少し前に立ち、使臣も椅子から立ち上がって少し前に進み、使臣も椅子から立ち上がって少し前に立つ。 王が茶碗を受け取り、正使の前に進み、お茶を渡す。 政事が鐘を受け取り、臨時に通事に与える。 製造がまた茶碗でお茶を受け取り、副使の前に進みお茶を渡す。副使が茶碗を受け取ると少し退き、製造家も茶碗でお茶を受け取り正使にあげると正使が茶碗を持って王の前に進みお茶を差し上げる。 このとき製造が西に退き北向きにひざまずく。

    王が杯を持つと、通事が杯を正使にあげ、王は椅子に座ってお茶を飲む。 私はある王の前に進み、ひざまずいて茶わんを受け取り、茶わんに置いていく。 司옹除去は立って使臣に果物を供え、正祖はひざまずいて王に果物を供える。 終わったら盆を持ち出す。

    宮廷茶礼で使用する道具は湯沸かし器(お茶を沸かすポット)、茶わん(ティーポット)、茶わん、茶わん(水を冷ますときに使う器)、茶わん、茶瓶、堆水器(ティーポットを使った水を捨てる器)などがある。

    2001年12月20日に金ウィジョンが保有者に認められて活動してきている。

    ※上記の文化財についての詳細はソウル特別市歴史文化財課(☎02-2133-2616)までお問い合わせください。
  • 2006.12.27
    指定日
    務安·上洞の野原の歌はモチギ、田植え、田の草取り、風葬など村の共同作業をしながら歌う野原の歌で、栄山江流域を代表する野原の歌の一つだ。

    務安·上洞の野歌は栄山江流域の「長いソリ圏」で伝承されている野歌である。 栄山江流域を代表する野歌にふさわしく、体系的な構成が際立っている。

    モチモチの唄-田植えの唄(「長い上司の唄」-「頻繁な上司の唄」)-田梅の唄(「無三の唄」)-「長い唄」-「長いものを唄」-「頻繁なものを唄」)-風葬の唄(「題号の唄」)の構成は体系的な完成度を示している。

    この歌の中でも特に「ムサムソリ」と「ギンソリ」は長くて悠長な栄山江流域の歌の特性をよく表している。 上東野歌は、勇壮ながらも力強く力強い男性労働歌の躍動性をそのまま盛り込んでいる。

    務安上洞野歌保存会は、上洞村で野歌を伝授している共同体組織で、第28回南道文化祭最高賞と個人演技賞を受賞(2001)し、第43回韓国民俗芸術祭功労賞を受賞(2002)するなど、様々な公演を行っている。

    コ·ユンソクは幼い頃から町内の大人たちと野原で仕事を一緒にする過程で野歌を自然に身につけた。 特にコ·ジェシク、コ·ジョンソクらがするのを聞きながら学んだ。 当時は大人たちが「戦場に送る」と言って他の田んぼで田んぼを耕す人々に送って歌を歌うようにさせたが、その過程で自然に歌い手の能力を育てるようになった。

    コ·ユンソクは一生野原で仕事をしてきた農夫らしく野遊びの背景になる農業文化についてよく知っている。 そして、木の構成がよく、力強く、前の声をきちんと歌うという評価を受けている。
  • 2017.1.6
    指定日
    キム·ジョンヨン

    1992 第15回全羅北道工芸品コンテスト大賞

    1992 第22回全国工芸品コンテスト特選

    2001 第33回全羅北道美術大展総合大賞

    2011大韓民国名匠 第518号(木工芸)

K-History (5)

  • 1997.12.3
    締結日
    韓国のIMF救済金融要請(1997年12月3日~2001年8月23日)は、国家不渡り危機に直面した韓国がIMFから資金支援を受ける了解覚書を締結した事件である。

    1997 年12 月3 日に行われた. 企業の相次ぐ倒産で外貨保有高が急減し、IMFに緊急融資を要請した。 通貨危機の中で大韓民国は外貨準備高が一時39億ドルまで急減した。

    こうしてIMFから195億ドルの救済金融を受け、その後韓国経済はIMFが要求する経済体制を受け入れ、その要求に従って大々的な国家経済の構造調整が始まった。

    2001年8月23日にはIMF救済金融195億ドルを早期償還してIMF管理体制を卒業した。
  • 1958.1.30
    指定日
    1958年1月30日金浦空港を国際空港に指定し、交通部長官所属下に置く職制が公布された。

    金浦空港は1942年金浦飛行場に開設され、朝鮮戦争時にUN軍司令部軍飛行場に使用された。

    1961年に管理権が韓国に移譲され、2001年に仁川空港が開港するまで、韓国第一関門の役割を担当した。
  • 2001.3.29
    開港日
    仁川国際空港は2001年3月29日の開港と同時に、ソウル特別市江西区(カンソグ)にある金浦(キムポ)国際空港の当時の国際線路線を一括移管してもらった。

    永宗島と龍遊島の間の海を埋め合わせて作った海上空港であるため、内陸空港の金浦国際空港と違って24時間運航される。

    1999年2月1日設立された仁川(インチョン)国際空港公社(IIAC)で空港運営を担当しており、世界空港サービス評価(ASQ)で05年以後12年連続世界空港順位1位を維持した。

Special (0)

no data