Search Result > Little Korea

SEARCH CONTENT

Search for content in Little Korea

Search Keyword : 1945

K-Pop & Trot (0)

no data

K-Traditional Music (1)

  • 2021.1.21
    オススメ音楽
    歌曲のうち,界面組頭挙·平楽·編修大葉までの伴奏旋律を器楽曲に変奏するか,または界面組頭挙のみを独奏や管楽合奏で演奏した楽曲名

    本来、歌曲の伴奏にはコムンゴ·カヤグム·セピリ·大琴·奚琴·チャングなどが演奏されるが、これを器楽曲化した時はコムンゴ·カヤグムが抜けて、セピリの代わりに響笛を使用し、牙箏·座鼓が編成されるなど、実際の演奏において様々な変化が伴う。

    「염陽春」は笛独奏曲として特に有名で、宮中の宴会で主に使われたため、1945年以前は居床楽という別称を持っていた。 特に、この楽曲は歌曲の伴奏や合奏時に従わなければならない厳格な様式にとらわれていないため、調べやリズムが自由で爽やかな感じを与える。

K-Cultural Heritage (5)

  • 2010.3.12
    指定日
    チ·ソンジャは1945年に生まれ、母親のソン·グムリョンからカヤンクムサンジョを伝授された。 8歳の時に発表会を始め、多数の公演や演奏会を通じて入賞した。 聖金蓮流伽倻琴散調は伝統を重視する頑固さと透徹した芸術感覚で国内初の15弦伽倻琴の改良及び演奏曲を作曲し、伽倻琴散調の新紀元を成し遂げた。
  • 2009.3.20
    指定日
    金順子はパンソリのふるさと、珍島で1945年に生まれ、幼い頃からパンソリを数学してきた。

    1967年、金興男先生に興夫家に師事され、パンソリ界に入門した。 その後、全羅北道(チョンラブクド)の重要無形文化財第2号のチェ·ランス先生に守宮歌、興夫歌、春香歌を重要無形文化財第5号のチョ·サンヒョン先生に沈清歌、春香歌を師事してもらった。 また、第16回全州大私習ノリ全国大会パンソリ次賞、1996年光州国楽大典パンソリ名唱部大統領賞受賞、1994年ソウルパンソリ流派発表会、98年パンソリ興甫(フンボ)が完唱、2005年ソウルパンソリ流派発表会など、数回のパンソリ発表会を行ってきた。

    特にキム·スンジャは木浦文化院、木浦海洋大学、漢拏大学校、全羅南道庁、全羅南道芸術高校、済州木管校などで一般人を対象にパンソリ伝授教育を実施するなど、後学の養成、地域の伝統文化と芸術の発展のための活発な活動を行っている。
  • 1996.3.29
    指定日
    全羅北道舞踊の根は、主に妓房舞踏に由来するが、湖南サルプリ舞もそうだ。 特に崔正哲(チェ·ジョンチョル、芸名チェ·ソン)の「サルプリダンス」は、師匠から教わったタオルダンスを長年舞台化に昇華させたダンスだと言える。 彼の舞は恨の情緒が色濃く染められており、解きほぐす醍醐味とともに高度な節制美は舞の特徴をよく表している。

    チェ·ジョンチョルは1945年10歳から踊り始め、1946年にはキム·ミファ舞踊研究所に入所、1952年からパシュート先生およびチョン·インバン先生に湖南サルプリ舞を師事、1960年には全州道立劇場で初めて舞踊発表会を開催、1961年にはチェ·ソン舞踊芸能保有者に指定された。

    現在は専修館および様々な大学の出講を通じて、踊りの伝授のために弟子を養成するのに渾身の力を注いでおり、「span class='xml2' onmouseover='up2(1535)」'onmouseout='dn2()'>名舞</span>としての位置を固めている。

K-History (10)

  • 1982.1.5
    夜間通行止め解除日
    1945年9月8日「米軍政布告令1号」により治安及び秩序維持の名目で始まり、1982年1月5日に廃止されるまで36年4カ月にわたって施行された「夜間通行禁止制度」は、毎晩午前0時から翌朝4時まで人々の通行を全面禁止するもので、略して通行禁止、夜通とも呼ばれた。

    最初はソウルと仁川にのみ施行されたが、朝鮮戦争後1954年4月からは全国に拡大され、夜10時から朝4時まで夜間通行が禁止された。

    1961年には通行禁止時間が午前0時から午前4時に縮小され、1964年には済州道(チェジュド)、1965年には忠清北道(チュンチョンプクト)が通行禁止地域から除外されるなど、地域による変化があったが、夜間通行禁止制度自体は1982年まで維持された。
  • 1545.4.28
    法定記念日
    「忠武公李舜臣誕生日」は1545年4月28日に生まれた忠武公李舜臣将軍の愛国と忠義を末永く伝承し、民族自主精神を宣揚するために制定された記念日である。

    忠武公李舜臣将軍を称える行事は、李舜臣将軍が戦死した直後から始まり、現在も続いている。

    1945年以降、忠武公記念事業会の主管で毎年誕生日を迎え、1960年代からは李舜臣を救国の英雄であり愛国軍人の象徴とし、本格的に記念行事が行われた。
  • 1950.6.25
    朝鮮戦争勃発日
    1950年6月25日未明に北朝鮮軍が南北軍事境界線だった38度線全域にわたって韓国侵略することで、起きた韓半島での戦争だ。

    第2次世界大戦終結とともに展開された冷戦構図が熱戦として爆発した事例の一つに数えられ、金日成主席がソ連と中国の助けを受けて韓国を侵略したために起きた戦争だ。

    韓国軍は3日でソウルを奪われたが、9月15日「仁川上陸作戦」でソウルを取り戻した。

    奪われて再び奪還し、1950.6.25~1953.7.27までの3年間、1129日間戦争が起きた。

Special (0)

no data